賃貸経営・アパート経営・マンション経営
資金運用の事なら「大家ナビ」

  1. 家賃収入
  2. 注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】

注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】

テクノロジーから程遠いと思われがちな不動産業界ですが、昨今はIoT化・AI導入が加速しています。
こうしたテクノロジーの進化は私たちが想像する以上に速いものです。
そのため、大家さんもこうした時代の流れを読み取って賃貸経営していく必要があります。

そこで今回は不動産IoT・AIの活用事例について紹介します。

1.不動産業界に押し寄せたIT化

注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】
IoTとは「Internet of Things」の略語で、日本語では「モノのインターネット」と言われています。
AI(人工知能)を活用したIoTは様々な業界に広がり続け、身の回りのあらゆるものがインターネットに繋がりつつあります。
不動産業界も例外ではありません。
大量のデータを蓄積させ、業務の細分化と解析を行って、人工知能に任せられる部分が多くなっています。
そうすることで、人間が行う部分はクオリティがさらに高くなり、新たな事業も展開できるようになってきたのです。

では、実際どのようなシチュエーションでAIやIoTが利用できるのでしょうか。

①スマホで簡単!スマートホーム化する賃貸マンション

大崎電気工業株式会社が発売している「ホームウォッチ」は、スマホ操作で電気をつけたり、エアコンの温度を操作することができるIoT商品です。
また音声認識ソフトとも連動することができ、音声で家電を操作できます。
こうしたIoTツールがほとんどの賃貸マンションに導入される日もそう遠くはないでしょう。

②スマートロック

鍵もIoT化が進んでいます。
こちらも大崎電気工業株式会社が開発する「OPELO」は、スマホで簡単に鍵の開け閉めができる商品です。
現状設置されている鍵の上から設置することができるため、賃貸マンションにも簡単に設置することができます。
スマートロックを利用することで、賃貸仲介業社向けに入居者だけで内覧することができるセルフ内覧のサービスも提供することが可能です。

③50年後の賃料を予測?

LEEWAYS(リーウェイズ)株式会社が開発する「Gate」は、5800万件に及ぶ不動産ビッグデータにAIを組み合わせ、不動産投資の分析を行うことができます。
不動産投資をする際の、「収益性」「安全性」「将来価値」などの分析・予測をAIがより正確に早く行うことができるようになるでしょう。

④顧客のニーズにマッチした物件を探し出す

AIを使えば物件を探している個人や企業に対して、条件に合う最適な物件をすばやく提案することも可能となります。
たとえば、物件を探すときに「価格」「間取り」「地域」などの条件を入力すればAIが最適な組み合わせで物件を絞っていく作業を行います。
自動解析結果で抽出した物件情報をAIがメールで自動配信することも可能となります。

⑤顧客の問い合わせに自動で答えることができる

チャットボットをご存知ですか?
すでにアメリカでは多くの企業が導入していますが、日本でも徐々にチャットボットの導入が増えてきました。
チャットボットが顧客からの簡単な問い合わせに答えることで、今までは人で対応していた分のコストを削減することができます。
LINEなどのコミュニケーションツールと連動できるものもあり、より活躍の幅が広がりそうです。

⑥IoTを使って部屋の価値を可視化する!?

不動産の仲介業を主として行っているハウスコム株式会社は、IoT技術を利用して部屋の状況を可視化する開発を行っています。
空き部屋に温度、湿度、照度、騒音などを測定するセンサーを設置し、今までは住まないとわからなかった情報を事前に収集することができます。
こうした情報を活かしてお客様にお部屋を紹介することで、よりお客様のニーズにあった部屋を案内することが可能となります。

2.大家さんはIoT技術をどう使いこなすべきか

注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】
このようにIoT・AIの進化で不動産業界もどんどん変化していきます。
こうした変化に大家さんもしっかりと対応しなければなりません。

①入居者に人気の機能を導入して入居率をアップする

音声認識ツールやスマートロックなど、IoT化した物件はまだそれほど多くないため、物件の差別化のために利用することが可能です。
入居促進にも繋がりますし、入居者維持の観点でも効果を発揮するでしょう。

しかし、あと数年もすれば多くの賃貸物件でこれらの設備を導入することが考えられます。
こうした流れに乗り遅れないように設置を検討しましょう。

②不動産の将来価値をAIで予測する

不動産経営において、毎月の家賃収入やコストを理解することも大切ですが、不動産を売却することで得られるキャピタルゲインも計算しておくことが大事です。
株式会社コスモイニシアは、約5,800万件の不動産データをもとに、空室リスク、賃料の変動をAIに分析させ、不動産の将来価値を導くシステム「VALUE AI」を提供しています。
こうしたサービスを利用することで簡単に自身の不動産価値を測ることが可能です。

3.まとめ

注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】
不動産のIoT化、AI導入はどんどん加速していきます。
そのため、今後似たようなサービスが次々と発表されるでしょう。

大家さんはこうした時代の背景をしっかり理解した上で、自分自身が所有する物件で何を導入するべきか?を見極めましょう。
それが今後賃貸経営を成功に導く重要な要素になってくるはずです。