PR

嫁の愚痴ばかりの姑!何が不満なの?聞こえるように言う心理は?

  • 「結婚して数年たつのに、姑からの愚痴がいまだにひどい」
  • 「姑から色々いわれているのに、旦那がかばってくれない」
  • 「姑の暴言にも、かばってくれない旦那にも疲れた…離婚したい」

この記事を読んでくださっているあなたも、このように思ったことはありませんか?

私にも姑からの愚痴や暴言が原因で、離婚した友人がいます。

なかには「たかが愚痴ぐらいで」という人もいますが、顔をあわすたびに自分への愚痴をいわれ、この先もそれが続くと思うと憂鬱になってしまいます。

夫に伝えても、姑にやめさせてくれる行動はとってくれず…。

そんな状態なら、離婚の文字が頭をよぎるのも仕方ありません。

そこで今回は以下6つのポイントを動画や実際に実践をした方の体験談を交えて解説していきます。

  • 嫁の愚痴ばかりの姑!何が不満なの?
  • 嫁への愚痴を聞こえるように言うのはなぜ?心理は?
  • 姑の愚痴をやめさせたい!効果的な対応策は?
  • 姑の愚痴に対しての夫の態度が許せない!
  • 姑の愚痴・暴言が年々ひどくなる!離婚の理由になる?
  • 姑の愚痴へのストレス解消法3選
[PR]5/31まで50%OFF

記事に書いてあることを実践すれば、愚痴ばかりの姑に悩まされることもなくなります。

それではさっそく解説していきますね。 

 

嫁の愚痴ばかりの姑!何が不満なの?

愚痴ばかりいってくる姑は、嫁の何が不満なのでしょうか。

姑目線からみた、愚痴をいいたくなる嫁の行動や言動を5つ紹介していきます。

 

嫁に実家が一番といわれた

息子夫婦が近距離に住んでいることもあり、働いている嫁にかわって孫の保育園の送り迎えや、晩御飯のたしになればとおかずを作って持っていったりしていました。

自分ではかなり協力しているつもりでしたが、親戚一同があつまったときに「実家が一番たよりになる」と堂々といっていてかなりショック。

いろいろしてあげたことに感謝していないのか!?とイライラしてしまいました。

 

何日も泊っていくのに、手土産もない

遠方に住む息子夫婦は、年末などの長期休みに3~5日泊まりにきてくれるのですが、手土産をもってくることがほとんどありません。

もちろん自宅での食費や外食費用などもこちらが出しています。

泊まっているあいだの滞在費を請求するつもりなんてないのですが、手土産にはこれからお世話になるという気持ちも含まれていると思うので、そういう姿勢くらいはみせるようにして欲しいです。

 

お客様なの!?と思うくらい、何もしない

同じ県内に住む息子夫婦は、1~2ヶ月に1回くらいの頻度で食事を食べにきたり、泊まったりしていきます。

遊びにきてくれるのは嬉しいのですが、嫁がとにかく何もしてくれません。

お風呂に入りたいといってくるのにお風呂をわかす手伝いもなく、食事のあとの後片づけすらしません。

とにかくこちらからなにかいわない限りしてくれないので、帰った後はどっと疲れてしまいます。

孫や息子には会いたいけど、お客様感覚でまったく動かない嫁がくるなら遊びにくる頻度を減らしてほしいのが本音です。

 

たまにしか来ないのに、台所を仕切る

年末に帰省してきたので、嫁がお正月のおせち作りの手伝いを申しでてくれました。

手伝ってくれるのはいいのですが、調理師免許をもっている嫁がいちいち私に指示をだしてきます。

いくら調理師免許があっても、私もおせち作りは何十年になるベテラン。

さすがに仕切られ指示まで出される筋合いはありません。

いろいろ手伝いをしてくれる嫁ではあるのですが、配慮がたりない部分が多くて疲れます。

 

地域の集まりなどにまったく参加してくれない

田舎なので、集まりが頻繁にあったりイベントごとに役がまわってきたりしますが、同居している嫁がまったく参加してくれません。

嫁の実家では集まったりすることがほとんどなかったことと、「いまどきそんなに集まるなんて時代にあってない」というのが理由です。

嫁のいうことも一理ありますから、全部参加しろとはいいません。

しかし嫁いできた以上、せめて年末年始などの大事な行事だけは参加してほしいと伝えても、参加する気配がなくて困っています。 

 

嫁への愚痴を聞こえるように言うのはなぜ?心理は?

どういう心理で聞こえるように言うの?

直接いうと反論される可能性があるから、ひとりごとのような話しかたで聞こえるように愚痴をいってきます。

姑には何年もその家や土地でうまくやってきた実績と自信があり、嫁は自分のアドバイスどおりにすればよい!という感情があります。

自分の考えと違う場合はとくに、やっぱり自分が正しい、こうするべき!という感情を抑えることができないことが多く、結果愚痴をいうことに繋がります。

「自分のいうとおりにしてほしい」という心理があるので、聞こえるように愚痴をいってくるのです。

 

姑の愚痴をやめさせたい!効果的な対応策は?

これから先も顔をあわせるたびに姑から愚痴をいわれるなんて、考えただけでうんざりしますよね。

ここでは、姑の愚痴をやめさせる対応策を3つ紹介していきます。

愚痴をうまく切り返していく

相手の愚痴には感情的にならず、冷静にきりかえしていくことが大事。

感情的になってしまうと、相手も逆上してしまうからです。

切り返しかたの例はこちらの動画を参考にしてみてください。

“オウム返し” “ユーモアで返す” “強制的におわらせる” “あえて褒める” 姑にとって一番効果的だと思う切り返しかたをためしてみましょう。

「何をいってもうまく切り返してくるから意味がない」と思わせることができれば、愚痴をやめてくれる可能性があります。

 

旦那や義姉などをつうじて、姑にやめてほしいと伝えてもらう

姑にとって自分の子供である旦那や義姉からの注意なら、きちんと聞いてくれる可能性がたかいです。

姑に注意してもらうようお願いしてみましょう。

とくに同じ嫁の立場である義姉や義妹から「私が姑にいわれたら嫌じゃないの?」といってもらうのが効果的。

自分の子供が愚痴をいわれて嫌だと思わない親はいません。

姑が愚痴をやめてくれない時は、旦那や旦那の兄弟に相談してみることが大切です。

義姉などの兄弟がいない場合は、しっかり旦那に動いてほしいところ。

話をまともにきかず、動いてくれない旦那だった場合は、次項の「姑の愚痴に対しての夫の態度が許せない!」に対処法を載せているので、ぜひ参考にしてください。

 

距離をとる

どれだけ注意しても愚痴をやめてくれない場合は、姑から距離をとっていくことが大事。

接触する機会を減らして、姑が自分に対して愚痴をいえない状況にしてしまいましょう。

同居だと簡単にはいかない場合もありますが、別居も視野にいれる必要があります。

愚痴をやめない姑は「愚痴をいったからといって嫁がなにかしてくるわけでもない」という心理があります。

愚痴をやめないことで、息子夫婦から連絡が少なくなった、嫁が実家にこなくなったと自覚させることが大切

実際に姑と距離をとっている人は、このようにたくさんいます。

タイトルとURLをコピーしました