PR

親子喧嘩が大人になってから増えた!原因5選と対処法は?

子供の頃の親子喧嘩とは違って、大人になってからの親子喧嘩は仲直りするのが難しいことも多いですよね!?

良い大人になってまで親と喧嘩するなんて…と悩んではいませんか。

実は、大人になってから親子喧嘩が増えてしまうことはけっこう多いのです。それは、子供の頃とは違って「親が正しい」という絶対的な力関係が無くなってしまったから。

お互い謝るタイミングや謝り方がわからずに、長期戦になってしまうことも少なくありません。

本記事では、

  • 大人の親子喧嘩の原因5選
  • 親子喧嘩をした後に仲直りする方法
  • 親子喧嘩を避ける方法

をご紹介します。

10分以内で読めるボリュームなので、是非参考にしてみてください。それではさっそく始めていきましょう。

 

親子喧嘩が大人になって増えた原因5選!

大人になってからの親子喧嘩では、どのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか。

ここでは5つの例をもとにご紹介します。

 

その1:親の愚痴が増えた

父が定年退職して以来、母はストレスが溜まることが多いようで、よくわたしに愚痴を言うようになってきました。普段は「はい、はい」と聞き流すことができるのですが、わたしも仕事や家事で疲れている時はつい言い返してしまい、喧嘩になることがあります。

明らかに母の考え方が間違っているので指摘すると、「あんたにそんなこと言われたくない」と怒り出してしまいます。

その2:親が子育てについて口出ししてくる

わたしの両親(特に母)は子育てに関して色々と意見を言ってきます。息子を公立の中学校に進学させることにしましたが、お金なら出してあげるから○○中学校にするべきだと言ってきました。夫婦で話し合って決めたことだからと言っても納得していない様子で、ぐちぐちと意見を言ってきます。

この子の親はわたし達なので、子育てに関してあまり口を挟まないでほしいものです。

その3:価値観の違い

わたしの親はいわゆる「古風」な人間です。わたし達夫婦は共働きなので、家事は手を抜けるところは抜こうというスタイルでやっています。しかし、例えばネットスーパーで炒めるだけの食材セットを買うと、「そんなのは手抜きだ」と非難してくるので、ついつい言い返して喧嘩になってしまいます。

親の時代と違って、今の時代は便利なサービスがたくさんあるのだから、それを利用することの何がいけないのか理解できません。そもそも専業主婦だった母に共働きの大変さはわからないと思います。

その4:親がいつまでも子供扱いをしてくる

わたしの母はわたしのことをいつまでも子供だと思っているのか、明らかにわたしが正しいことを言っても、母の知らないことだとそれを正しいと認めません。わたしがネットで仕入れた料理や掃除のコツを教えてあげても、「そんなのは正しいやり方じゃない」と言って取り合ってくれません。いつまでも認めていないような気になるので、わたしも不機嫌になってしまい、いつも喧嘩になってしまいます。

その5:歳を取って頑固になってきた

わたしの父は母が他界してから一人で生活しています。電車で1時間くらいのところに住んでいるのでなるべく様子を見に行くようにしているのですが、だんだん頑固になってきている気がします。今までよりも些細なことで怒ったり不機嫌になってしまったりするので、この年になって親子喧嘩が増えてきました。だからといって様子を見に行くのをやめるわけにはいかないので、父の家に行くのが最近ストレスです。

親子喧嘩をしたあと仲直りをする方法は?

親子喧嘩をする背景として、親にとってはいつまでもあなたは子供であること、あなたを心配するあまりの発言であることが根底にあります。そのため、親から謝ってもらうことは期待しない方がいいでしょう。

親子という近しい間柄であれば、喧嘩をすることはなにも特別なことでもいけないことでもありません。時間を少し置いて、冷静になる時間を作りましょう。

親心から来る発言だと自分を納得させられたり、親の言い分にももっともな部分もあったと納得できたりするはずです。

どうしても気持ちの整理がつかない場合や絶対に許しがたい場合には、自分が納得できないポイントをはっきりさせてください。全体的に親を非難するのではなく、「○○はわかるけど、○○はわたしはこう思うから賛同できない」というような伝え方をすると角が立ちにくいです。

タイトルとURLをコピーしました