PR

ボケ防止になる70代の親へのプレゼント5選!認知症の兆候と初動対応は?

子どもにとって親はいつまでも元気でいて欲しいものですが、気がつけばもう70代に。

健康状態を気にする年齢であり、特に認知症が心配です。

あなたも「親がボケたらどうしよう…」と不安になったことはありませんか?実はボケや認知症はある程度予防できるのです。

この記事ではボケ防止になるグッズ、認知症の兆候や対応などをご紹介します。

ボケ防止のプレゼントを贈って親の認知症を防ぎましょう!

[PR]5/31まで50%OFF

 

ボケ防止になる70代の親へのプレゼント5選!その1:ジグソーパズル

まずはジグソーパズルです。

ジグソーパズルには認知症の予防になる要素がたくさんあります。

ジグソーパズルはバラバラになった一つの絵を自分の手でもう一度組み立てなおすというもの。

「このピースはどこだろう?」と頭で考えながら小さなピースを指ではめていく、という動作を繰り返します。

頭で考える、指で作業するのは脳が活性化して認知症の予防にたいへん効果的です。

完成させることで達成感が得られますがこれも認知症の予防に有効です。

また、完成品を飾ればちょっとした絵として目で楽しめます。

趣味を楽しむ人は認知症になりにくい傾向があるため、ご両親の趣味にちなんだ絵柄のパズルなどもいいかもしれませんね。

あまりピース数が多いと挫折する可能性があるので、ジグソーパズル初心者の人なら108ピースから始めるのがオススメです。

私の祖母はジグソーパズルが好きで、家に行くといつも完成品や作りかけがありました。

90歳くらいで亡くなりましたがボケることなく最後まで頭はしっかりしていましたよ!

 

ボケ防止になる70代の親へのプレゼント5選!その2:歩数計

運動する習慣がある人は認知症の発症率が低いと言われています。

高齢の方がいきなり運動を始めるのはなかなか難しいですが、そんなときは特別な道具も不要で気軽にできるウォーキングがオススメです。

ウォーキングは脳の動きや血流が活性化する成分が分泌されるため認知症予防に効果アリ!

ある調査では「1日5,000歩以上の早歩きを7.5分以上している人に認知症の発症者はほぼいなかった」という結果が出ているほどウォーキングの効果は絶大です。

しかし、やりすぎは禁物!かえってケガや病気の原因になってしまいます。

昔「1日1万歩」なんて言葉がありましたが、実はそれは歩きすぎとのこと。

1日5,000~8,000歩くらいで十分です。

本人の負担にならない範囲で歩きましょう。

また、歩く速度は普通に歩くよりもやや速めがよいとされています。

目安としてはなんとか会話できる程度の速さです。

足に力を入れて気持ち大股で歩くと効果的です。

ただ歩くだけでもいいですが、地図を頼りに行ったことのない場所を歩いてみたり、カメラで道中の植物を写真に撮ってみたり…といった “何かをしながら歩く” ことでさらに認知症予防の効果が高まります。

 

ボケ防止になる70代の親へのプレゼント5選!その3:緑茶

緑茶を飲むのも効果的な認知症予防になります。

そもそも認知症は脳神経細胞の死滅や減少が原因で発症するものです。

お茶類に含まれるカテキンという成分は脳神経細胞を保護・修復する効果があり、緑茶に含まれるテアニンという成分は脳神経細胞の死滅を抑える働きがあることが研究で明らかになっています。

したがって緑茶を1日1杯飲む人は全く飲まない人より認知症になるリスクが低いと言われています。

 

ボケ防止になる70代の親へのプレゼント5選!その4:音楽プレーヤー

音楽プレーヤーを贈ってご両親が昔好きだった懐かしの曲を聴いてもらうのもオススメです。

つらいときに子どもの頃や学生時代を思い出して“ああ、あの頃は楽しかったな”なんて思い出に浸ることってありませんか?

タイトルとURLをコピーしました