PR

仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!いつから仲悪くなった?修復は?

  • 「仲良し親子が羨ましい!」
  • 「なぜ自分は親子の仲が悪いんだろう…」
  • 「できることなら親子関係を変えたい!」

どうして友達は親子の仲が良いのだろうか、仲悪い親子関係を修復する方法はないのだろうか…という悩みをお持ちではありませんか?

私の家庭でも昔は毎日のように言い合いをしていました。

今ではお互いに落ち着き、普通に話せますし、ちょっとした買い物くらいは一緒に行ったりします。

この記事を読めば、親子の仲が悪くなる理由も、親子関係を修復する方法も、簡単かつすぐに理解できますよ。

この記事では以下3つのポイントを解説していきます。

  • 仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!
  • 親子仲が良い・悪くなるのはなぜ?原因は?
  • 仲悪い親子関係を修復するには?

5分ほどで読める記事ですが、親子の仲が悪くなる理由も、親子関係を修復したい悩みも解決されるはずですよ。

 

仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!その1:親子の会話がすごく盛り上がった話を聞いたとき

「昨日、親と話が盛り上がってめっちゃ楽しかった」という話を聞いたら、親と友達のように話せるのかと思いますよね。

親と仲良く友達みたいに話したり、一緒に大笑いしたことなんてないな…と感じてしまいます。

仲が悪いと軽い口げんかになったり、まず会話を避けることが多いですよね。

 

仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!その2:親へのプレゼントを相談されたとき

 「親への誕生日プレゼントや結婚記念日の贈り物を考えているんだけど、何がいいかな?」と聞かれたら、良い親だから大切にしているんだな…とそんな関係だったらな、と思ってしまいますよね。

親にプレゼントしたり、家族で祝おうとなったことがないな、と感じてしまいます。

仲の悪い親だと、なぜそんな贈り物なんてしなければならないのかという気持ちになったり、喜ぶどころか迷惑だといわれかねません。

 

仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!その3:休日に親と遊びに行ったり、買い物に行っているのを見たとき

「今週末、親と買い物行くんだよね」と言われたら、仲良しな良い関係だなと思いますよね。

親と一緒に遊びに行ったのは子供のころだけだったな、買い物さえ一緒に行かなくなったなと感じてしまいます。

仲の悪い親に遊びに行こうと誘っても一蹴されるだけでしょうし、買い物もなんで一緒に行く必要があるんだと断られ、誘った自分が傷つきそうなので言えませんよね。

 

仲良し親子が羨ましいと感じる瞬間5選!その4:実家に帰省するのを楽しみにしているのを見たとき

「年末やお盆はじかに帰りたいなー」と言っていたら、その人にとっては実家は安心するような場所なんだな、とうらやましくなりますよね。

一緒に料理したり、食事しながら最近の出来事を話したりできるような親がいる実家だったら帰省できる日が楽しみだろうなと感じてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました