PR

クレーマー気質の親が恥ずかしい!常に文句を言う理由は?やめさせるには?

  • 「親が最近、怒りっぽくなった」
  • 「一緒に外出をすると、いつも親が店員に文句を言うので恥ずかしい」
  • 「親のクレームをやめさせたい」

親が年を取るにつれ、クレーマー気質になってきたと感じている方であれば、このような悩みをお持ちではありませんか?

私の父親も以前は、外出先で何かとクレームをつける人だったのでお店のスタッフさんに申し訳なく、一緒に出かけるのが苦痛で仕方ありませんでした。

これからご紹介をする『クレーム親のコントロール法』を実践すれば、誰でも簡単に親のクレーマー気質を改善することができます。

こちらの記事では、高齢になってから文句ばかり言うようになった父親に試行錯誤をくりかえし、ほぼ更生させた私自身の実体験をもとに、クレーマーな親について以下のポイントを解説します。

  • クレーマー気質の親が恥ずかしい!常に文句を言う理由は?
  • 年をとるにつれて怒りっぽくなるって本当?
  • なぜ温厚な親がクレーマー気質に変わってしまった?
  • クレーマー気質の親に注意をするには
  • SNS時代だから注意をしたい!正しいクレームの方法

 

 

クレーマー気質の親が恥ずかしい!常に文句を言う理由は?

あなたの親は正当な主張をしているのか?それとも厄介なクレーマーになってしまっているのか?

クレーマーな親の特徴と常に文句を言う理由をあげます。

「お客様は神様」という言葉をよく使う

古い時代から伝えられている言葉ですが、「お客様は神様」=「お客様は店員に何を言っても良い」という、間違った解釈をしています。

接客業をしたことがない

接客業の人は誰でも一度はクレーマーによる苦い体験をしているので、接客経験のある親の大半はクレーマーにならないでしょう。

プライドが高く、自己中心的

他人より自分が特別扱いされないと気がすまないので、激しく自己主張をして相手を思い 通りにさせようとします。

人間関係が希薄

人付き合いが苦手で周囲から孤立しているなど、話し相手のいない寂しさを紛らわすため に、必要以上にお店のスタッフに絡みます。

過剰な神経質・潔癖症

そもそもの基準が普通ではないので、あちこち細かいところが気になり文句を言います。 

年をとるにつれて怒りっぽくなるって本当?

「親が年をとってから短気になった」という話はよく耳にしますが、私の父親も還暦を過ぎてから怒りっぽくなりました。

年齢は怒りと関係があるのでしょうか?

もちろん、お年寄りが全員怒りっぽくなる訳ではありませんが、年をとるにつれ気が短くなる方が一定数いることは事実です。

人は高齢になると若い頃にできたことがだんだんできなくなってくるので、耳が遠くて聞こえないことや、体が思うように動かないことにイライラしたり、認知機能の低下により性格が変わることがあります。

また、脳の病気の影響で怒りっぽくなることもあります。私の父親の場合は頭部の手術をした後から、今までは気にしていなかった小さなことにも怒るようになりました。

温厚な親がクレーマー気質になっていて辛い・・

温厚だった親が、クレーマーに変わってしまったらツライですよね。どうしてクレーマー気質に変わってしまったのか、理由を探ります。

若い人を見下している

「今の若いもんは…」と、いつの時代も若者は上の世代からの批判を受けるものです。

あなたの親も若い頃は色々言われたはずですが、そのことを忘れてお店の若いスタッフをバカにしているのかもしれません。

子供が独立して、かまってくれる人がいない

友人や趣味がなく子育てが生きがいだったような親は、子供が自立して自分の手から離れることで強い孤独感を感じます。その寂しさを、無意識のうちにクレームで紛らわせている可能性があります。

病気が原因

脳や精神の病気、または大病を患うと、性格が変わってしまうことがあります。

タイトルとURLをコピーしました