PR

子離れできない父親の特徴は?社会人になる子に干渉する親への対処法は?

  • 父親が、子供の話を聞かない
  • 父親の意見を押し付けてくる
  • 干渉しすぎる

こんな、悩みを感じたことはありませんか?

子離れできない父親の子供であれば、誰もが思い当たるのではないでしょうか?父親の過剰な態度は、想像しただけでも辛いですよね。

本記事では、子離れできない父を持つ私の甥っ子が見事に子離れ問題を解決した経験談を、下記のポイントも交えて紹介します。

  • 子離れできない父親の心理は?
  • 社会人になる子に干渉する父親への対処法は?
  • 親を安心させる社会人の行動・言動は?
  • 何歳になっても子離れできない親はいる

 

 

子離れできない父親の特徴は?

1 子供は、親の所有物

父親に共通している点は、理想像を子供に押し付けているところです。息子であれば、更に思いは強くなります。

例えば、息子に「将来の夢は?」と聞くと、「You Tuber」「サッカー選手」と自分のなりたい職業を言ったりします。

親は「そんな職業は、やめなさい!」と否定します。有名大学へ行って、大手企業に入ることを押し付けるのです。

 

2 過干渉

子供がいくつになっても、同じように子供に関わろうとします。子供が大きくなって、問題が起きても子供に解決させるのではなく、父親が解決しようとします。

これでは、子供の自主性は望めません。

子供の意見を無視して父親の強引な意見が、子供の世界に足を踏み込んで来るところが問題ですね。

 

3 過保護

いくつになっても、世話をしたがります。

例えば、高校生の子供の通学時間に合わせて、父親が車で送ったり、お金に不自由しないように必要以上にお金を渡したりします。

「子供に何かあっては、大変だ」という思いが、過剰な世話を生み出します。

 

4 子供の変化を受け入れられない

いつまでも可愛いままでいてほしい、離れないでほしいと強く思うあまり、成長を認めたくないのです。

進学や就職につれて不安になり、子供の意見を無視して父親の意見を押し通し、希望を叶えようとします。

子供に対して「ぬいぐるみ」感覚で接しているのがよくわかります。

 

5 子供の話を聞かない

父親が子供の話を聞かないのは、経験と知識のある親の意見が「正論」と考えているからです。なので、強制的に意見を押し通します。

子供とコミュニケーションが出来ていれば、成長を感じ意見を押し通すことはないのですが、自己中心的な行動は、子供を反発させるだけです。

 

子離れできない父親の心理は?

なぜ、子離れできないの?

理由1 精神的不安定

父親は、仕事で悩みや不安や孤独を感じながら働いている方が、たくさんいます。

不安定な心の支えは、子供の存在です。

子供のために働いてきた父親にとって、大切な存在です。心の不安が大きければ大きいほど子供に執着するする度合いが強くなるからです。

 

理由2 父親が、子供に無関心な親に育てられた

無関心な親に育てられた父親は「子供には、寂しい思いはさせたくない」「愛情を子供に注ぎたい」という思いが強いほど子離れできない事が多いです。

 

理由3 子供以外に興味が持てない

仕事一筋で、働いてきた父親にとって趣味や友人との付き合いも乏しいため、子供に対しての思いは強いです。

そのため、子供に執着しすぎて子離れできなくなるからです。

 

3つの理由で共通している点は、父親自身が満たされてないことです。

心の隙間があるからこそ、欲求を埋めたくなります。もちろん、子供に対して愛があるのが前提です。次第に、子供にのめり込み執着心が生まれて、子離れができなくなります。

 

子離れできない親は、子供のことをどう考えてる?

子離れできない親は、子供に執着しすぎていると言えます。子供の言動を尊重するよりは、父親の言動を優先的に押し付ける傾向にあります。

例えば、子供の外出門限は、他の子供よりも早く設定します。他の子は、19時なら自分の子は17時に設定します。

父親は、子供の安心安全を深く考えていると言えますが、一方的であるところが問題です。

 

過干渉と子離れできないの違いは?

  • 過干渉:一般的な限度を超えて関わること
  • 子離れ:子供の自立を尊重として、親としての干渉をやめること

違いはありません。

なぜなら、子離れできないのは、子供の自立を認めず、親としての干渉をやめられていないからです。

例えば、子供の外出時に「どこへ行くの?」「誰と行くの?」「何時に帰ってくるの?」「送ろうか?迎えに行こうか?」と、いくつになっても必要以上に干渉して自立を認めようとしていない言動ですよね?

つまり、子供の自立を尊重できない父親は、過干渉となり得るということです。

 

社会人になる子に干渉する父親への対処法は?

心の隙間を埋めるための子供の存在は、いくつになろうが父親自身で変えることは難しいです。

重要なのは、子供が視点を変えてあげることです。

 

対処法

親子で始められる趣味を持つ

子供に執着している父親にとっていきなり趣味を持てと言っても持てるものでもありません。親子で趣味を持つことによって、子供から趣味へとシフトチェンジさせる目的があります。

親子で趣味を行うのであれば、ちゃんと子供も一生懸命向き合わなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました