PR

介護施設入居者同士のトラブル事例5選と解決策は?

40歳を超えてくるとそろそろ親の介護問題が目の前の年代ですね。

すでに介護施設のお世話になっている方もいるでしょう。

どの介護施設も職員や他の入居者との共同生活ですから、全てが自分の思い通りにはいきません。介護施設では高齢者ならではのトラブルが発生することがあります。

  • お世話になっている老人ホームではどうも親と仲の悪い入居者がいて困っている。
  • 入居者の悪い噂を聞いた。
  • なんだか親の様子が以前と違う。

など、入居者とのトラブルで困っていますか?

一体どんなトラブルに巻き込まれているのでしょう。

解決するにはどうすれば?

相談できるところはあるの?

そんな入居者トラブル事例とその解決策を考えてみました!

介護施設入居者同士のトラブル5選 その1:騒音

生活にまつわる音がうるさい事でトラブルになります。

耳が遠くなってしまったお年寄りは、

  • 話し声が大きい
  • TV・ラジオのボリュームが大きい

など健常な方にとっては耳障りでトラブルに発展します。

また

  • ドアの開け閉め
  • 足音

などでも相性の合わない人の行動だと、大したことのない音までも気に障り、不満を持ったり持たれたりすることもあるでしょう。

介護施設入居者同士のトラブル5選 その2:いじめ

老人ホームでもいじめはあります。

さまざまな人が入居している老人ホーム。年齢に関係なく、人が共同生活をしているといじめが発生します。

  • 陰口を叩かれる
  • 仲間外れにされる
  • 悪い噂話を流される
  • 無視

歳をとってがんこになり、他人を寛容する気持ちが減ってしまったり、ストレスの発散をいじめで表現していたりする場合もあります。

介護施設入居者同士のトラブル5選 その3:恋愛

老人ホーム内での恋愛に関するトラブルもあります。

独り身になってから入居する場合が多い老人ホームでは、入居者同士の恋愛も珍しい話ではありません。元気なお年寄りが多い有料老人ホームなどでは部屋は別でも食事やレクリエーションなどは共同ですから、親密度も上がります。そこでは学生時代のような恋愛トラブルになる事もあります。

  • 三角関係
  • ストーカー
  • セクハラ

など、老人だから恋愛感情や性欲が薄いなどと考えてはいけません。

元気なお年寄りには当たり前の感情だと考えることが必要です。ただ、本人同士の愛情がたかまることで、籍を入れたいとなったときには相続問題も絡みますので、注意しなければなりません。

しかしながら、恋愛そのものは高齢者にも心の安定につながることですので皆に祝福されるような恋愛ならば、いいことなのではないでしょうか?

介護施設入居者同士のトラブル5選 その4:暴力・暴言

暴力ふるったり、暴言を吐いたりするトラブルがあります。

入居者に向けての場合もありますし、職員に向けての場合もありますが、その多くは認知症が原因であることが多いです。感情のコントロールが難しくなったことが暴力・暴言につながります。

もちろん認知症によるものではなく、個人間のけんかなどから発展する事もあるので、職員や周囲の方とのコミュニケーションからその原因を探しましょう。「これ出来ますか?」など他意のない些細な一言から気を悪くして….などがきっかけになるなど、想像もつかないような場合もあります。

介護施設入居者同士のトラブル5選 その5:侵入・窃盗

他の入居者の部屋への侵入や窃盗が起こることがあります。

タイトルとURLをコピーしました