PR

親子(実親)喧嘩が大人になるほど激しくなる理由は?警察沙汰になったらどうする?

  • 高齢になった親と喧嘩が絶えない…
  • 親がいる家に帰るときに嫌な気持ちになる…
  • 仕事中も思い出してしまってイライラする…

自分が大人になってもさまざまな理由で親と同居する状況はありますよね。

同居していて親と仲良く生活することが出来ていない方はいませんか?

私も親と一緒に住んでいますが、よく喧嘩することがあります。

その気まずい雰囲気のまま夕食を取ったり…なんて日もありました。

しかし親子喧嘩の原因や、対処法を知ることによって少しずつ改善していくことが出来ました。

あなたもこの記事を参考に心構えをしたり行動すれば、親との生活もうまくやっていくことが出来ますよ。

[PR]5/31まで50%OFF

 

親子喧嘩が大人になるほど激しくなる理由は?

親子喧嘩は子供が大人になるほど激しくなりやすいです。

理由は大きく下記5つがあります。

 

更年期症状

高齢になるにつれテストステロンが低下し、それよって起きる症状です。

どうしても体がイライラしてしまうものなのです。

 

記憶力や思考力の低下

何度も同じ話をしたり、「知らない!」と突っぱねたりします。

ひどくなると認知症のような症状になっていきます。

 

親子だからこそ心理的に距離が近いため、強い言葉で言ってしまう

親子だと適切な距離が取れず、つい感情的になってしまうものです。

強い言葉を言っても大丈夫だと思ってしまい、売り言葉に買い言葉となってしまいがちです。

 

子供は成長しているのに、親は子供をいつまでも子供だと思っている

親は自分のほうが年齢が高く、経験があるため自分の意見のほうが正しいという思考になりがちです。

 

高齢者は話したい欲求がある

高齢者は会話する頻度が減り、もっと話したいという欲求を持っていることが多いです。

しかし、うまくポジティブな話ができず、目についたネガティブな指摘はすぐに言ってしまう、ということになってしまいます。

 

親子喧嘩を本当はしたくない!原因は?

喧嘩なんて別にしたくないですよね。

親子喧嘩になってしまうよくある原因はだいたい小言である場合が多いです。

具体的に原因を考えてみて心構えをしましょう。

例えば下記の3つです。

 

食事の文句

食事の時に静かな状態でいると、なんだか味が気になってくるようです。

「味付けが薄い・濃い」「もって丁寧に作れ」など、聞き返してもよくわからない抽象的な指摘をしたりします。

 

約束を守らなかったり、嘘をつく

自分が言ったことを守らなかったり、その場だけ取り繕うようなことを言ってやりすごそうとすることがあります。

 

小さい悪口

「あんたはこれができないね」のように目についたところを指摘してきます。

家事の細かいところをネチネチ言うことが多いです。

 

親子喧嘩が激しすぎて警察沙汰になったらどうなる?

タイトルとURLをコピーしました