PR

親が熟年離婚をしたら介護はどうする?原因と対処法は?

日本の離婚率はどんどん上昇しており、現在は35%にも昇ります。つまり、3人に1人は離婚しているのが現実です。そんな中で子供が成人してから離婚する、いわゆる「熟年離婚」も増えてきています。

親が熟年離婚した場合、その先の人生はどうなるのか、病気や怪我の時の看病はどうするのか、介護は誰がするのか、お金はあるのか、などなど心配なことがたくさんありますよね。

この記事では親が熟年離婚した場合、子供にはどのような負担や義務が生じるのかを紹介します。5分程度で読める記事となっています。

 

親が熟年離婚をしたら介護はどうなる?

人生で誰もが避けて通れない問題のひとつに、親の介護をどうするかがありますよね。子供には血縁である親の扶養義務がありますし、親が老いていくのはどうしようもないことです。

親が離婚していると夫婦間で助け合うことができないので、介護が必要になった時の子供への負担は大きくなります。もしも両親ともに介護が必要になった場合は、2拠点で介護をしなくてはならないのでかなり大変です。

ここで忘れないでほしいのが、この「扶養の義務」はあくまで自分の生活を維持した上で親を養う余裕がある場合のみに限られます。

自分の生活で手いっぱいなのに、無理に介護をする義務はありません。

現在、介護保険を用いて様々な行政及び民間の介護サービスを受けることができます。そのため無理に介護を全て行う必要はありません。

親から熟年離婚の相談や報告を受けた時には自分がどこまで介護をするのか、どこからは協力できそうにないかなど、話し合っておくといいでしょう。

 

 熟年離婚をする理由と背景は?

近年、「熟年離婚」という言葉を耳にすることが多くなってきましたが、その原因として多いものはなんでしょうか。正確な統計はありませんが、性格の不一致、親の介護、長年の虐待や暴言などがあります。

上記のような不満因子に加えて、子供が独立して離婚に踏み切れるタイミングになったことも、熟年離婚を後押ししていると考えられます。

つまり、子供への負担や影響を最小限にしたい、という親心の現れかもしれません。

 

熟年離婚を考えていると親に相談されたらどうする?

タイトルとURLをコピーしました