PR

毒親の特徴はお金にだらしない?お金の要求への対応は?

「言うことを聞かないなら学費を返せ! と親から言われた…これって毒親?」

「親からお金を無心されて困っている…」

「またお金の要求をされたらどうすればいいの?」

毒親という言葉をよく耳にするようになった昨今、毒親とのお金にまつわるトラブルでお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

毒親との付き合いを考えただけで気が滅入りますが、さらにお金が絡むとなると精神的・経済的苦痛は計り知れないものがあります。

実は、この記事で紹介する『お金を要求してくる毒親への対処法』を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では、以下3つのポイントを毒親との金銭トラブルを経験した方の体験談を交えて解説します。

  • お金にまつわる毒親の特徴
  • お金にまつわる毒親とのトラブル3選
  • お金を要求してくる毒親への対処法
[PR]

 

毒親の特徴はお金にだらしない?

そもそも、毒親とはどのような人なのでしょうか?

実は「毒親」とは学術用語ではありません。

アメリカのグループセラピスト、スーザン・フォワードの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」に由来し、「子どもに悪影響を及ぼす親」を意味します。

特徴としては大きく分けて次のような行動パターンが見られます。

  • 自分の価値観を押しつける
  • 子育てを放置して子どもに関心を持たない
  • 過干渉・過保護によって子どもの自主性を奪う
  • 暴言などで子どもを否定する
  • 体罰と称した肉体的暴力や性的暴力をふるう

毒親のお金にまつわる行動としては、以下3つの特徴が見られます。

  1. お金で子どもを支配する
  2. 子どもに関心がなく、必要なお金を出さない
  3. お金を要求する・子どものお金を使い込む

毒親は子どもを1人の人格を持った人間として理解することができません。

そのため、子どもの財布まで自分の財布であるかのような行動をとります。

そういう意味で毒親はお金にだらしがないと言えますね。

次の章では、毒親のお金にまつわる行動の特徴ごとにトラブルの実例をご紹介します。

 

毒親とのお金トラブル ①お金で子どもを支配する

これは、過保護・過干渉な毒親に見られます。

はたから見れば何不自由ない生活をさせているようでも、子どもにとっては親の敷いたレールを歩かされ、親に支配されてしまいます。

ひとたび親の敷いたレールを降りようものなら

「言うことを聞かないなら、今までかかったお金を返しなさい!この裏切り者!」

などと罵倒。まるで自分のことを自分で決めることが悪いかのように振る舞います。

なかには

「学費を返さないなら、職場に掛け合って給料をこっちに振り込んでもらう!」

と毒親に言われたケースもあります。

対処法としては、以下の2つが有効です。

  • 経済的に自立する
  • 親からの援助は受けない・毅然とした態度で断る

 

毒親とのお金トラブル ②必要なお金を出さない

これはネグレクトする親に見られます。

必要なお金を出してもらえないというのは、とてもつらいですよね…。

自分が親であるという自覚が薄すぎるために起きる行動ですが、このような親のもとで育った子どもは自己肯定感が非常に低くなってしまいます。

このケースの対処法としてはやはり、経済的自立を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました