実家がゴミ屋敷で恥ずかしい!親を説得する方法と片付けられない理由は?

  • 「実家がゴミ屋敷で恥ずかしい」
  • 「片付けない親をなんとか説得したい」
  • 「早く片付けてスッキリしたい」

実家のゴミ屋敷でお困りの方必見!今すぐ解決できる方法をご紹介します!

私自身、父親の実家のゴミ屋敷について過去に苦しい思いをしていました。実はこの記事で紹介する「片付け業者」を利用すると誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では、実際に片付け業者に依頼してゴミ屋敷の片付けをした経験のある私が解決します。そこで、以下3つのポイントを私の体験談を交えて解説していきます。

  • ゴミ屋敷になってしまう理由
  • 片付けられない親を説得する方法
  • ゴミ屋敷を最速で片付ける方法

5分くらいで読める記事ですが、書いてあることを実践すれば、実家のゴミ屋敷問題が解決することでしょう。

それではさっそくいきましょう。

実家がゴミ屋敷で恥ずかしい!

実家がゴミ屋敷であると次のようなリスクがあります。

ごみ屋敷のリスク

悪臭や害虫が発生する

ゴミ屋敷の臭いは強烈で、放置すればするほど悪臭は強くなっていきます。生ゴミやカビ、糞尿など色々な臭いが混ざり合うことで悪臭が生まれるのです。

また、ゴミ屋敷にはたくさんの虫が湧きます。最初は蚊やコバエが湧き、それらを餌とするクモやゴキブリが集まり、さらにムカデなどの害虫が集まります。

火災や孤独死の原因になる

ゴミを放置すると、ホコリや漏電による火災につながります。特に、山積みのゴミの中にコンセントや延長コードが埋まっていると非常に危険です。

また、高齢者の一人暮らしの場合は孤独死で発見が遅れるケースも多いです。これは家に誰かを招き入れることが亡くなり、近所とのコミュニケーションが不足するためです。

恥ずかしい原因

一番の原因は他人に対する恥ずかしさです。人に知られる、苦情を受ける、トラブルになるなど、内容は様々ですが共通するのは他人が関係しているということです。

では、恥ずかしくなるのは具体的にどんなときでしょうか?ここでは恥ずかしくなるシーンを3つご紹介します。

①近所からの苦情

ゴミ屋敷であることは自分よりも近所の住民のほうが把握しているものです。悪臭や害虫などがひどくなれば、近所からの苦情やトラブルに発展することもあります。

トラブルが深刻になれば、親だけでは解決できなくなり、自分が近所の方に謝罪する必要も出てくるでしょう。そうなると本人以上に恥ずかしい思いをするかもしれません。

②結婚の挨拶、里帰り

結婚の挨拶となれば、相手を実家に招き入れないというわけにはいきません。どうしてもゴミ屋敷であることが知られてしまいます。

実家がゴミ屋敷だと、相手にだらしないと思われる可能性もあり、当然恥ずかしいでしょう。恥ずかしいで済めばいいですが、最悪の場合、結婚が破談になるリスクもあります。

③友人・知人にバレる

噂が広がれば実家のゴミ屋敷のことが友人や知人にバレる可能性もあります。ゴミ屋敷のことを知っている相手ならまだいいですが、そうでない場合はかなり恥ずかしいです。悪い噂が広がってしまうという不安もあるでしょう。

ゴミ屋敷となる家庭の特徴は?

ゴミ屋敷となる家庭(親)の特徴は以下の3つです。

ゴミ屋敷となる家庭(親)の特徴

①認知機能が弱っている

高齢になり認知症の症状が現れ始めている可能性もあります。認知機能が低下すると、捨てるものと残すものの区別がつかなくなってしまいます。

また、客観的な判断が難しくなるので、自分の家が汚くなっていることに気づきにくいのです。

②体力が低下している

高齢になり体力が低下してくると、ちょっとした片付けでもかなり疲れてしまいます。以前は片付けが得意だったという方でも、体力が衰えてからは掃除をしなくなったという例は多いです。

③ものを捨てられない性格

戦後間もない時代を経験されている方であれば、ものを捨てられない性格である場合が多いです。物を大切にするという価値観があるため、他人から見れば不要なものでも捨てずに貯め込んでしまうのでしょう。

なぜ家がゴミ屋敷になる?

根本的な原因は親の心理的な問題です。ゴミを捨てられない親は強い孤独感を感じていることが多く、ものに執着する傾向があります。

特に、高齢の一人暮らしの場合は顕著で、自分の周りにものを集めることが心の拠り所になっているのです。なので、説得の際は十分に心理的な配慮をしてあげましょう。

健康への影響は?

ゴミ屋敷に長年住み続けていると、害虫や悪臭によって体調を崩してしまう可能性が高いです。放置したゴミにつまずいてケガや転倒につながることもあります。

また、ホコリが相当たまっているので、ハウスダストによるアレルギー起こすリスクもあります。特に、ぜんそく持ちの場合は重症化する恐れもあるので注意が必要です。

私自身アレルギー体質だったので、父親の実家では辛い思いをしました。

掃除をしてほしい!ゴミ屋敷に住む親を説得するには?

親への説得はなかなか聞き入れてもらえず時間がかかることも…。ですが、説得さえしてしまえば8割くらい終わったようなものです。あきらめないでくださいね!

説得するときのポイントは、なるべくハードルを下げて、少しでも片付けに対して前向きになってもらうことです。

説得するときの例

  • 「毎日一個ずつでもいいからゴミを捨ててみない」
  • 「玄関だけでも片付けてくれると助かるな」
  • 「トイレ掃除したら運気が上がるよ」

上の例を参考にして、まずは親をその気にさせることから始めてみましょう!

片付けたくない親の心理は?

孤独感が強いケースが多いです。自分の周りにたくさんの物を集めることで安心感を得ようとします。親にとっては「ゴミを捨てる=安心感を奪われる」ことなのです。

ゴミ屋敷を家族が片付ける負担は?

離れた家族がゴミ屋敷を片付けるのは、肉体的・精神的にかなりの負担があります。例えば、重たい不用品を運び出すことや、大量の害虫を駆除することなど、家族だけでやるのはなかなか厳しいです。

日数は少なくとも2,3日はかかります。一人では絶対にできないので、最低でも3人以上の人手が必要です。あらかじめスケジュールを調整しておきましょう。

「ブルークリーン」という片付け業者のサイトによると、ゴミ屋敷の片付け費用の相場は最低でも3万円程度です。費用は部屋の間取りやゴミの量などによって変わってきます。

ゴミ屋敷の片付けはとにかくやることが多いです。下にやるべきことを簡単にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

ゴミ屋敷の片付けでやるべきこと

  • ゴミ袋や掃除道具の準備
  • ゴミ回収日の確認
  • 害虫駆除
  • 仕分け作業
  • ゴミの搬出
  • 清掃作業

ゴミ屋敷を最速で片付ける方法とは?

ずばりゴミ屋敷を最速で片付ける方法とは片付け業者に依頼することです。業者を利用すると以下のようなメリットがあります。

業者を利用するメリット

①効率良く片付けられる

専門業者は片付けのプロなので、圧倒的なスピードでゴミ屋敷の清掃が完了します。すばやく片付くことで家族も嬉しいですし、近所への影響も減らせるので一石二鳥です。

②不用品を買取してくれる

自分たちでやる場合、大量の不用品を指定の日時に収集場所まで持っていくのはかなり大変。その点プロに依頼すれば、不用品を買い取りしてくれる場合もあるのでお得です。

③自分は何もしなくていい

面倒な近所への挨拶やトラブルに対応してくれる業者もあります。依頼をして費用を払えばあとは何もしなくていいのです。精神的・肉体的負担はほとんどありません。

片付け業者を探すならエコノバ!

エコノバは全国の片付け業者を無料で一括比較してくれるサイトです。住所や作業内容を入力するだけで、複数の業者に見積もり依頼ができます。短時間で効率良く、希望にあう業者が見つかるでしょう。

 

◼エコノバ

不用品回収を口コミや料金で比較するなら無料一括見積り「エコノバ」
不用品回収、不用品おかたづけ、遺品整理、...

まとめ

最後に大事なポイントをまとめておきます。

 

1.実家のゴミ屋敷で恥ずかしくなるシーン

  • ①近所からの苦情
  • ②結婚の挨拶、里帰り
  • ③友人・知人にバレる

2.ゴミ屋敷となる家庭(親)の特徴

  • ①認知機能が弱っている
  • ②体力が低下している
  • ③ものを捨てられない性格

3.親を説得するときのポイントはなるべくハードルを下げて、少しでも片付けに対して前向きになってもらうこと

4.ゴミ屋敷を家族だけで片付けるのは肉体的・精神的にかなり負担があり、日数は2,3日、費用は最低でも3万円はかかる

5.片付け業者を利用するメリット

  • ①効率良く片付けられる
  • ②不用品を買取してくれる
  • ③自分は何もしなくていい

実家のゴミ屋敷のせいでいつまでも恥ずかしい思いをするのは嫌ですよね…。あなたも片付け業者に依頼してパパッとゴミ屋敷をキレイにしてみませんか?

ゴミ屋敷を片付ける業者比較、おすすめ業者の記事についても併せて紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました