PR

子離れできない親の特徴は?成人になっても干渉するのは母子家庭だから?

  • あなたは、お父さんと同じように一流大学を目指しなさい
  • あなたは、親の言うことを聞いてればいいの!
  • あんな子と遊ぶんじゃない!

親に心無い事を1度は言われたことないですか?「何を理由に、こんな事言うの?」と思うのは、私だけでしょうか?

この記事には、子離れ問題を解決した私の甥っ子と親目線で子離れ問題を私が解説していきます。この記事では、下記ポイントを重点的に解説していきます。

  • 子離れできない親の心理は?
  • 成人になる子に干渉する親への対処法は?
  • 何歳になっても子離れできない親はいる

子離れできない親を知る事で、子供がするべきことがわかります。

 

子離れできない親の特徴は?

1 子供への期待が大きい

親が、叶えられなかった事を子供に強制的に押し付けつけます。

例えば「一流大学へ行けなかった」「行きたかった企業へ行けなかった」から子供には私の夢を叶えてほしい。あるいは、「自分が一流大学、一流企業に行っているから」子供も同じように歩んでほしいと子供が望んでもいないのに、強制的に習い事をさせる親がいます。

親の価値観を子供に強制的に押し付けるところが問題です。

 

2 子供の意見を受け入れない

親は、人生の先輩と都合にいいように解釈し、子供に意見を押し付けますが、子供の意見を聞き入れる意識を持ちません。

例えば、親は、「将来海外でも働けるように、英会話を習いなさい」と言い、子供は「英会話より水泳を習いたい」と話しますが、「水泳より英会話のほうが大切だ!」と聞き入れてもらいません。

子供のためにと思うあまり、子供を尊重することが欠けています。

 

3 親が友人関係を決める

親は、子供の友人のことを把握もしてないのに、「〇〇ちゃんとは、遊んではだめ」「遊ぶなら〇〇ちゃんとにしなさい」と強制的に押し付けます。

例えば、「〇〇ちゃんとは、挨拶ができてないから遊ぶのやめなさい」「〇〇ちゃんは、身なりがだらしがないから遊ぶのやめなさい」と理由をつけて友人関係を決めます。

友人関係を、親が決めることのほうが、将来子供に悪影響を起こす事も、頭に入れる必要があります。

 

4 褒めない

褒めるより、問題を指摘ばかりします。

例えば、親の誕生日に花をプレゼントしたら「きれいなお花だけど、出来たらアクセサリーが良かったな、花は、すぐに枯れちゃうからさ!」と心のない言葉を浴びせます。

子供への思いやりすらありません。

 

5 子供の恋人に対して敵対視する

親は、子供に対して執着心や支配力が非常に強いです。他人に子供を取られたくない、感情に溢れています。

例えば、子供が恋人を紹介しても親は「あの子は、やめたほうがいいんじゃない?愛想悪いし、下ばっか向いて喋らないし」と否定します。

親は、子供が離れていくのを嫌うので、どんな恋人でも否定します。

 

子離れできない親の心理は?

なぜ子離れできないのか?

子離れできない理由は、親が精神的に不安定だからです。

例えば、父親は、仕事や経済的な事や将来のことで不安を感じているが、その不安を埋める事が出来ません。

そこで、身近で大切な存在である子供をより所とします。

父親自身の不安が払拭されないので、子供への執着が続き子離れできない状況になるのです。

子離れできないもう1つの大きな理由は、過去に父親が成し遂げられなかった事を子供に叶えさせようとするところです。

叶えるために必要なことは、全て子供にやらせます。

子供の都合は、二の次なので子供にとっては、「やりたくない」「うざい」「めんどくさい」と何のためにやってるのかがわからず、父親子供を支配し子離れとは無縁になっていくのです。

母親は、子供の将来や私生活の過度な世話で子離れできないのです。

母親自身の不安より、子供に対しての不安が大きく不自由の無いように過度に接してしまうのが特徴です。

例えば、学校生活で「いじめられてる」「友達はいるのか?」「授業は、しっかり聞けてるのか?」など過剰な不安を覚える母親は、週に2〜3回は学校に電話をして担任の先生に聞いたりしています。

また、子供が遊びに行くときも、誰とどこへ何時までに帰るかを聞くのですが、それでは耐えられず、子供の後をついて行って、行動をチェックするのです。

子供に対する過度な行動は、子供がいくつになってもおさまることを知りません。

 

子供のことをどう考えてる?

父親も母親も、考えていることは、一緒です。

「子供のため」です。

子供の人生を弊害がないように、手助けしたいという気持ちでいっぱいです。そこには、「愛情」があるのですが、注ぎ方が不慣れな親が多いのです。

例えば、ニュースで子供が、「親の過度な行動が理由にカッとなって暴力を振るった」なんて話よく聞きます。

親からすれば、「子供のためにと思って言った(行った)」と言いますが、果たして子供のためになっているのでしょうか?

どこの親でも、子供を大事にしたいのは一緒ですが、接し方を考えないと子供は、幸せになりません。

 

過干渉と子離れできないの違いは?

  • 過干渉:一般的な限度を超えて関わること
  • 子離れ:子供の自立を尊重として、親としての干渉をやめること

違いはありません。

なぜなら、子離れできないのは、子供の自立を認めず、親としての干渉をやめられていないからです。

例えば、子供の外出時に「どこへ行くの?」「誰と行くの?」「何時に帰ってくるの?」「送ろうか?迎えに行こうか?」と、いくつになっても必要以上に干渉して自立を認めようとしていない言動ですよね?

つまり、子供の自立を尊重できない父親は、過干渉となり得るということです。

 

成人になる子に干渉する親への対処法は?

親の干渉は、対処を行っても100%なくなるわけではありません。徐々に「干渉」を減らしていきながら、「交流」を深めていきます。

なぜ、干渉をやめさせたいのに、交流するのかわかりますか?

親は、不安や期待を持って、子供に接しています。

いきなり、「干渉してくるな!ほんと、うざいんだよ!話しかけてくるな!」と言われたら親はどう思いますか?大事な存在から言われるほど、辛いことはありません。

親の気持ちを包丁でバッサリ切るようなことはしたくはないですよね?

だから、交流が必要なんです。

タイトルとURLをコピーしました