PR

親子喧嘩が大人になってから増えた。原因はお金のこと!どのように対処をする?

  • 最近親子喧嘩が増えている
  • お金のことで親と喧嘩した
  • 年金や貯金のことを聞いたらけんかになった
  • 親の老後のことを話したいのに、けんかになってしまう

なんてことはありませんか?

けんかは子供がすることと思っていたら、いい年をした大人同士の親子喧嘩が勃発!しかもお金のことなんて・・・自分たちだけ?

そんなことはありません。

高齢の親を思えばこその話し合いが、険悪なムードになってしまうことはよくあります。

この記事では、どのようなお金のことで親子げんかになったのか、理由や原因を紹介し、老後にかかるお金のことや子供にできるサポート 、お金のことを相談できる場所などを紹介していきます。

 

親子喧嘩が大人になってから増えた。原因はお金のこと!

どうして、お金のことで親子げんかになるのでしょうか?

けんかの原因・理由を5つ紹介します。

 

ケース1: 親に仕送りをしているのに、「あたりまえ」と言われた

 女手一つで育ててくれたから、大人になって毎月仕送りをしている。

あるとき子供のころの話をしていたら、いきなり「離婚になったのはあなたのせい」「お金を送ってくれてても、当たり前のことで感謝はしない」と言われた。

母親の苦労を見てきたから、感謝してほしいとは思っていなかったけど、そんなことを言われるとは思ってもいなかった。その時はとても悲しくて泣いてしまった。

もう、仕送りをするのをやめようかと真剣に考えている。

ケース2: 親との同居での生活費の負担問題

親と同居をしている。親は定年退職をしていて、今は週に3~4日アルバイトをしている。自分は結婚して家族がいる。

今は食費と水道光熱費として、両親から8万円もらっている。この金額は親が現役で働いていた時と同額だ。最近、減額してほしいと言われた。

両親2人分の食費と水道光熱費なので、妥当な金額だと思っていた。自分は家のローンも払い、子供の教育費にもお金がかかるので、減額は難しいと言ったら、「収入がないのにはらえない」と言われ、大喧嘩になってしまった。

減額をするのなら、自分たちの食事は自分で用意すればいいと言ったが、もともと家事が苦手な母親はうんと言わなかった。妻はパートをしながらすべての家事をこなしている。その事への感謝もない。

今は冷却期間というか、冷戦中である。

ケース3: 親が年金生活になって、お金を要求されるようになった。

年金額が思ったより少なく、貯金もほとんどないことが発覚。助けてあげたいが、自分の家庭も住宅ローンと子供の教育費や部活などにかかる費用が増えたので、親に援助するほどの余裕はない。

そのことを説明すると、「今まで、どんなに貧乏をしても、自分の物を買えなくても、あなたに費やしてきた。なのに親が困っていても知らん顔をするのか?死ねというのか?」と鬼の形相で怒られた。

自分たちが自立した後、貯金できていないほうが悪いのでは?と思うが、そんなことを言うと火に油を注ぐ様なものなので、実家に行ったり、電話をする回数を減らしている。

ケース4: お金のありがたみをわかっていない

専業主婦の母。父が働いていたころは子供の学費や住宅ローンで節約をしながら、精一杯やってきたのはわかっている。

しかし、子供たちが独立して20年以上。老後の資金はこの20年で貯めてきていると思っていた。

ところが、父が定年して年金生活になると、「○万貸して」と言ってくるようになった。私がどんな思いで、どんなストレスを抱えながらお給料をもらっているのか、考えたこともないのだろう。

働いたことがないから、お金を生み出す大変さをわかっていない。もちろん家事・育児がどれだけ大変かは、身をもって理解している。でも、子供が独立したらパートででも働くなり、節約を続けて貯金を殖やす努力をせず、「お金貸して」はないだろう。

何度かけんかになっても平行線のままなので、そろそろ父親に話そうか悩んでいる。

ケース5: 認知症なの?

最近「お金が無くなった」「あなたが盗ったのか」と言うようになった。否定すると「嘘をつくな」と言われ、無視すると「やっぱりそうか」と責められる。父にも同じようなことをいうときがあるようだ。他にも年金を何に使ったのか分からず、「○○万貸して」と言ってくる。

病院に連れて行きたいが、「ボケていない。」「老人扱いするな」と逆切れする。

今は父と相談して、通帳や印鑑は隠して父が管理している。財布には1週間分の生活費のみ入れるようにしているが、いつの間にか無くなっていることがある。

何に使ったのか聞いても、怒ったりけんかになるので、時々財布を隠したり、中のお金を減らして様子を見ている。

こんな話、友人・知人から聞いたことはありませんか?

高齢の親を抱えていると結構あるあるですよね。

老後に必要なお金は?

老後に必要なお金はいくらあれば安心なのでしょう。

2019年6月に金融庁が公表した金融審議会のワーキンググループが出した報告書から「老後2000万円問題」がクローズアップされてきました。

では2,000万円の不足額は一体どのように算出されたのでしょうか。

報告書では、家計調査(2017年)の結果から、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみ無職世帯)の家計において、実収入よりも実支出のほうが毎月平均約5万5,000円多く、赤字となっていることを指摘しています。

また、報告書では日本人の平均寿命についても触れ、男性は81.1歳、女性は87.3歳という2017年の調査の結果から、60歳の定年退職後の平均余命を20年~30年と仮定しました。

平均余命に先ほどの月々の赤字を掛け合わせると、以下のように計算できます。

  • 余命20年の場合)5万5,000円×12ヵ月×20年=1,320万円
  • 余命30年の場合)5万5,000円×12ヵ月×30年=1,980万円

ここで算出された1,320万円~1,980万円の金額を取り上げて「老後生活していくうえで、2,000万円足りないのではないか」と疑問視したのです。

引用元:

【FPさんに聞いた】本当に必要な老後の生活費っていくら?老後資金は2,000万円必要?|Like U【三井住友カード】
...

退職金が2000万円あれば、それを切り崩しながら生活はやっていけますが、突発的な費用(入院費、冠婚葬祭費)などは別途必要です。

時々旅行に行ったり、趣味の習い事やお付き合いをするのであれば、余裕を持って3000万円が必要だと考えたほうがいいようです。

ですが、毎月の不足額は8万円という試算もあり、そうなると

年間8万×12か月=96万円

20年で1920万、25年で2400万

となります。

この場合、退職金のほかに貯金が1000万以上ないと生活すらできないことになります。

 

老後に必要なお金を子供が準備をするもの?

基本的には自分の生活費は自分で用意するものです。冷たく聞こえるかもしれませんが、子供には子供の生活があり、それぞれ別の人格なのです。

親世代が自分のために身を粉にして働いて育ててくれた、それは感謝しなければいけませんが、今子世代も同じように自分の子供に対してそれをしているのです。

昔より物価が上がっているのに給料は上がらない、最近はコロナの影響もあり減給や倒産・解雇など収入が不安定になっている人も多くいます。

そんな時代に、親の老後の資金まで準備できる子世代はどれだけいるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました