遺品供養神社東京3選!ご供養の作法や料金は?

遺品整理をしていて、遺品供養に困った経験はありませんか?

遺族は故人が生活に使っていた、家具家電から小物類まで、全ての遺品を整理しなくてはいけません。

特に取り扱いに困るものが、人形や手紙、写真など、故人の形見になるであろう遺品の数々です。故人の思い入れのある品物は、丁寧な保管や処分をしたいものですよね。

遺品供養は、神社やお寺で祝詞、お経を唱えてもらい、処分してもらう方法です。感謝の気持ちで供養することで、故人の弔いはもちろん、心の整理にも繋がります。

しかし、東京都内に住まれる方は特に、広く場所をとるお焚き上げや供養のできる神社を見つけることが困難です。

そこで今回は、

  • 「東京都内で遺品供養をしたけど、任せられる神社が決まらない」
  • 「遺品の整理や処分の基準、業者の選び方が知りたい」

という方に向けて、遺品供養を行う神社を東京都内から3選と、遺品整理や供養の方法について解説していきます!

  1. 遺品供養神社東京3選! その1:明治神宮
    1. 明治神宮の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?
  2. 遺品供養神社東京3選! その2:築地・波除神社
    1. 築地・波除神社の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?
  3. 遺品供養神社東京3選! その3:山王山 本寿院
    1. 本寿院の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?
  4. 遺品供養できないものは?大量の遺品を供養してもらうには
  5. 遺品供養できるもの、できないものは?大量に持ち込む場合や、郵送を利用する場合の対処法
    1. 遺品供養できるものは?
    2. 遺品供養できないものは?
    3. 大量の遺品を持ち込むことは可能?
    4. 宅急便、郵送で遺品供養は依頼できる?
  6. 遺品整理、供養や処分をする基準は⁉
  7. 遺品整理で何を残して、何を捨てるのか?具体的な例を交えて紹介!
    1. 1.貴重品
    2. 2.形見(故人の思い出の品)
    3. 3.再利用できるもの
    4. 4.廃棄するもの
  8. 遺品の買取、遺品の量が多い場合は遺品整理業者を頼ろう!
  9. 遺品整理業者とは。損をしない遺品整理業者の選び方は?
    1. 1.遺品整理業者として、必要な資格と届け出があるか
    2. 2.訪問見積もりを行っている
    3. 3.見積もりの金額が細かく明記されている
  10. 遺品整理業者を探すには、一括比較サイト「エコノバ」がオススメです
  11. 全国から一括比較ができるサイト2選!エコノバをおすすめする理由を解説!
    1. みんなの遺品整理
    2. くらしのマーケット
    3. 「エコノバ」をおすすめする理由とは?
    4. 一括比較を行うための充実したサポート体制
    5. 安心、信頼のできる業者を幅広く紹介していること
  12. まとめ

遺品供養神社東京3選! その1:明治神宮

言わずと知れた東京を代表する神社である「明治神宮」。この神社では、年に一度秋ごろに“人形感謝祭”が開催されます。

毎年多くの人が、引っ越しや進学を機会に訪れ、人形たちの供養をしています。遺品整理をしていてもし古い人形ぬいぐるみを見つけた時は、イベントをみるついでに預けてみてはいかがでしょうか?

この項では、明治神宮の特徴や歴史、人形供養の方法について解説していきます!

明治神宮の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?

明治神宮
渋谷区代々木鎮座。大正9年11月1日創建。明治天皇、昭憲皇太后を祀る。他に神宮外苑、明治記念館のご紹介等。

明治神宮は、東京都渋谷区にある神社で、第122代となる明治天皇と、昭憲皇太后がご祭神です。

創建は1920年(大正9年)11月1日で、ご両者が崩御されたとき、国民からご神霊をおまつりしたいとの声があがり、たてられたそうです。それ以来、明治神宮では皇室の弥栄と国の隆盛、世界平和を祈っているのだそうです。

初詣では、例年日本一の参拝者になるほど知名度のある神社で、年間を通じて様々な祭典や行事が行われています。

先ほど触れた「明治神宮人形感謝祭」ですが、今年は10月3日(日)に開催予定です。

以下、感謝祭の公式ホームページになります。

明治神宮人形感謝祭
お手元で古くなったり壊れたりしたお人形を明治神宮へお持ちください。

ここで供養してもらえるのは、お人形のジャンル(雛人形・五月人形・ぬいぐるみ・日本人形、西洋人形・・・)に該当するものです。

※人形に付属するガラスケース、内臓電池類などの処分はできません。

初穂料(御祈願料)は、ひとかかえ(一袋、一件)を最小単位として、3,000円からになります。サイズの目安としては、45リットルのポリ袋に入る程度の大きさが、ひとかかえです。

受付時間は午前9時~15時までで、今までに寄贈された人形の展示なども行われます。

祭典が開始されると、大太鼓の演奏や、巫女による神楽の奉送もあり、見どころは沢山ありますよ。

昨年はコロナで中止となってしまいましたが、毎年多くの人が訪れ人形供養をしています。

イベントだけでも充分に楽しめる内容ですが、遺品整理などで行き場のない人形たちがある場合は、ぜひ行かれることをおすすめします。

故人とのお別れは、辛く心が沈んでしまうものです。そうした時に神聖な感謝祭を見届ければ、傷ついた心も少し安らぐかもしれません。

遺品供養神社東京3選! その2:築地・波除神社

築地・波除神社は、その名の通り中央区築地に所在する神社です。

漁港がある土地らしく、ここでは“災難を除き波を乗り切る”ご利益があるといわれています。

住宅の多い都内では、なかなか難しいお焚き上げを一年間行っている神社です。

それでは、そんな波除神社の特徴と、行われる遺品供養についてお話していきます。

築地・波除神社の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?

波除神社
波除神社

波除神社の創建は江戸初期の1659年で、当時この土地を埋め立てる際、波風を抑えてくれたというお話があるのだそうです。

この神社では、倉稲魂命という「稲荷神」を祀っており、災難除けや商売繁盛、工事安全の御利益がうけられるとして、信仰を集めているそうです。

また、ここには漁港ならではの、玉子や魚を供養するユニークな「供養塚」があることで有名です。

築地・波除神社で主に行われるお焚き上げの品物は、人形、古いお札、お守りです。

毎年3月ごろには「雛人形供養祭」という祭典が開かれ、大切にしていた雛人形やぬいぐるみなどを一週間ほど飾った後に、供養をしてもらえます。

人形自体は無料で供養を行ってもらえるそうなのですが、その他道具類は数に関係なく一律1,000円です。

また、古いお守りやお札の供養は一年間通じて行われています。

波除神社の物に限らず、他の神社のお守りや、お寺のお札に関しても受け付けているそうです。

神社に持ち込みができる場合は、お祓い後にお焚き上げをしてもらえます。持ち込みが出来ない場合も、郵送すれば供養をしてもらえるそうなので、遠方に住む方も安心ですね。

波除神社では、大きい品物やガラス製品のお焚き上げはできない場合があるそうです。

そういった品物を希望される方は、一度問い合わせをして確認してみることをおすすめします!

遺品供養神社東京3選! その3:山王山 本寿院

本寿院はお寺になりますが、都内で遺品供養を行う場所で検索エンジンのトップに出てくる有名どころです。

年中無休、予約不要で遺品供養を受付けており、他の機関と比較しても利便性に長けているため、特定の場所にこだわりのない方にはかなりオススメです。

それでは、本寿院の特徴や利用するメリットについて詳しく解説していきますね。

本寿院の特徴や歴史!どんなものを供養してもらえる?

関東お骨仏のお寺 本寿院
可愛いつちぼとけを作ることができるお寺

本寿院は、東京都大田区に所在する、天台宗系単立の歴史あるお不動様のお寺です。

仏教は一つとして宗派にこだわる事なく活動していることが大きな特徴で、「関東のお骨仏」という遺骨で作った仏像が安置されているそうです。

コロナ対策としてオンライン法要があるなど、時代に即した参拝を行っているお寺です。

遺品供養は、合同供養法要を希望する方には、毎月第2日曜日の午前9時から開催されています。参列を希望しない方には、朝の9時から18時まで、年中無休予約不要で受付をしているそうです。

遺品供養が可能な品物は、以下の通り多岐にわたります。

  • 人形(ぬいぐるみ)
  • 写真
  • 遺影
  • 日用品
  • こけし、だるま
  • 民芸品
  • 銅像、仏像
  • 仏壇、位牌

ここでは郵送による遺品供養も受け付けており、申込書と希望するものを箱に入れて送るだけで、遺品供養を行ってくれます。

費用はみかん箱1箱(縦+横+高さ=およそ70cm以内)の大きさで、5千円からになります。

また、陶器や針金、ガラス、金属などの燃えない物が含まれる場合は別途2千円かかります。

本寿院は、年中無休で受け付けている点や郵送での対応など、色んな方の希望に応じてくれることが魅力です!

もし「場所にこだわらず、すぐ遺品供養をしてもらえる場所が良い」という方は、こちらに預けられてはいかがでしょうか?

以下、Youtube公式チャンネルに、人形供養の流れが紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

本寿院「人形供養のご案内」

人形供養のご案内

遺品供養できないものは?大量の遺品を供養してもらうには

これまでは、東京で遺品供養を行う神社の紹介をしました。

そこで気になる問題点としては「自分が持ち込もうとしている遺品を供養できるのか」という点です。

遺品整理をするために持ち込んだのに、現地でできないと返されるのは辛いですよね。

また、遺品供養をしたいものが想像以上に増え、まとめて渡せるか心配される方もいるのではないでしょうか?

そんな方達のために、ここからは遺品供養できるものとできないものの解説や、依頼の仕方についてお伝えします。

遺品供養できるもの、できないものは?大量に持ち込む場合や、郵送を利用する場合の対処法

遺品供養できるものは?

遺品供養で優先して持っていかれやすいものは、以下の4つです。

  • 人形
  • お札
  • 仏壇
  • お守り

日本は昔から、“物に魂が宿る”という独自の考えがあります。お焚き上げや遺品供養は、この考えに乗っ取って行われる日本特有の儀式です。

上記にあげられた4つの品物は神仏化して、人の形をしているために、丁寧に遺品供養をされる方が多いです。

ですからこれらの品物が遺品として残っている場合は、遺品供養を行うといいでしょう。

それ以外に遺品供養をしている品物は、以下の通りです。

  • 衣類
  • 写真
  • 寝具
  • 食器
  • 故人の趣味の品(愛用していた物)

故人が生前大切に使用し、思い入れのあるものには、霊が宿るといわれます。上記以外にも遺品供養したいものがあれば、問い合わせをすれば可能な場合があるので、事前に確認を行うといいでしょう。

遺品供養できないものは?

遺品供養は、廃品回収と違い全ての不用品を処分できるわけではないです。

大きな家具や家電などの処分は、運搬や廃棄処分に資格や許可が必要なため、基本的に行いません。ですから仏壇や神棚でない大型の物や、想定外の荷物は確認なしに持ちこまないようにしましょう。

また、故人から生前に「これは残しておいてほしい」と言われることもあるでしょう。

保管する場所がどうしてもおさえられない場合以外は、本人の意思を尊重してできる限り残しておきましょう。

大量の遺品を持ち込むことは可能?

遺品供養の相場は、物の大きさや量で決まることが多いです。相場は、みかん箱ほどのダンボール1つで5千~1万円程度。写真や手紙など、比較的小さく少量の場合は3千円ほどになります。

制限は明記されないことが多いですが、持ち込む量が増えるだけ値段は高くなります。そのためできるだけ整理したうえで、遺品供養を行うことをおすすめします。

また、仏壇や位牌などはそれぞれの機関で相場が決められているので、ホームページや問い合わせなどで確認すると良いでしょう。

宅急便、郵送で遺品供養は依頼できる?

遺品供養を行う神社やお寺が近くにない時、遺品整理業者に依頼して供養をしてもらうことが可能です。

遺品整理業者は、遺品供養を行うお寺や神社と提携し、運搬作業や処分を行ってくれます。

依頼をしてからは、段ボールに遺品を入れて送り返すだけで作業が完了するため、持ち込みが難しい方にもおすすめの方法です。

お寺や神社によっては、独自なサービスとして直接郵送や宅急便を請け負っている所もあります。

「整理や清掃は自分達で行えるので、遺品供養だけを頼みたい」方は、そういったサービスを行う神社を見つけられると経済的にもお得です‼

遺品整理、供養や処分をする基準は⁉

遺品供養ができるものを把握したので、ここでようやく遺品整理に入っていきましょう。

ただでさえ膨大にある遺品を整理することは大変なので、できるだけシンプルに分かりやすく行いたいものです。

遺品供養、処分するものを仕分けるには、たった4つの枠に分類するだけで可能です。次の項でどんな分類をすればいいのか学習し、簡単に遺品整理を行っていきましょう!

遺品整理で何を残して、何を捨てるのか?具体的な例を交えて紹介!

遺品を整理するためには、

  1. 「貴重品」
  2. 「形見(思い出の品)」
  3. 「廃棄するもの」
  4. 「再利用できるもの」

の4つの分類にわけていきます。

それでは具体的な例と一緒に、仕分けや処分の方法をみていきましょう!

1.貴重品

貴重品の具体例は、以下のようなものを言います。

  • 故人の財産:通帳、印鑑、クレジットカード、キャッシュカードなど。
  • 身分証明書:マイナンバーカードや健康保険証、年金手帳、パスポートなど。
  • 不動産など権利関係書類やその他契約書類。
  • 公共料金などの領収書や請求書。
  • 価値の高いもの(宝石、貴金属、美術品)

カードや権利書などを処分するには、発行した機関などに連絡して手続きが必要な場合があります。

故人が亡くなってからの期日が設けられている場合もあるので、最優先で確認と処理を行いましょう。

2.形見(故人の思い出の品)

遺品の中でも、故人が特別大切にしていた趣味用品やジュエリーなどを選んでください。遺品は段ボール2~3箱を目標に厳選します。保管できるものは収納し、それ以外の物は遺品供養を行って処分しましょう。

故人の日記やアルバムなどは、カメラ屋などでデータ化して保存することも可能です。これらの選別は、眺めているうちに時間を費やしてしまうことがあるので、余裕のある時に行って下さいね。

3.再利用できるもの

衣類や家電製品、新聞などには、まだ使えたり、リサイクルが可能なものもあります。これらはすぐ処分せずに、遺品整理が終わるまで保管しておくことをおすすめします。保管したものは、形見分けやリサイクル業者に引き取ってもらうことができます。

ブランド品の衣類などは、思いもよらない高額なお値段がつくこともあるため、仕分けは慎重に行いましょう。

4.廃棄するもの

遺品を処分する作業には、大変勇気が必要です。しかし遺品整理を行う時に、少しでも「使う時がくるだろうか」と迷ったものは、ためらわずに捨てましょう。

迷って残しておくと、遺品整理にはなりません。

それらの遺品はあなたが亡くなった後、あなたの親族がその分も含めて再び整理をすることになるのです。明らかなゴミや、古くなった家具家電、使い時のわからないものは潔く諦めましょう。

遺品の買取、遺品の量が多い場合は遺品整理業者を頼ろう!

遺品の処分に悩んだ時は、遺品整理業者に処分と買取りをしてもらうことをおすすめします。

遺品整理業者では、遺品整理から運搬、買取りまでの一連を、知識を持ったスタッフが対応してくれます。

もちろん遺品供養も、必要な場合には行ってくれるため、安心して任せることができます。

この項では、遺品整理を遺品整理業者に依頼することを勧める理由、損をしない業者選びのポイントについて解説します!

遺品整理業者とは。損をしない遺品整理業者の選び方は?

遺品整理業者には、「遺品整理士」という資格を持ったプロが在籍し、遺品にとって適切な仕分けや処分を行ってくれます。

遺品整理士は民間の資格で、一般社団法人の遺品整理士認定協会が認定しています。

信用のできる業者を選ぶときに大前提となるのが、この遺品整理士が在籍していることがホームページに明記されていることです。

遺品整理士の所属が確認できたうえで、さらに注意したいことが以下の3点です。

  1. 遺品整理業者として、必要な資格と届け出があるか。
  2. 訪問見積もりを行っている。
  3. 見積もりの金額が細かく明記されていること。

それでは一つずつ、詳しく確認していきましょう。

1.遺品整理業者として、必要な資格と届け出があるか

遺品整理業者が活動するうえで、必要な資格と届け出は以下の表にまとめました。

必要な資格や届出 対応サービス
遺品整理士 遺品整理
一般廃棄物収集運搬許可証 廃棄物の処理
古物商許可 遺品などの家財の買取

遺品整理業者が不用品を処分するためには「一般廃棄物収集運搬許可証」がいります。また、持っていなくとも、その許可証を持っている業者に委託する必要があります。

このようなサービスを、許可もなしに行うのは違法行為となります。こうした資格や許可は、ホームページに記載があるため確認をしましょう。

2.訪問見積もりを行っている

まずは訪問見積もりを行っているか確認し、依頼をお願いしましょう。訪問見積もりでは、実際に家の状況を見た上で料金を計算してくれる方法です。

訪問見積もりに応じない業者は、当日にいきなり追加請求をしてくる可能性があります。こうした業者トラブルを避けるためには、作業内容を現場で正しく把握してもらうにつきます。

また、訪問見積もりを行うことで、スタッフの対応の良し悪しを知ることができます。気になったことがあればすぐ質問して、解決策や対処法を提示してくれるか確認しましょう。

3.見積もりの金額が細かく明記されている

見積もり書の明確な記載があるかというのも、信頼できる業者の見極めに重要です。「作業一式」などの曖昧な記載は、追加請求を行う余地があるという判断材料になります。

見積書からは金額のみならず、費用の内訳や追加料金の条件など、他社と比較する情報も得られます。

高額な請求を防ぐためにも、業者の方と綿密な打ち合わせを行うようにしましょう

遺品整理業者を探すには、一括比較サイト「エコノバ」がオススメです

遺品整理業者を探す際、おすすめしているのが「エコノバ」というサイトです。エコノバでは遺品整理業者も含まれる、不用品、粗大ごみ、廃品のお片付け業者を紹介しています。

不用品回収を口コミや料金で比較するなら無料一括見積り「エコノバ」
不用品回収、不用品おかたづけ、遺品整理、...

遺品整理業者を探す時は、複数の業者に見積もりをとってもらうと良いでしょう。エコノバでは、そうした業者の一括比較をまとめて行ってくれるサービスがあるのです。

ここからは“全国で遺品整理業者の一括比較ができるサイト”と、“エコノバをお勧めする理由”についてお伝えします。

全国から一括比較ができるサイト2選!エコノバをおすすめする理由を解説!

エコノバ以外の、遺品整理業者を一括比較できるサイトは以下の2つです。

  • みんなの遺品整理
  • くらしのマーケット

二つとも、検索エンジンでは上位にあがる有力なサイトです。これらのサイトの特徴や利点について、詳しく解説していきます。

みんなの遺品整理

実家の片付け・遺品整理の業者を探すならみんなの遺品整理
【安心価格保証】遺品整理業者・実家の片付け業者を料金相場・口コミ・評判・実際の支払費用で比較できます。厳しい審査を通過した「追加料金なし」の業者のみ716社以上を掲載!はじめての遺品整理でも経験豊富なプロの相談員が無料サポート。1度の問い合わせで複数業者の一括見積もりも対応!手間なくカンタンに費用をお得にできます。すべ...

みんなの遺品整理は、遺品整理業者に特化した一括比較サイトです。

みんなの遺品整理で最大の魅力は、業界内で唯一「遺品整理士認定協会と提携している」サイトである点です。

載っている業者全てに遺品整理士が在籍しているので、悪徳業者にかかるハードルを大幅に下げることが出来ます。

また、遺品整理士認定協会の相談員が無料相談をしているので、プロからのアドバイスを受けながら比較を行えます。

さらに急ぎ業者の手配が必要な方には、いつでも全国683社の空き状況が把握されており、即日、最速で対応してもらえる体制が整ってます。

手堅く信頼のできるサポートを期待している方は、「みんなの遺品整理」を利用されることをおすすめします。

くらしのマーケット

くらしのマーケット - くらべておトク、プロのお仕事。
ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスをオンラインで予約するなら「くらしのマーケット」。サービスを利用したユーザーの口コミ、満足度や具体的なサービス料金で簡単・便利に徹底比較!

くらしのマーケットでは、生活に関するサービスを広く扱っています。

遺品整理や不用品回収だけでなく、クリーニングや引っ越し業者など、数多の場面で役立つ業者が掲載されています。

このサイトの魅力、“ 料金が明確で使いやすいこと ” と “ 利用者の多さ ” です。業者の一覧ページには、料金が分かりやすく明記されています。条件を「料金が安い順」に並べ替えることもでき、大変使いやすいです。

利用者が多いことは、扱う業者の範囲や、検索エンジンで上位にでてくることからわかります。トップ画面に新着の口コミがのっており、利用者の声が続々集まる様子がうかがえます。

遺品整理のついでに清掃や引っ越し作業を頼みたい場合など、幅広く頼めるサイトを探している方におすすめです。

「エコノバ」をおすすめする理由とは?

不用品回収を口コミや料金で比較するなら無料一括見積り「エコノバ」
不用品回収、不用品おかたづけ、遺品整理、...

エコノバをおすすめ理由は、以下の2点です。

  • 一括比較を行うための充実したサポート体制。
  • 安心、信頼のできる業者を幅広く紹介していること。

それでは、これらの要点について詳しくみていきます。

一括比較を行うための充実したサポート体制

エコノバのサイトトップには、2分で完了できる居住区や依頼内容などの入力フォームがあります。そこから最大5社に一括で無料査定を依頼でき、業者の選定が始まります。

しかし、慣れないことは難しく、何を基準に選べばいいのか不安になると思われます。そこで、そんな不安を解消するために、電話オペレーターが代行して依頼を行うサービスがあるのです。

もちろん利用料は無料です。

年中無休で希望の内容に沿った業者の選別と依頼を行ってくれます。忙しくて業者を探すことができないという方にも、安心して使えるサイトになっていますよ。

安心、信頼のできる業者を幅広く紹介していること

エコノバにのっている業者は、サイト独自の厳正な審査や規約を通って掲載されます。個人業者から大手チェーンまで、口コミも書かれているため、一目で評価をみられます。

またサイトトップページには、相場や遺品の処分方法について書かれた記事のリンクが張ってあり、確認してから業者への連絡行えます。

くらしのマーケット同様に、遺品整理以外にも幅広いサービスを展開しているため、希望に沿った業者が見つけやすくなっているのです。

まとめ

以上が、遺品供養を行う神社を東京都内から3選と、遺品整理や供養の方法についての解説です。

最後に、ここまでのポイントをおさらいしていきます!

 

  • 遺品供養は、明治神宮や波除神社のように祭典をおこなう場所から、本寿院のように郵送で遺品供養をうけつける場所もある。
  • 遺品供養は物の魂を弔う儀式であり、正しい処分方法の知識がある遺品整理士に依頼すると良い。
  • 遺品整理業者を探す際は、安全、信頼、サポートの充実した一括比較サイト「エコノバ」を利用することがオススメ。

遺品供養やお焚き上げは、故人と故人の使っていた遺品に感謝を込めてお別れをする最後の仕事です。大切な遺品を丁寧に扱うためにも、信頼できる業者を見つけて依頼しましょう。

もし、遺品供養までの方法が分からず悩んだ時。

遺品整理業者の選び方についてつまずいた時。

この記事を見て頂いて、お役に立つことができれば幸いです。ここまで読んで頂きありがとうございました。

エコノバでは、遺品整理以外にも下記の事業を行う会社が掲載されています。

  • 家具、家電処分
  • 引っ越し時の不用品回収
  • ゴミ屋敷片付け
  • 粗大ごみ回収
  • イベント廃品の不用品回収
  • 法人向けの不用品回収

遺品整理以外にも、これらの業者を探している方はエコノバを利用をおすすめします。

なぜなら、今エコノバを利用して業者と成約した方に “ 最大5,0005,000円のギフトカードプレゼント ” を行っているからです。

条件はいくつかありますが、他のサイトやチラシより、お得に頼めるチャンスです!

気になった方は、ぜひ覗いてみて下さい!

不用品回収を口コミや料金で比較するなら無料一括見積り「エコノバ」
不用品回収、不用品おかたづけ、遺品整理、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました