PR

親との同居解消をスムーズに行う方法完全ガイド!老人ホームの探し方は?

「親と同居を解消したい…」

「でも大反対されたらどうしよう…」

「なんだか突き放しているみたいで罪悪感がある…」

親との生活が合わなかったり、介護状態になってしまったりというときに同居解消したいけどどうしたらよいかわからないという悩みをお持ちではありませんか?

私も介護生活を経験するなかで、同居解消を試みてきました。

実はこの記事で紹介する「老人ホーム一括資料請求サイト」で相談すれば、簡単かつすぐに解決することが可能です。

この記事では以下3つのポイントを解説していきます。

  • 親との同居解消を考える時期や決めておくこと
  • 親の大反対や自分の罪悪感について
  • 親の新居、老人ホームをどのように決めるべきか
[PR]

親との同居解消を考える時は?

親との同居解消を考える時、どのようなきっかけで解消を考えるようになるのでしょうか?

原因として多いのは以下の3つです。

 

親主導の生活

親のペースで生活が進んでおり、自分達のペースで物事を決めることができないとストレスになります。

模様替えしたいけど家具の配置などを変えるとうるさい、外出するときに「いつ帰ってくるの」と聞いてくる、など小さいことが積み重なっていきます。

 

喧嘩が多い

単純に意見が合わないことが多かったり、良いコミュニケーションが取れず冷戦状態のようになったりすると苦痛です。

 

介護が大変になった

親が介護状態になると突然生活が変わります。

そのため、精神的に苦しいという状態になりやすいです。

認知症が入るとより辛くなっていきます。

 

親との同居解消を伝える時期はいつが最適?

親との同居解消を伝える最適な時期は出ていく日の1週間前です。

前日などあまりに直前だと親が納得する時間もないまま出て行くことになり、わだかまりが残りやすいです。

また、出ていくまでの期間が長すぎると、近づく別れのストレスから嫌がらせや無視などをしてしまう可能性が出てくるからです。

親に同居解消を伝える際には賃貸契約などは全て済ませて、固い意志であることも伝えましょう。

そして、「喧嘩が多いことがストレス」など、出ていく原因があれば素直に伝えましょう。

 

例文

お母さんとの毎日の喧嘩で、精神的に苦しいです。お互いのためにもなると思うので家を出ていきます。

もう契約等は住んでいるので、1週間かけて準備して、準備が終わったら出ていきます。

 

親との同居解消で決めておくこと5つ

親との同居解消にあたって決めておくことは、今後の親との関係をどうしていきたいか、から考えるとよいです。

例えば以下の5つです。

家具、家電、ペットはどうするか

親も使っているけど持っていきたい、親は使っていないけど置いていきたい、といったものがあると思います。

何も言わずに持っていくと問題に発展しやすいです。

 

居場所

再度同居したりする可能性があるなら、住所を教えておいたり、いつでも連絡できるように連絡先を教えておきます。

 

金銭面

年金暮らしの親に少し生活資金を出している場合や、あまりないかもしれませんが親から少し支援してもらっている場合です。

生活が懸かっているため大きな問題となりやすいです。注意しましょう。

 

期限

話の流れで期限付きで認めてもらった状況などもあるかと思います。

できる限り長くとるとよいでしょう。

短い期間で約束したのに帰ってこないとなると、「約束が違う!」と激昂してしまいやすいです。

 

会うかどうか、その頻度

月一回は食事に行ったりするか、年末年始などは帰ってくるか、などを決めておかないと基本的には絶縁状態になります。

すると親も「捨てられた」といった気持ちを抱きやすくなり、帰ってもあまりよい待遇は受けられなかったりします。

 

親が同居解消に大反対をしたらどうする?

一定のトーンで冷静に、淡々と説明しましょう。

タイトルとURLをコピーしました