PR

毒親の特徴【父親編】5選!対処法と影響を受けない方法

ここ数年で広まった言葉…毒親

家事・育児に協力的な男性が増えたといっても、子どもと過ごす時間が多いのはやはり母親というのが一般的だと思います。

私も毒親と聞くと毒母をイメージしていましたが、父親が毒親というケースもあるはずですよね。

父親が毒親の場合、同性の息子からすると、その影響力も大きいのではないでしょうか。

今回は、毒父を持ってしまったことで悩みを持つ男性に向けて、その対処法をお伝えします。

将来訪れる結婚や毒父の介護、毒父との距離のとり方など、あなたの悩みごとに寄り添える内容となっています。

[PR]5/31まで50%OFF

 

そもそも「毒親」ってどんな人?定義は?

よく耳にするようになった「毒親」ですが、そもそも定義はあるのでしょうか?

毒親という言葉は、アメリカのグループ・セラピスト スーザン・フォワードがその著書「毒になる親 一生苦しむ子供」に由来します。

「子どもにとって有害な親」を意味し、タイプとしては大きく以下のように分けられます。

  • 過干渉
  • 過保護
  • 放置
  • 否定
  • 暴言・暴力

実際の行動はさまざまで、その程度もさまざまですが子ども本人にとって有害であれば毒親であると言えます。

では、毒父の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

毒親の特徴【父親編】5選!

①子どもに命令や指図をする・過度なプレッシャーをかける

  • 進学や就職にあたって子どもの進路を親が決める
  • 「努力が足りない!」「もっと頑張れ」などと子どもに過度なプレッシャーをかける

というような過干渉なタイプです。

このタイプの毒父は、子どもを親の所有物だと勘違いし、親の夢や親の都合を押し付けたがります。

②過保護により子どもの選択権を奪う

  • 外食での注文を子どもが決める前に勝手に決めてしまう
  • 習い事や進路など子どもに先回りして申し込む

というようなタイプです。

このタイプの毒父は「親が望むものは子どもにとって間違いがない」と思い込み、子どもの選択権を奪い、成長や自立を邪魔してしまいます。

 

③子どもに無関心

  • 子どもが病気や怪我をしても気にしない
  • 褒めない

このタイプの毒父は、そもそも親としての自覚や責任が乏しいと言えます。

④すぐ不機嫌になる・いばる・八つ当たりする

  • 「俺が養ってやってるんだ!」などといばる
  • 自分の意見が通らないことを子どものせいにして八つ当たりする

このタイプの毒父は、一家の大黒柱であることや親の権限を強調していばりちらし、子どもに恐怖心を植え付け、子どもの人間関係構築を阻害します。

 

⑤大声で怒鳴る・暴力をふるう

  • 子どもが失敗すると大声で怒鳴る
  • しつけと称した暴力をふるう

このタイプの父親は、子どもが自分の基準に合わない行動をすると、激しく叱責してしまいます。

 

特徴はいろいろですが、毒父となってしまった背景としては世代間連鎖が考えられます。

「世代間連鎖」とは毒父自身もその親から同じような子育てを受けてしまい、自分の子どもに対しても繰り返してしまうことを言います。

この場合、毒父としては「自分がされたことを子どもにしているだけ」ということですね。

それでは自分の親が毒親だった場合、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。

 

毒親である父との付き合い方はどうする?対処法は?

おすすめの対処法は以下3つ。

  • できるだけ関わらない
  • 1人で抱え込まず相談する
  • 親元を離れる

毒父の特徴を先述しましたが、真っ向から向き合うことは無理だと私は感じました。

正面から向き合うとこちらへの影響が大きくなり、親の行動も単純にエスカレートしていくだけに思えます。

すでに他界した私の父親の話をします。

今考えても毒親とは断言できないと思っています。

怒鳴ったり暴力をふるったりということもありませんでした。

外から見れば穏やかな優しい人だと思われていたと思います。

ですが、家族にとってどうかは一切構わず、自分がこうと思ったことは絶対に譲らない。

それが通らないと一切しゃべらなくなる。

非常に子どもっぽいところがある人でした。

私は子どもの頃から、将来は実家を出て遠くに住むと心に決めていましたし、結婚により実家からは物理的に遠く距離を置くことができました。

親だからといって、毒父に対して正面から向き合う必要はないです。

あなたの自立が重要です。

どうぞ上手にかわす術を身につけてください。

心理的な距離をとってみましょう。

1人で抱え込まないでください。

自分の気持ちを少し吐き出すだけでも心が楽になります。

同居している方は親元を離れることを考えてください。

物理的な距離をとってみましょう。

どうしても物理的な距離が取れない場合は、親との生活時間帯をずらす、時間的な距離をとることで親との距離が保てますよ。

 

毒親の父に育てられた!影響は受けている?

影響はやはり受けてしまいます。

毒親の支配下に置かれている状況では、同性の父親に「認められたい」という気持ちが強くなりがちで、認めてもらうために現状に耐え続けてしまいます。

それは、外の人間関係でも過度に従順になるという影響が及びます。

また、特徴の項で先述した「世代間連鎖」の影響も考えないといけません。

自分が嫌だと思っている父親と同じ行為を配偶者や子供に無意識にしてしまう。

その可能性はあります。

毒父から受ける影響を考えても、やはり毒父からの自立が重要なポイントですね。

 

毒親を結婚相手に紹介する?

あなたが将来、結婚を考えるようになったとき、その相手に毒親を紹介する必要があるのでしょうか。

結論から言うと、紹介しなくてよい状況を作ることはできます

まず、自分の父親が毒父であることを彼女に話してみましょう。

彼女の理解が得られれば、あなたの父親への紹介は不要となります。

ここで毒父と距離をとれる可能性も高くなります。

それでも彼女が会いたいというのなら、あいさつの場を設けてみてはいかがでしょうか。

あなたがつらくならない程度の本当にあいさつ程度で構わないです。

そこで毒父に反対されようが、何を言われようが、結婚はあなたと彼女の意思でできるものです。

タイトルとURLをコピーしました