PR

親を訴えることは可能?暴言・暴力・ケチ…….おすすめの無料相談窓口は?

  • 小さい頃から親から心ない言葉をかけられ続けていた。
  • なにかと暴力を振るわれていた。
  • 食事はおろか、学費などの必要最低限な負担もしてもらえなかった。

そんな悩みを抱えている方は実に多いのです。

大人になった今、子供時代に母からされてきたことがどうしても許せない!

実の親だけど訴えたい気持ちが収まらない!

  • 実の親を訴えることは可能なの?
  • 訴えるにはどうすればいいの?
  • どこに相談すればいいんだろう?

こちらの記事ではそんなあなたの悩み解決のきっかけを探してみました!

親を訴えることは可能?

あなたが親を訴えたいと思っている場合、法律上では可能なのですが、いくつか条件があります。

まず、訴訟には民事訴訟と刑事訴訟(行政訴訟もある)があります。

簡単に説明すると、あなたが親から受けた虐待などへの損害賠償を起こしたい、慰謝料を請求したい場合は民事裁判。虐待などが原因で怪我を負わされた。その事で刑事罰をあたえる。という場合は刑事裁判となります。

あなたが親に対して訴訟を起こす場合の民事・刑事での違いは以下です。

民事 刑事
年齢 未成年は出来ない(ただし法定代理人をたてれば可能) 年齢に関係なく可能
時効 賠償請求は3年以内(3年以上前だと不可能) 事件の成立から10年

民事訴訟を起こす場合は、あなたが成年以上であれば、過去3年以内の事例について訴訟を起こす事ができます。ただ、大人になってからの場合は時効が大きな壁になっています。

仮にあなたが30歳だとすると、民事・刑事どちらの訴訟もあなた一人で起こせますが、子供時代の虐待について訴えたい場合は民事だと時効が成立しています。

刑事事件についても20歳より前のものは時効成立により、訴訟を起こすことはかなり難しいと考えられます。

ただ、今も続いている、何かしらの後遺症が認められる、などの確定的な証拠があれば訴訟を起こせる可能性はあります。

また、訴訟は断念して親と距離をおきたいと考えている場合は自分一人で解決しようとするのではなく、相談機関を利用して、調停や分籍などの手段もあります。訴えることはできなくても、気持ちが楽になる方向へ向かうこともありますよ。

調停とは……ここでは「親族関係調整調停」のこと。親とのトラブルを話し合いによって解決するために家庭裁判所に申し込むもの。関係を修復させるためのものなので、親と距離をおくことは想定していない。

分籍とは……親の戸籍から抜ける手続き。成人で未婚者のみが可能。親の戸籍には戻れないが、親子の関係自体がなくなるわけではない。親と距離をおきたい場合には気持ち的に大きなメリットがある。

子供が親を訴える理由は?暴言・暴力・ケチ

暴言

「あんたなんか生まなきゃ良かった」に始まり、「あんたを育ててきて損した」、大切な友達の結婚式へ遠方に行こうとした所、「友達なんていつか縁が切れるんだから出席するな」

引用元:yahoo  知恵袋

子供時代から暴言を受け続けると人間不信になりやすく、大人になっても対人関係がうまくきずけないことがあります。

このようなことを言われ続けてきたら自己肯定感など持ちようがありませんね。

暴力

暴力による支配。母親が怖くて常に顔色をうかがって生きてきて正しい判断能力が養われなくなってしまいます。正にマインドコントロールです。

ケチ

  • 今まで子育てに使ったお金は子供が働いたら返すのが当たり前と言う。
  • 子供が入れている生活費に対し、光熱費などの支払いがこれだけあるから実質はこれだけしか残らないと文句を言ってくる。

引用元yahoo 知恵袋

この相談者の母親は何から何までケチで独自の価値観を持っていないので、他人との比較でしか判断ができないのですね。そのような母親のもとで育つと、子供は自分で価値判断ができなくなる事が多いですね。

このような親からは大人になってから理不尽にお金を無心されるかもしれないですね。

もしかして実母は毒親?

毒親とは?

近頃「毒親」という言葉をよく目にします。毒親とはその人の人生において毒になる親、悪影響を及ぼす親のことをいいます。

あなたは大人になっても自己肯定感が低かったり、他人とのコミュニケーションが苦手だったり、自分をコントロールする能力が低いように感じていますか?

生き辛さを感じていますか?それは毒親が原因かもしれません。

毒親は「母娘」の関係において現れやすい傾向があります。あなたの母親は毒親なのかもしれません。毒親の特徴をまとめてみました!

管理 習い事、持ち物、友人関係や恋愛、子育てまでも口を出す
支配 常にあなたを自分の思い通りに行動させようとする
押し付け 価値観、理想を押し付ける。決まり言葉は「あなたのため」
過保護 子供の時からあなたの望むことはなんでも聞いてくれた
過干渉 あなたの行動を常に把握しようとする(どこへ行く、誰と行く….)
嫉妬 あなたを含めて自分以外のひとの幸せが気に食わない
抑圧 自分の人生が不幸なのはあなたのせいと罪悪感を植えつける
暴言 あなたはバカ、ブス、頭が悪いなど傷つけることを平気で言う
虐待 あなたに無関心、ネグレクト(育児放棄)だった

親の借金問題:対処法とその心理的影響

親からの暴言や暴力、ケチな行動に悩む方々に加えて、親の借金問題に直面している方も少なくありません。親の借金は、親子関係に大きなストレスをもたらし、心理的な影響を及ぼすことがあります。

親の借金問題に直面した場合、まずは専門家に相談することをおすすめします。法律家や金融の専門家は、借金の返済計画を立てたり、債務整理の手続きをサポートしたりします。また、心理カウンセラーやライフコーチと話すことで、ストレスや不安を軽減することも可能です。

親の借金問題に対処するための具体的なステップは以下の通りです:

1. まず、親の借金の全体像を把握します。借金の総額、借り入れ先、返済状況などを明らかにします。
2. 次に、専門家に相談します。法律家や金融の専門家は、借金問題に対する具体的な解決策を提案してくれます。
3. 心理的なサポートも重要です。心理カウンセラーやライフコーチと話すことで、ストレスや不安を軽減することができます。

親の借金問題は、親子関係に大きな負担をもたらします。しかし、適切な対処法と心理的なサポートにより、その問題を乗り越えることが可能です。

訴える前に法律のプロへ相談する事がおすすめ

タイトルとURLをコピーしました