PR

年老いた父親が嫌い!イライラして同居は限界!関係回復は可能?

「何をはなしてもストレス、父親と必要以上の話をしたくない!」

年老いた父親と同居している人なら、このように思ったことはありませんか?

私自身、今は近距離で別居中です。

数年後には父親との同居を考えているのですが…。

年老いた父親の行動や言動にうんざり。

イライラしすぎて父親にむかって「絶対に同居なんてしないから!」と叫んでしまったことも。

今回この記事で紹介する関わりかたのコツを知れば、そんな父親との関係を改善することが可能です。

私自身も嫌いになっていた父親と、今はよい関係をたもつことができています。

この記事では以下4つのポイントを動画や実際にあった体験談を交えて解説していきます。

  • 年老いた父親が嫌いになりそう!イライラしてしまう出来事3選!
  • 人は老いると怒りっぽくなってしまう?
  • 嫌いになってしまった父親と関係修復をするには?
  • イライラで限界!おすすめのストレス発散方法は?

書いてある対処法を実践して、老いた父親とよい関係を築いていきましょう。

[PR]5/31まで50%OFF

 

 年老いた父親が嫌いになりそう!イライラしてしまう出来事3選!

父親に対してイライラしてしまう出来事ってありますよね。

そんな出来事を3つ紹介していきます。

 

痛い!だるい!と何度もうったえてくるけど、病院にいかない

体の不調をうったえてくるたびに病院に受診してほしいと伝えていますが、かたくなに病院にいこうとしません。

「病院にいくほどじゃないから」なんていわれると、「我慢できるならいってこないでよ!」とイライラしますよね。

 

すぐ物をなくす

「スマホがなくなった!」「財布がない!」そんな理由でよく呼びだされます。

ときには旦那をまきこんでの大捜索になることも。なくすたびに手伝わされて、うんざりしてしまいます。

 

意見を押しつけてくる

年老いてから小言がとにかく増えました。

「俺の時代だったら考えられん。」と時代にあわない意見を押しつけてくることにイライラ。

「口をださないで!」と喧嘩になってしまうこともあります。

 

人は老いると怒りっぽくなってしまう?

老いると、ささいなことで怒りだすことが増えてきます。

なぜ怒ってしまうのか?その理由を説明していきます。

 

父親がちょっとしたことで怒ってしまう原因は?

老化による体の変化が関係しています。

怒りを抑制する機能は「前頭葉」が担っていますが、前頭葉は加齢とともに機能が低下し、収縮してしまい、判断力や感情の抑制力が低下していきます。抑制する力が弱まり、怒りが抑えられないことが、外から見るとキレているととらえられてしまいます。

出典元 熊野 英一  アドラー式 老いた親とのつきあい方 P139より

私たちが考える以上に、老化は親の体に負担をあたえていることがわかりますよね。

 

こちら側にも原因はあるの?

あります。

まずは自分が知っている子供のころの親とは違うことを認識しましょう。

親からの言葉を「子供だから好き勝手いっている」と思い、いい返す人は多いはずです。

昔の親とは違うとわかってあげることで、いままでより優しい対応をすることができますよ。

 

嫌いになってしまった父親と関係修復するには?

ここでは喧嘩になってしまったときの対処法や、関係修復に役立つ動画をのせています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

喧嘩をしてしまったときの収め方、フォローの方法、喧嘩をしないための予防策は?

喧嘩になった場合は、その日は話をするのをやめます

後日、頭が冷えたころに改善策をやんわり提案してみましょう。

喧嘩を予防するためにも、普段から適度に距離をとることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました