PR

夫がファザコンで気持ち悪い!原因と今後の対処法は?

「ファザコン」というと、どんな印象をもちますか?

一般的に『ファーザーコンプレックス』というと、“お父さんが大好きで、お父さんから離れられない女性”あるいは“お父さんのような愛情を他の男性に求めてしまう女性”そんなイメージはありませんか?

実は、男性にもファザコンの人はいるのです。

男性のファザコンというのは、“父親を乗り越えたい”という気持ちや、“認められたい”、“愛されたい”という気持ちが複雑に入り組み、感情的な反応をしてしまう状態をいいます。

いずれにしても、子どもにとって《父親の存在》が大きすぎることが原因であると考えられます。

しかし、そうなってしまうのは、本人のせいではないのです。

子どもが後天的に身につける特性というのは、多くの場合「親との関係」が原因であり、本人には避けられないことが多いもの。

そうはいっても、もしも自分の夫がそうだったら?

お付き合いをしている段階ではわからなかったけれど、結婚してみたら「なんだか夫がファザコンっぽい...」

そんな不安を感じている方は、“結婚する前に知りたかった!なぜ気づけなかったのか”と思うかもしれませんが、結婚前は、そういう部分は上手に隠すものです(意識的、無意識にかかわらず)。

だから、気づかなくて当然。自分を責めてはいけません。そして、今からでも遅くはありません。きちんと見極めたうえで、明るい未来のために最善の努力をしていきましょう。

ここでは、ファザコンかもしれない夫の見極め方と、そうだったときの対処方法をご説明します。

 

 

ファザコン夫の特徴5選!

 

ファザコン夫の見極め方

結婚するまでは、他人であるあなたの前では隠していたかもしれない夫も、家族になってしまった今、遠慮なく素の自分を出すようになったのではないでしょうか?

そんな、素の夫の行動の中に、「ファザコン」をにおわす言動が隠れています。

次の5つの特徴に当てはまるようなら、もしかすると「ファザコン」要素が強いかもしれません。

  1. 劣等感が強い
  2. わがまま
  3. 自分で決められない
  4. 自分と父親を比べる
  5. 過度な父親思い

これがなぜ「ファザコン」の特徴なのかを次に説明します。

 

行動や言動の特徴

劣等感が強い

社会的地位が高い父親を持つ夫に多く現れる特徴です。男性は本能的に父親を超えたいと思うものですが、父親の地位が高く超えるのが難しいとなると、劣等感を持ちがちです。

 

わがまま

父親に甘やかされて育った夫に多く現れる特徴です。欲しいものはなんでも買い与えてもらい、やりたいことは何でもやらせてもらって育ってきたので、我慢が苦手です。

 

自分で決められない

親、とくに父親の言うことをよく聞いて育ってきた夫によくある特徴です。結婚式や新居を決めるとき、「おやじがこう言ったから...」などと、父親の意見に従いがちで自分で決めることができません。

 

自分と父親を比べる

強い父親、いわゆる亭主関白な家庭で育った夫に多い特徴です。自己主張が強い父親の元で育つと、父親の価値観を自分の価値観のように勘違いしてしまい、本能で親から離れようとしても逆に意識してしまい離れられません。

 

過度な父親思い

例えば両親が離婚し、父親が頑張って自分を育ててくれた...など、父親に対する尊敬の念や感謝の気持ちが強い場合。父親を大切にしたいという気持ちが極端に強くなると、周囲から見るとファザコンに見える場合があります。

 

ファザコン夫が気持ち悪く感じてしまう理由は?

“夫がファザコンかもしれない...”

それを「気持ち悪い」と感じてしまう理由はなんでしょう?

各パターンのファザコン夫の例から考えると、いずれの場合も「親離れできていない」ことが共通点であり、自分のパートナーが、大人の男性であるにもかかわらず

  • 「親を意識しすぎている」
  • 「親に甘えている」
  • 「親に反発している」

と、そんなところが頼りなく、また子どもっぽく感じてしまうことが原因ではないでしょうか。

自分の生涯のパートナーには、精神面でも経済面でも、親から自立した一人の男性でいてほしいのは当然ですから、大人として“自分で決断してほしい”“親を頼らないでほしい”という気持ちがわいてくるのはごく自然なこと。

 

夫がファザコンになった原因と理由は?

ファザコンは、生まれつき持っている特性ではなく、育った環境や親の接し方が大きく影響していると考えられます。

最も大きく影響を与えているのは父親と言って間違いはないでしょう。

では、具体的にどんな接し方が影響を与えるのかを説明します。

 

ファザコンにさせてしまう親の特徴、教育、しつけの特徴

自立させない

成長の段階で、自分で決めたり責任を持たせることをしなかった

 → 親離れできないタイプのファザコン

 

甘やかす

やりたいことや欲しいものは何でも与えてしまった

 → わがままで我慢ができないファザコン

 

過干渉

親が子どものためを思うあまり、行動を制限したり、親の思う方向に誘導した

 → 自分で決められないファザコン、大人になっても反抗的なファザコン

 

抑えつける(反抗させない)

思春期には自分と親が違う人間であると認識し、それが反抗という態度に現れ、やがて自立するが、その機会を与えなかった

 → 親の価値観で生きるファザコン、大人になっても反抗的なファザコン

 

父親が子育てに関わらない

父親が子育てに関わらないことで、子が愛情を受けずに(受けていないと思いながら)育った

 → 自分の妻や子どもとのかかわり方がわからないファザコン

 

タイトルとURLをコピーしました