親同士の喧嘩がうざい!超ストレス!原因と対処法は?

  • 親同士の喧嘩が止まらない!
  • 喧嘩ばかりでこちらもイライラしてくる!
  • いやな気持ちになるから家に帰りたくない…

親同士が喧嘩していると、自分は関係なくてもすごく嫌な気持ちになりますよね…

頻繁に喧嘩していて、止めに入る気も起きない…と悩んでいませんか?

私も親同士の喧嘩でイライラした生活をしていたことがあります。

しかし、それは喧嘩をしなくなる予防策などを知らなかったからでした。

この記事を参考に改善していき、みんなで仲良く生活できるようになってくださいね。

親同士の喧嘩がうざい!超ストレス!

親同士の喧嘩は当事者以外もイライラさせますよね。

なぜ喧嘩をしてしまうのでしょうか?

原因は大きく5つです。

言葉遣いが気に食わない

「興味ない」「どうでもいい」というような言葉や無関心な態度に対してカチンと来ることも多いです。

生活態度

脱いだ服を適当に放っていたり、食後の食器をそのままにしていたり、生活態度の指摘から始まることも多いです。

無駄遣い

生活態度とも似ていますが、水や電気を無駄遣いしていると節約家からするとどうしても気になってしまいます。

コミュニケーション不足

普段の会話時の気づかいもそうですが、記念日などのイベント時も何もせず、相手を大切にしていないと関係が改善していきません。

ストレスのはけ口がない

出かけることが少なくなると喧嘩のストレスを解消する方法もなくなってしまいます。

すると常にイライラしてしまい、一触即発の状態になってしまいます。

老齢になって喧嘩の頻度が多くなった気がする

老齢になると以前より喧嘩の頻度が増えることがあります。

その原因は3つあります。

更年期症状

高齢になるにつれテストステロンが低下し、それよって起きる症状です。

男性にも起きますが、特に女性に多く、精神的にイライラすることが多くなってしまいます。

記憶力の低下

同じ愚痴を何度も言ったり、約束を守ってくれなかったり、そういうことが喧嘩の原因になってしまうことも多いです。

ひどくなると認知症のような症状になり、ちゃんとしたコミュニケーションが取れなくなってしまうこともあります。

高齢者は話したい欲求がある

高齢になるほど家にいることが多くなり、会話する頻度が減っています。

そのため、もっと話したいと思っている人が多いです。

しかし、更年期など他の原因からイライラしてしまい、ネガティブな発言や悪口のような言葉多くなってしまったりします。

親同士の喧嘩が激しすぎて警察沙汰になったらどうなる?

近隣の家が近かったりマンションだったりする場合は通報されることもあります。

警官が来ますが、ちょっとした口論や取っ組み合いでケガをしていなければ、家の玄関での事情聴取で済むことが多いです。

喧嘩でイライラしているとは思いますが、警察に説明するときは喧嘩の経緯をていねいに真摯に説明するようにしましょう。

もし、モノの投げ合いなどをしてケガをしている場合は逮捕となることがあります。

特に第三者から見える流血などのケガがあると逮捕の可能性が高まります。

警察署に連行され、改めて事情聴取となります。

その際にも警察の方には真摯に対応するようにしてください。

また、そのようにケガをしそうな喧嘩に発展しそうだと気づいた時点で、お互いに落ち着くことを最優先にしたほうが良いでしょう。

もう無理!?親同士が喧嘩をしなくなるには?

どのようにすれば親同士で喧嘩をしなくて済むのでしょうか?

親同士喧嘩の予防策があれば知りたいですよね。

すぐには解決しませんが、第三者であるあなたが主導となって実践できる予防策を3つ挙げます。

少しずつポジティブな関係になるように努力してみてください。

あいさつをする

家族であいさつをしない家庭もあるようですが、あいさつは大事なコミュニケーションです。

「あいさつしても意味がない」と思うのではなく、ポジティブな言葉(少なくともネガティブでない言葉)を使ってコミュニケーションをすることで関係を改善していくことを心掛けてください。

記念日などに紐づけてイベントを起こす

結婚記念日なり、母の日・父の日なり、そういった特別な日にイベントを起こしてみましょう。

ちょっとした旅行でも良いですし、お金がなければ安めの花や造花を贈っても良いです。

良い点を褒める

毎日家事を頑張っていれば褒め、趣味に没頭しているなら素敵だと伝えてみましょう。

ポジティブな言葉を増やしていくことが重要です。

子供から熟年離婚をすすめるのはアリ?

長年の溝が埋まらず、あまりにも喧嘩が絶えないというような家庭もあるかと思います。

そういった場合は子供から熟年離婚を提案するのも選択肢の一つです。

一般に熟年離婚となる原因を3つ挙げますので参考にして熟年離婚を提案するかどうか考えてみてください。

新しいパートナーが見つかった

不倫だったり、共通の趣味などから出会った人と相性が良かったパターンです。

とにかくパートナーと離れたいと思っていると他に気持ちが離れやすいです。

肉体的、精神的な暴力

先ほどの警察沙汰になるような暴力・喧嘩が増えてきたら非常に危険です。

大きなケガをしないうちに熟年離婚をするのが安全です。

どうしても合わない

几帳面すぎる人と性格が合わない、ギャンブル・酒などの浪費癖が認められない、などどうしても合わないことがあります。

離婚したあとにお互いの生活をどうするかしっかり検討、準備してから提案すると良いでしょう。

片方の親だけ別居をすすめるのはアリ?

すぐに離婚は考えられないという場合もありますよね。

経済的に不安だったり、他の人間関係もかかわってきますし、なかなか踏み出せない家庭もあると思います。

その場合は片方の親だけ別居をすすめる選択肢もアリです。

「毎日喧嘩するのが大変だから一旦距離を置く」

と一時的なものであると説明したり、

「あなたも落ち着いて考える時間を取ってほしい」

と相手のことを話に出して一方的なものではないというイメージで切り出すと認められやすいでしょう。

ポイントまとめ!

 

1.親同士の喧嘩がうざい!超ストレス!

  • 言葉遣いや生活態度などが喧嘩の原因
  • コミュニケーション不足やストレスのはけ口がないから改善に向かわない

2.老齢になって喧嘩の頻度が多くなった気がする

  • 更年期症状や記憶力の低下からイライラしてしまう
  • イライラ+話したい欲求でネガティブなコミュニケーションになってしまう

3.親同士の喧嘩が激しすぎて警察沙汰になったらどうなる?

  • ケガをしていなければ、家の玄関での事情聴取で済むが、流血などのケガがあると逮捕の可能性が高まる
  • ケガをしそうな喧嘩に発展しそうなら落ち着くことを最優先

4.もう無理!?親同士が喧嘩をしなくなるには?

  • あいさつや良い点を褒めるようなポジティブな言葉を増やす
  • 記念日などにイベントを起こす

5.子供から熟年離婚をすすめるのはアリ?

  • 熟年離婚の一般な原因はパートナーと合わないことや、新しいパートナーが見つかった場合
  • 肉体的、精神的な暴力はケガする前に熟年離婚をすすめると良い

6.片方の親だけ別居をすすめるのはアリ?

  • すぐに離婚は考えられないという場合はアリ
  • 一時的なものである、一方的なものではないというイメージで切り出す

親の喧嘩は本当に聞きたくないですよね。

家だと逃げる場所がなく、うまく止められもせず、非常に窮屈な気持ちになると思います。

だた、それは親も同じだと思います。

第三者からの介入で関係が改善していくことを本心では願っているのではないでしょうか?

あなたの行動で2人の関係がよりよくなっていくことを祈っています。

まずは別居を考えてみようかな、と思っている方は「シニアのあんしん相談室」に相談されるのが良いと思います。

過去累計の相談件数は60,000件にのぼり、約15年間の実績で信頼されているサービスです。

無料で、電話でもwebでも簡単に相談できるので一度相談してみてくださいね。

老人ホーム・介護施設の見学予約・資料請求・空室案内・入居相談の総合窓口- シニアのあんしん相談室|老人ホーム案内
全国の老人ホーム・介護施設の入居相談窓口。4,909施設を掲載中。見学予約、資料請求、空室確認はもちろん、施設の評判や、失敗しない老人ホーム選びのポイントなど、わからないことは何でもご相談ください。入居相談窓口は【0120-020-945】。ご利用はすべて無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました