PR

子離れできない親の特徴は?大学生になる子に干渉する親への対処法は?

子供がいくつになっても子離れできない親っていますよね。私も親なので、我が子はいつくつになっても可愛いという気持ちはわかります。

しかし、子供が大学生の歳になっても干渉し続ける親はちょっと嫌ですよね…。

  • 「何時に帰って来るの?」
  • 「どこにいるの?」
  • 「そんな子と遊ぶのやめなさい」など

こんな対応小学生まででしょ、と思うことを大学生になってまで口出ししてくる親だっています。

何かと口出しされると本当に「ウザイなあ」と思ってしまいますよね。

ということで今回は

  • 子離れできない親の特徴
  • 子離れできない親の心理
  • 大学生になる子供に干渉する親の対処法
  • 親を安心させる大学生の行動、言動

これらについて解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

子離れできない親の特徴は?

なんでも把握したがる

とにかくなんでも聞いてくる親です。

子供の生活全てに口出ししたいタイプで、子供が反抗すると「こんなに助けてあげてるのに!」と怒ってくることもあります。

「どこにいるの?」「なにしてるの?」など、小学生にするような対応を大人になってもし続けます。

 

子供を思い通りに行動させようとする

全て自分の思い通りにならないと気に入らない、という親です。

「〇〇しなさい」「〇〇くんと遊ぶのはやめなさい」など、進路や友達付き合いに口を出してくることが多いです。

子供のことをコントロールしようとして自由を奪い、すべて親の許可を得るようにして勝手なことをすれば怒る…ということをしてきます。

 

何歳になっても過保護

子供が小さい時は、危ないことがあってはいけないと危険を避ける気持ちはわかりますが、それが大人になっても続くケースです。

まだ怒っていないことを心配して「なにかあっては大変だ」と様々な危険を避けようとします。

実際何かが起きた場合も、子供に解決させるのではなく、親が子供を守ろうと行動してしまいます。

 

子供への期待が大きい

自分が叶えられなかった夢を子供に押し付けるなど、子供に過度な期待をするタイプの親です。

自分が大学受験に失敗した親が「子供は〇〇大学に行かせたい!」など子供の意見を尊重するのではなく、自分の期待を一身に背負わせます。

 

常に自分が正しいと思っている

コントロールしてくる親と少し似ていますが、自分が言っていることが正しいと言って、子供の意見を一切聞かないタイプの親です。

自分が正しいと思っているので、子供にもそれを強制してきます。

 

子離れできない親の心理は?

なぜ子離れできないの?

理由は人それぞれですが、多くある原因としては

  • 子供以外に興味を持てるものがない
  • 夫婦仲が良くない
  • 親しい友人がいない など

子供以外に興味がなく、夫婦仲も良くない、親しい友人もいないとなると、必然と子供のことばかりに集中してしまいますよね。

 

子供のことはどう考えてる?

子供のことはとても大切に思っていることが多いです。

しかし、それが子供を苦しめたり、子供の選択肢を狭めているとは気付いていないことが多いでしょう。

 

過干渉と子離れできないの違いは?

子離れできない親の仲に過干渉のタイプがいる、ということです。

過干渉も子離れできていない親の特徴のひとつですね。

 

大学生になる子に干渉するい親への対処法は?

大学生になる子供に子離れできない親への対処法は?

1番簡単な方法が、距離を置くことです。

近い距離でいると「やっぱり私がいないとダメなんだ」と感じる親がいます。大学生なら一人暮らしをして物理的に距離をとるのもおすすめです。

また連絡も必要なときはするようにして、頻度を減らすことで過干渉からも逃れることができます。

また別の方法としては、親に趣味を見つけてもらうことも得策でしょう。

子供以外のことに興味が出てくれば、必然と趣味のことを考える時間もできるので、子供のことばかりに集中することは減るはずです。

タイトルとURLをコピーしました