PR

社交的な親の元で育った子供の特長は?内向的な親の場合は?

  • 「社交的な親の元で育つと子供はどうなるのだろう?」
  • 「親の社交性は子供にも影響するの?」
  • 「内向的な子供になっても大丈夫?」

親の社交性は子供に受け継がれるのだろうか、やはり子供は社交的なほうが良いのだろうか、という疑問をお持ちではありませんか?

私は親の内向的な面が影響してそこまで社交的ではないですが、デメリットだけではないなと感じています。

この記事を読めば、親が社交的になった背景も、親の社交性の影響も、簡単かつすぐに理解できますよ。

この記事では以下3つのポイントを解説していきます。

  • 社交的な親、内向的な親の特長は?
  • なぜ社交的、内向的になった?
  • 社交的な親、内向的な親の元で育った子供はどうなる?

5分ほどで読める記事ですが、親の社交性とその影響についての疑問が解決されるはずですよ。

社交的な親の特長は?なぜ社交的になった?

社交的な親の特長として頻繁に他人と合ったり、複数の社会的なグループに所属していることが挙げられます。

社交性があるため、一人で過ごす時間よりも、他人と一緒に過ごす時間が多いのです。

例えば、毎週、会社の人とゴルフに行ったり、ママ友と時間があればお茶会を開いたりして過ごすようなイメージです。

そういった他人と過ごす時間を楽しんでいる人は社交的な親といえます。親が社交的になる背景には子供のころに友達とよく過ごしていたという場合が多いです。

幼少期の対人関係の築き方は、基本的に大人になっても継続しやすいからです。

友達と公園に行ったり、スポーツをしたり、「一緒に遊びに行って楽しむ」という感覚を持っています。その感覚で他人と関わるため、大人になっても他人と過ごすことが多いのです。

社交的な親の元で育った子供はどうなる?

社交的な親の元で育った子供は、影響されて社交的になることが多いです。親の他人とのコミュニケーションをみて真似するように子供は学んでいくからです。

もちろん親との関係だけではなく、学校の友達関係などからも影響されるため、きっかけによって社交的でなくなっていくこともあります。

しかし親と過ごす時間は多く、重要な関係であるため、影響度は大きいといえます。

また、一般的なイメージは子供は社交的に育つほうが良い、というイメージかもしれませんが、メリットとともにデメリットもあります。

メリット

  • 学校や職場、近所の人と人間関係を上手に築くことができる
  • そのため、一緒に楽しんだり、情報交換したり、助けてもらうことができる

デメリット

  • 友達や会社の付き合い、ママ友などとの時間を優先してしまうことがある
  • そのため、重要なことや家族のことをないがしろにしてしまいやすくなる

 

社交的な方は、世渡り上手でいながらも、必要な時には誘いを断れるような断り上手を目指すと良いでしょう。

内向的な親の特長は?なぜ内向的になった?

内向的な親の特長として一人でモノゴトを行ったり、家族とだけよく過ごすことが挙げられます。あまり社交的ではないため、他人との時間よりも、一人で過ごす時間が多いのです。

タイトルとURLをコピーしました