PR

病気平癒のご利益がある関東の神社3選!お参りの作法や料金は?

大切な人といつまでも健康で楽しくくらすために、あなたは何をしますか?

日々、健康への気遣いはもちろん、神社へご祈祷に向かう方もいるのではないでしょうか。神社のご祈祷には “病気平癒” という、病気の回復を祈るものがあります。

全国ある神社の中には、「ご祈祷をして持病がよくなった」「お守りを手にして病気をしなくなった」と噂される場所もあるほどです。

しかし、ご祈祷は誰もが頻繁にするわけではないため、どこに行けばいいのか、どのような手順を追えばいいのか分からない方もいると思います。

今回の記事では、

  • 病気平癒のご祈祷を受けたいけど、どこの神社が良いのか分からない。
  • ご祈祷が初めてで、作法やマナーが分からない。

という方に、「病気平癒のご利益がある関東の神社3選と、ご祈祷を受ける場合の作法」について解説します!

病気平癒のご利益がある関東の神社3選!その1: 医薬祖神 五條天神社

上野公園 神社 医薬祖神 五條天神社|上野・浅草ガイドネット
...

病気平癒のご利益がある神社一つ目は、東京都台東区の上野公園に鎮座する五條天神社です。

五條天神社には、病気平癒や健康祈願の神様である“医薬祖神”を祀っています。

相殿には菅原道真公がお祀りされているため、医療関係の受験や医療従事者もよく訪れるそうです。

そんな五條天神社には、一体どんな歴史があるのでしょうか⁉

五條天神社のルーツやご利益の情報を、参拝者の口コミと共に紹介していきます!

五條天神社の魅力とは⁉歴史やご利益、参拝者の口コミを紹介‼

五條天神社の概要は、以下のようになります。

  • 住所・・・〒110-0007 東京都台東区上野公園4−17
  • 電話・・・03-3821-4306
  • 社務所の受付時間・・・午前9時~午後17時まで
  • 御祭神・・・大己貴命(おおなむじのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)
  • 相殿 ・・・菅原道真公(すがわらみちざねこう)
  • ご利益・・・無病息災、病気平癒、延命長寿

五條天神社は、上野駅公園口下車から、徒歩3分ほどで辿り着くことができます。

その由緒は古く、約1890年前に第十二代景行天皇の御代日本武尊(やまとたけるのみこと)が、東夷征伐のために“上野忍が岡”を通りました。

そこで、薬祖神の大神に御加護を頂いた事を感謝し、両神をお祀りしたそうです。

御祭神である大己貴命、少彦名命は、日本書記や古事記の中で、日本に医薬を広めたと言われています。医薬の始祖であると考えると、その歴史が大変深く、尊いものであることを伺えますね。

五條天神社では、毎月10日に「医薬祭」という“病気平癒のためのご祈祷”が執り行われます。

また、毎日早朝には前日までに申し込みをした方の紙人形を神前に供え、無病健康の祈願をしてくれるのだそうです。

参列は必要なく、直接神社を訪ねて受付をし、人形に住所や名前を記載したうえでお供えすれば完了です。

「健康祈祷」の初穂料は、ご祈祷のみの場合が2,000円。お札かお守り付きでは3,000円です。

冒頭でお話ししたように、相殿では“学問の神様、菅原道真公”が祀られています。そして、兼務社の花園稲荷神社では“縁結び”“商売繁盛”など多くのご利益を頂けます。

もし、健康はもちろん、学問や恋愛でもお祈りをしてみたいという方は、五條天神社を訪れてみてはどうでしょうか?

病気平癒のご利益がある神社3選!その2:横浜御嶽神社

【公式】横浜御嶽神社
...

病気平癒のご利益がある神社二つ目は、神奈川県横浜に鎮座する横浜御嶽神社です。

横浜御嶽神社は、市内で唯一、木曽御嶽山の神々をお祀りしている神社です。また、現代には珍しく神仏習合を伝えている神社でもあります。

「ここで護摩焚きを受け、難病が治った」という噂もあり、遠方から参拝に来られる方も多いのだとか……。

そんな横浜御嶽神社では、一体どんなご祈祷が行われているのでしょうか⁉

その歴史や祀られている神様も含め、横浜御嶽神社の魅力を解説していきます!

横浜御嶽神社の魅力とは⁉歴史やご利益、参拝者の口コミを紹介‼

横浜御嶽神社の概要は、以下のようになります。

  • 住所・・・〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1314
  • 電話・・・045-891-4457
  • 社務所の開所時間・・・午前10時~午後16時まで
  • 御祭神・・・国常立尊(くにとこたちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、大己貴命(おおなむぢのみこと)
  • ご利益・・・無病息災、病気平癒

横浜御嶽神社の歴史は、初代先達 森巳之助(みのすけ)が木曽御嶽山で修行をはじめ、法名を授かったことから始まります。

明治中期頃に、木曽御嶽神社から御分霊を勧請し社を建立し、そこから数百年の時を経て、昭和五十一年に単立の神社として独立をしたのだそうです。

横浜御嶽神社では、毎月1日と9日に護摩焚き祈願が行われています。

様々な疾患に対応しており、参列する方は体の気になる場所に、護摩焚きの後の煙をつけていきます。

ご祈祷料は一回3,000円、毎月のように通ってやってくる参拝者もいるのだそうです。特定の日に希望する場合は、事前に申し込みをしておくと人数が溢れることなく受けられるでしょう。

通常の病気平癒のご祈祷ももちろんあり、こちらは一回5,000円より。20~30分程のご祈祷を、一組ごとに丁寧に執り行ってくださるそうです。

神社での受付時間は9:30~16:30分まで。遠方の方は、メールでもお問い合わせができるので安心ですね。

また、毎年10月ごろになると、ご本山に登る行事があり、そこで修業をしている修験者の方が、生薬を調合した漢方を販売しているのだそうです。効能は胃弱、食欲不振、消化不良や飲みすぎ食べ過ぎなど種々にわたり、ストレスからくる体調不良にも効くそうです。

ご祈祷はもちろん、体の内側まで効く漢方を頂ける機会があるなど、健康に気遣う方にはうってつけの場所ですね。

気になった方はぜひ一度、横浜御嶽神社を訪れてみてはいかがでしょうか?

https://twitter.com/masuyama2030/status/1356197338616791045?s=20

病気平癒のご利益がある神社3選!その3:大室たかお神社

厄除 方位除 病気平癒|栃木県日光市 大室たかお神社
...

病気平癒のご利益がある神社の三つ目は、栃木県日光市に鎮座する大室たかお神社です。

ここの周辺には、“たかお神社”という名の神社が多く点在しますが、大室たかお神社はその中でも規模が大きい神社になります。

日光市大室字大山の中腹にあり、境内では自然の力がたっぷりと含まれた御神水を頂くことができます。

そんな大室たかお神社には、一体どのような魅力があるのでしょうか⁉

歴史や口コミなどから、その魅力に迫っていきます!

大室たかお神社の魅力とは⁉歴史やご利益、参拝者の口コミを紹介‼

神社の概要は、以下のようになります。

  • 住所・・・〒321-2332 栃木県日光市大室1619
  • 電話・・・0288-26-6240
  • 社務所の開所時間・・・午前10時~午後16時
  • 御祭神・・・大山祗神(オオヤマツミ)、少名彦神(スクナヒコ)、草野姫神(カヤヌヒメ)
  • ご利益・・・厄除、病気平癒、心願成就

大室たかお神社の創建年月は、残念ながら詳しくはわかっていません。

しかし、口碑によると永承6年6月の奥州下向の時、源義家が鬼怒川洪水のために、この神社の付近に滞在し、減水を待ったと言われています。そのため、“鎌倉時代以前の古社”であるとも伝えられるそうです。

3柱の御祭神を祀り、病気平癒だけでなく、心願成就や厄除けの御利益も謳われているそうです。

大室たかお神社でおすすめなのは、「病落としの絵馬」(600円)です。“病”という文字が逆さに印字されていて、自分が悩まされている病を落としてくれる形になっています。

また、 『おかみの水』という御神水の存在は、大室たかお神社では外せません。社務所の近くに手水舎があり、神域大山の中腹から湧き出ているそうです。

大山祗命の御神徳により地中深くに蓄えられ、御神気のこもった、厄災を祓い清めてくれる水として伝えられています。汲み取って持ち帰れるように、容器の販売も行っているため、気になる人は購入して飲んでくださいね。

病気平癒の祈祷では、拝殿で病気平癒の祭詞を奏上し、玉串をお供えして健康を祈ります。祈願者には、病気平癒祈祷の木札と御守り、御神水を授与品として頂けるそうです。

ご祈祷には事前予約が必要なため、希望される方は電話での問い合わせを行ってくださいね。

そして大室たかお神社では、遠方に住む方の為に、ご祈祷やお守りを郵送で送ってくれるそうです。

社務所への電話申し込みでうけてくれるそうなので、遠くていきずらいという方は是非ご利用してみてください!

https://twitter.com/hiro_naikai/status/1149651945268768769?s=20

ご祈祷やお参りの作法がわからない!ご祈祷初心者の方のために徹底解説!

前項までは、病気平癒の御利益がある神社を紹介しました。

しかし、いざ行ってみようと思っても、何を準備していけば分からず、不安に思われる方もいるのではないでしょうか?

この項では、そんな方達のために「ご祈祷やお参りをする際の、正しい作法やマナー」について解説していきます!

要点さえ押さえれば、全く難しく考える必要はないため、ぜひ最後までみていってください。

病気平癒のご祈祷を受ける作法やマナーとは!?ご祈祷料の相場や、詳しい流れまで解説!

予約について

まず、ご祈祷を受ける際は、必ず予約が必要かどうかの確認をします。

どんな神社でも繁忙期というものがあり、もし予約をせずに直接向かった場合、参拝客の影響でご祈祷ができない可能性があります。

また、ご祈祷の内容によって、前日からの準備が必要な場合もあります。

ご祈祷をうける神社を決めたら、ホームページなどから電話番号を確認し、必ずお問い合わせをしてください。

ご祈祷は本人不在の場合でも基本的には受けられます。入院や妊娠中など、ご祈祷をしたくても行けない状況もでてくると思います。

そういった場合は、身内や親しい人など代理の方がご祈祷できる場所がほとんどです。

受付をする時、書類に記入する「名前・住所・ご祈祷内容」を本人にかわって書くようにしましょう。

当日の服装について

ご祈祷当日は、フォーマルな服装を心掛けましょう。男性はスーツにネクタイ、女性はワンピースと言った公的な場に出かける服装が良いです。

ご祈祷とは神様に祈りを捧げ、自分の願いを聞き入れてもらう神聖な儀式です。そのため服装も、そういった場に相応しい姿でなければなりません。

また、靴を脱いで神殿でご祈祷をうける神社もあります。なるべく裸足にならないよう、サンダル類を履いていくことは避けましょう。

帽子やサングラスの着用も認められないため、注意して下さいね。

ご祈祷料の相場について

ご祈祷を受けるにあたって、ご祈祷料を神様に納める必要があります。金額の目安は、どの神社か、どんな内容を受けるかで変わるため、明言はできません。

しかし、目安としては3千円~1万円ぐらいが相場になります。不安な場合はホームページで調べたり、お問い合わせをして確認しましょう。

そして、ご祈祷料は、水引のついたのし袋や白封筒に入れて納めることが一般的です。神様に供えるお金のため、財布から直接出して渡すようなことは避けましょう。

タイトルとURLをコピーしました