お金がない親の面倒はどこまで行う?老後資金に困ったらFPに相談!

「今お金がなくて生活が大変なんだ…」と親から連絡がありませんでしたか?

「助けてあげたいけど自分にも家族がいるし…」「何かいい方法はないかな…」と悩んでインターネットで検索されていたと思います。

お金がない生活はとても苦しいものです。

親が大変なときは助けてあげたいですよね。

しかし、

  • 「助けるといってもお金を援助するしか方法はないの?」
  • 「いつまでお金を援助すればいいの?」
  • 「お金以外の方法は?」
  • 「その前に本当にお金がないのだろうか?」

といろいろと考え、検索をしてこのサイトを見つけられたと思います。

この記事では

  • 定年から死ぬまでに必要なお金
  • 親がお金がないとどう大変になるのか
  • お金がない親の面倒はどこまで行えばいいのか
  • お金について困ったらファイナンシャルプランナーに相談するメリット・デメリット
  • 良いファイナンシャルプランナーの判断のしかた

 

についてお伝えします。

この記事を読めば「親に対する援助の方法」や「親のお金の問題の解決策」がきっと見つけられます!

お金がない親…親が死ぬまでにいくらかかる?

結論から申しますと「老後の必要最低生活費」5038万8000円

「ゆとりのある老後生活費」8230万8000円ほどかかると思われます。

詳しく説明します。

平均寿命ですが、

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によると男性の平均寿命が81.41歳。

女性の平均寿命が87.43歳。男女合わせた平均寿命が84.43歳になります。

出典:厚生労働省 令和元年簡易生命表の概況 主な年齢の平均余命

生活費ですが、

公益財団法人 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」によると、「老後の必要最低生活費」が22万1000円 / 月。

「ゆとりのある老生活費」となると14万円がプラスされ36万1000円 / 月になりました。

プラスされた14万円は旅行やレジャー」「趣味・教養」「日常生活費の充実」などにかかるお金です。

出典:公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」

定年後、年金を65歳から受け取ることができるので65歳から男女合わせた平均寿命が約84歳。

この19年間にかかる「老後の必要最低生活費」が5038万8000円、「ゆとりのある老後生活費」は8230万8000円ほどかかると思われます。

私はこの記事を書いて驚き、自分の考えの甘さを実感しました。

8230万8000円という金額をみて「『老後2000万円問題』ってそれどころの話じゃない!」と自分の老後に不安を感じるよりも、老後が怖くなりました。

親がお金がないと大変なことに

老後の蓄えがないとどのような心配があるのでしょうか?

年金が少ない

国民年金の平均受給額は約5万6000円です。

夫婦ふたりで月に約11万2000円になりますが、生活するにはとても足りる金額ではありません。

厚生年金は国民年金分も含み約14万5000円受給され、夫婦ふたりで厚生年金を受給されれば月に約29万円受け取ることができます。

国民年金だけの場合より金額は多いですがゆとりのある生活には足りない金額いえます。

医療費が予想以上にかかる

「これだけお金があるから無駄遣いをしなければ大丈夫!」と考えていても2年後、5年後と年をとっていくとお金がかかるものが医療費です。

年齢をかさねると自分たちが考えているよりも体調をくずしやすくなります。

長期の通院治療や入院。

また、病気だけでなく怪我の心配もあります。

生活が苦しく、病院にかかるお金を切り詰めるために我慢する

そして深刻な病気にかかるケースもあります。

深刻な病気にかかると高額な医療費がかかってしまいます。

介護にかかる負担

病気にかかり一人で身の回りのことができなくなる

配偶者の負担も大きい。

そうなると介護のサービスを受けることになりますが、医療費と同じくお金がかかってしまいます。

介護にかかるお金の負担。そして病院にかかる医療費。

ふだんの生活に介護費用と医療費のふたつが上乗せされると生活するこさえ難しくなります

お金がなくなる背景には「医療費や介護費がかかる」「住宅ローンが残っている」「生活レベルを落とせない」などの理由があります。

お金がない親の面倒はどこまで行う?

お金のない親の面倒はどこまで行えばいいのでしょうか。

実際にできることを5つご紹介します。

親の生活やお金の状態を把握する

親のお金の状態を把握しましょう。

「お金がない…」と親が言っていたけど

  • 「必要のない保険に入っている」
  • 「頻繁に外食や旅行をする」
  • 「高い家電や車を購入している」
  • 「カードローンでお買い物」

など、浪費していることもあります。

お金のことを話すのは気が進まないと思います。

しかし、覚悟を決めて「必要のない保険や住居費の見直し」「外食や旅行を控える」「高額な買い物をやめてもらう」など、親のお金の状態を把握し、無駄遣いを減らすことが大切です。

親にできる仕事をしてもらう

親が仕事をしていなようなら働いてもらいましょう。

自分の体力に合った仕事をしてもらいお金を稼いで生活費にするよう話し合ってください。

まず「自分たちでやれること」をしてもらう。

親を援助する前にやれることをしてもらいましょう。

直接援助するのはそれからでも遅くはありません。

親の家計を見直し、働いて収入を得てもダメなら仕送りをする

  • 「家計の見直し」
  • 「親が働いて稼ぐ」

この2点をしても改善できない場合は仕送りを考える。

親が自分たちのできることをやっても生活が苦しい場合は仕送りを考えたほうがいいかもしれません。

親を自分たちの元へ呼び寄せる

もし親が地元を離れることができるのでしたら、自分たちの元へ呼び寄せ「同居」もしくは近くに住まわせる」という方法もあります。

身近に住んでいるのなら何かと援助がしやすくなります。

地元へ戻り同居か近くに住み援助する

親が地元から離れたくない、離れられない。

このような場合は親元に戻り「同居」もしくは「近くに住む」という考えもあります。

こちらも親の近くにいることで援助がしやすくなります。

 

できることを5つ書いてきましたが、上述したなかで「親を呼び寄せる」「地元へ戻る」こちらの2つは親を助けるには一番だと思います。

しかし、この2つが一番むずかしいことも事実です。

親も助けたいけど自分の家族の気持ちを考えるとなかなか言い出せないですし、苦しいですよね…。

「親を呼び寄せる」「地元へ戻る」この2つを考える前に「家計の見直し」「できる仕事をしてもらう」ことを親に働きかけてください。

お金について困ったらファイナンシャルプランナーに相談がおすすめ

メリット

周りに知られずお金の相談ができる

「お金のことを相談できる人が身近にいない…」「お金のことで悩んでいると知られたくない」という人にファイナンシャルプランナー(FP)は心強い存在になります。

お金の専門家ですし、人に話してはいけない守秘義務もあるので他人に知られる心配はありません。

家計の見直しをしてもらえる

自分の「資産や家計の状態」「保険の見直し」など、専門家の経験や知識でアドバイスをもらえます。

自分ではわからな「家計の改善点」「不要な経費の削減」「自分に合った保険を提案」などFPが客観的に指摘、改善案をアドバイスしてくれます。

悩みや問題に合った専門家を紹介してもらえる

FPは「法律」「税」「保険」などアドバイスはできても具体的な業務を行うことはできません。

しかし、「弁護士」「税理士」「保険会社」など、様々な専門家とつながりがあります。

FPが相談者の悩みに応じた専門家を紹介してくれます

漠然としたお金の不安を解消または軽減できる

お金のストレスは心に大きな負担がかかります。

原因がわからない問題は自分が思っている以上にストレスがかかっています。

FPに相談することで「お金の問題の解決策」や「対応のしかた」がわかり不安が解消または軽減することができます。

不安の解消や軽減で気持ちにゆとりができる

お金の問題に対する不安が解消、軽減されることで気持ちにゆとりができます。

気持ちにゆとりができることで、前向きな考え方が持つことができ将来に対する希望が持てます。

デメリット

相談料がかかる場合がある

日本FP協会 東京支部のサイトより1時間あたりの相談料の目安です。

  • 5000円未満が25%
  • 5000円~1万未満が41%
  • 1万円~2万円未満が28%
  • 2万円以上が2%

出典:日本FP協会 東京支部

FPへの相談料は5000円~1万円未満の相談料がかかる場合が多いです。

自分に合わないファイナンシャルプランナーに当たる場合がある

経験も知識も豊富なFPが担当になっても、どうしても自分と合わない場合があります。

人間ですから相性が合う合わないは仕方のないことです。

あなたの大切なお金や家計の相談をする人です。

お話をしてい「どうしても合わないな…」と思ったら担当を変えてもらいましょう。

 良いファイナンシャルプランナー・悪いファイナンシャルプランナーの違いは? 

いざ相談をしようとしても「ファイナンシャルプランナー(FP)の良い悪いの違いってなんだろう…」と、考えてしまいますね。

これから良いFP、悪いFP。また、信頼できるフFPを判断するポイントを紹介します。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている

FPは資格を持っていなければできない仕事ではありません。

しかし、FPの資格を取得しているということはそれだけの知識を持っているということになります。

中立性がある

企業専属のFPはどうしても自社商品を提案することになります。

中立性のあるFPは一つの商品だけではなく数多くある商品の中から相談者の悩みに沿った提案をしてくれます。

良いFPは相談者の立場に立ち、話を聞き、考え、解決策を提示してくれます。

悪いFPは相談者の立場に立ってアドバイスをしていません。

話しをしても相談者の意見に沿わない提案をします。

いくら知識や経験があっても相談者の立場や視点に立って考えられないFPは良いとはいえません。

資格があり知識や経験が豊富なだけではなく「相談者に寄り添い」「解決策を見出してくれる」人が信頼できるファイナンシャルプランナーといえます。

間違いないファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」一択

老後の一番の心配はお金だと思います。

もし老後のお金の心配が解消されたらどのような生活を送れるでしょうか?

  • 毎月、通帳の残高を心配しなくてもいい
  • 万が一体調をくずしても安心して病院に行ける
  • お金がないという不安から開放される

この3つだけでも将来の安心を感じることができると思います。

お金の悩みから開放されると、実際にはもっとメリットがあります。

お金の悩みから開放されるにはファイナンシャルプランナーに相談をすることが確実です。

自分のお金や家計を相談できる良いファイナンシャルプランナーに出会うにはどうすればいいか。

そこでご紹介したいサイトが「みんなの生命保険アドバイザー」です!

「みんなの生命保険アドバイザー」は業歴10年、相談実績40万件以上の実績があります。

「みんなの生命保険アドバイザー」は

豊富な知識と経験で相談者に最適な保険を提案できる。

「みんなの生命保険アドバイザー」は一社の保険商品だけではなく、数多くある保険商品の中から相談者に合った商品を提案してくれます。

メリット・デメリットをしっかりと説明

それぞれの保険のメリット・デメリットをしっかりと説明してくれますし、相談者がきちんと納得してから保険を選べます。

ストップコール制度というシステムが安心できる

「もし無理にすすめられたらどうしよう…」といった心配があると思います。

しかし「みんなの生命保険アドバイザー」では無理な勧誘があった場合「ストップコール制度」というシステムがあります。

「ストップコール制度」とは万が一無理な勧誘があった際、電話一本で担当者を変えてもらえます。

「ストップコール制度」を利用すれば直接伝えずに担当者を変えてもらえるので、気持ちの負担がなくなります。

提案してもらった保険を一旦持ち帰って自分で調べてからお願いしてもいいですね。

「みんなの生命保険アドバイザー」相談料が無料なので、実際2~3回相談する方がほとんどだそうです。

「老後のこと」、「お金のこと」が心配でしたらあまり身構えず、気軽に相談の電話をしてみましょう!

まとめ

「お金のない親の面倒」「老後の資金」について書いてきましたが、上述の内容をまとめました。

 

  • 定年以降死ぬまでに(65歳~85歳) 5038万8000円~8230万8000円ほどかかる
  • 親の家計を把握して無駄遣いをやめさせ健康なら働いて収入を得てもらう
  • 家計管理や働いても改善しない場合は、仕送り、親を呼び寄せる、親元に戻る
  • お金について困ったらファイナンシャルプランナーに相談するのがベスト
  • 良いファイナンシャルプランナーに出会うには「みんなの生命保険アドバイザー」がおすすめ

お金のない親を放っておくことはできません。

しかし、あなたが援助をする前に家計やお金のつかいかたを見直し、働けるならがんばって稼いでもらう。

親を援助するのはそれからでも遅くはありませんね。

老後の心配は私たちの身近な問題でもあります。

自分の子どもの負担にならないよう、これから老後の資金について考え、学び、備えていきたいですね。

老後の資金や家計についての心配は何度でも無料相談ができるこちらのサイトを利用してください!

「みんなの生命保険アドバイザー」

保険の見直し相談ならみんなの生命保険アドバイザー|パワープランニング株式会社
業歴10年、相談実績20万件以上!保険を活用して、家計のお悩みをすっきり解決!無料保険相談のの満足度97%を誇る、経験豊富なファイナンシャルプランナーが、あなたの家計改善をお手伝いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました