PR

親が家事をしない!押し付ける理由は?家事ができないのはなぜ?

「ヤングケアラー」という言葉を、最近よく聞くようになりました。

「ヤングケアラー」とは、学校などに通いながら両親や祖父母の介護、きょうだいの世話をしている18才未満の子供のことです。

障害や病気のある家族に代わって料理や洗濯などの家事をしたり、家計を支えるために仕事をしているようなケースもこれに該当し、中には小学生もいるといいます。

まだ調査が始まったばかりで、実態の把握には至っていないようですが、ある調査によると、中高生のおよそ20人にひとりがヤングケアラーなのではないか?と言われています。

また、このような報道を受け、「かつて自分もヤングケアラーだった」という人も声を上げ始めました。知られていなかっただけで、こういう事実は以前からあったようなのです。

なぜ知られていなかったのか?

それは、

  • 「親が家事をしない(できない)から、自分がやるしかない」
  • 「家族の状況を他人に知られたくない」
  • 「相談しても状況が変わるとは思えない」

などの理由により、本人からのSOSがなかったことに加え、たとえ“どうにかしたい”と思っていたとしても、相談する先も、今のようにSNSなどで発信するという手段もなかったからではないかと思われます。

最近になってその存在が明らかになり、今後さらなる調査が行われることと思いますが、調査と並行して“速やかな支援”を行っていかなければいけない問題だと思います。

ヤングケアラーと言われるような子供たちは、自ら「今の状況が異常だ」と気づきにくく、「助けて欲しい」と声をあげるという発想すらできないでいるかもしれないからです。

もしもこの文章を目にしたあなたが、「自分もそうかも?」と思ったら、後にあげる連絡先に相談してみてください。そして、似たような経験をもつ人の話しを聞いてみてください。

そうすることで、あなた自身のおかれた状況を客観的に判断することができ、この先どうしたらいいのかが見えてくるかもしれません。

 

親が家事をしない!押し付ける理由は?

親自身が病気であったり、仕事が多忙で家事や子供の世話をする時間が作れないなど、親が家事をしない・できない理由はさまざまだと思います。

その場合、きょうだいの中では長男・長女がその代わりをすることになるでしょう。

 

自分がやらなければ

“長男・長女は責任感が強い”とよく言われますが、生まれながらにそうだったわけではなく、やはりそのように育っていくのだと思います。

ヤングケアラーの場合も、

  • “親が病気で家事や幼いきょうだいの世話ができない”
  • “親が忙しく、朝早く出かけてしまい帰りが遅い”

それならば「自分がやるしかない」・・・

そうやって、責任を感じて自ら背負ってしまうのではないでしょうか?

それを「申し訳ない」と思ったり、感謝できる親であれば、子供は報われると思いますし、いつか、状況が改善したら家事労働から解放される可能性もあるでしょう。

しかしながら、そうではない場合もあります。

 

毒親・毒母と呼ばれる存在

自分が家事をできないわけではないけれど、幼い子供の世話ができないわけではないけれど、それでも子供にそれを押し付ける親...

いわゆる「毒親」「毒母」と呼ばれる存在です。

毒親たちは、「家事が苦手」、「家事が嫌い」、はたまた「家族の世話をするのが嫌」などの理由で、本来自分がやるはずの家事・育児をわが子に押し付けます。

なぜそんなことができるのか?本当の理由は本人以外にはわからないことですが、“子供のものは自分のもの、自分の子供をどうしようが親の自由”というような、ゆがんだ認知があるのではないか?と言われています。

中には、自らも「毒母」に育てられ、自分が幼いころに親の代わりに家事をやってきたことで、「もう、家事はやりたくない」という人もいるようです。

 

親は家事がいっさいできない・苦手な理由は?

親が家事をできない理由はなんでしょう?

病気で家事ができない

体の病気以外にも、精神的な病で家事がまったくできないという場合があります。

 

仕事が忙しく、家事をする時間がない

朝早く出勤して夜遅くまで帰れないとか、夜勤がある職種である場合は、家事はもちろん、幼いきょうだいの世話(送り迎えなど)もできません。

 

家事が楽しいと思えない

たとえば、自分の親が「とても嫌そうに家事をしていた」、「いつも不機嫌だった」、「仕事が忙しそうで、家事は手抜きだった」などの理由で、家事が楽しいとは思えない。

 

家事には価値がないと思っている

自分の家族が母親のやる家事を「当たり前」という態度で感謝しない人たちで、それを見て育ったことで「家事には価値がない」と思っている。

あるいは、自分がやってきた家事を認められないうちに、価値を見出せなくなった。

 

家事をやらされていた

子供のころから強制的に家事をやらされていた、家事をやらないと怒られていた、などの経験がある。

世の中は、病気ややむを得ない事情以外の理由であれば、やりたくなくても、多少苦手でも、手抜きをしながらでもなんとか家事をこなしている人がほとんどだとは思いますが、それすらも放棄してしまう人もいるのが現実です。

 

どんな理由でも、子供が家事の一切を負うのは異常

しかし、理由が何であろうと、子供が親の代わりに家事や育児を担うのが異常事態であることに変わりはありません。

ですが子供は、そのような状況を受け入れてしまいます。

なぜなら、子供にとって“母親”は絶対的な存在であり、どんなに理不尽なことをされようが、母親のそばを離れたくないものなのです。

小学生・中学生は家事をどれぐらいやるもの?

では、一般的な小学生・中学生は、どのくらい家事をやっているのかを調べてみました。

小・中学生では、一番多いのが「食後に食器を片づける」で、「食事の準備」、「妹・弟の世話をする」と続きます。

しかし、中学2年生になると、お手伝いの頻度がぐっと減り、中学3年生ではさらに減ります。これは、部活動が忙しくなったり、高校受験に向けて勉強が忙しくなるからのようです。

そして、小・中学生でほとんどお手伝いをしないという人は、全体で見ると26%います。

そんな中、ヤングケアラーと言われる子供たちの中には、幼いきょうだいの世話をするために、自分の勉強時間や部活に充てる時間などを削っている子が多く、中には毎日、しかもほとんどの家事を親に代わってやっている小・中学生も。

これは見過ごしてはいけない問題だと思います。

 

高校生・大学生は家事をどれぐらいやるもの?

一般的には、高校生・大学生になると、家の手伝いをする割合はぐっと減ります。

通学に時間がかかるようになったり、勉強自体が難しくなり授業だけでは勉強時間が足りなくなるなどの理由や、部活動、アルバイトなどをするようになる人も出てくるためです。

一方でヤングケアラーはどうかというと、家で親の代わりに家事をする割合は減りますが、その代わりアルバイトをして家計を助けるようになる人が増えてくるようです。

同じアルバイトでも、家計のために働く高校生・大学生を「立派な若者」というだけで片づけてしまっていいのか?と思います。

このようなことを言うと、「家のお手伝いはして当たり前」という意見も聞こえてきそうですが、小・中・高校生や大学生が、勉強や部活動など、本来の学生らしい生活をあきらめて、“お手伝いの範囲を超えた家事”をしなければならない状況は「当たり前」と言っていいのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました