PR

マスオさん状態だと離婚率が高い?ツラさから解放される3ステップ

ストレスを感じる男性

「しっかり生活費も支払っているのに、マスオさん状態だと肩身がせまくて家に帰りたくない

「なにをするにも妻の親が口をだしてきてツラい…」

「離婚も頭にあるけど、マスオさん状態だと離婚率が高いって言うから自分が悪いわけじゃないよね?」

この記事を読んでくださっているあなたも、そう思ったことはありませんか?

私の友人にもマスオさん状態で妻の親と同居している人がいますが、とにかく妻の親に気を遣わなければならないので「家に帰りたくない…」とよく嘆いています。毎日の仕事や人間関係で疲れているのに、家に帰ってからも気を遣うなんて本当にイヤですよね。

妻にマスオさん状態のツラさを伝えたところで、まともに理解してくれようとしない状態が続けば、離婚を考えてしまうのも仕方のないことです。

今回は以下の3つのポイントを、マスオさん状態にある男性の体験談を交えて解説していきます。

  • マスオさん状態だと離婚率が高まるワケ
  • マスオさん状態で家に帰りたくない理由
  • マスオさん状態のツラさから解放される3ステップ
[PR]5/31まで50%OFF

 

 マスオさん状態だと離婚率が高まるワケ

マスオさん状態とは?

夫が妻の実家に、婿入りという形をとらず同居する状態のことをいいます。

漫画『サザエさん』のマスオさんは、サザエさんの実家でサザエさんの両親・弟・妹と同居しています。マスオさんの苗字は「フグ田」、サザエさんの両親・弟・妹は「磯野」。婿入りしていない状態でサザエさんの実家に同居していることがわかりますね。

マスオさんがおかれたこのような状況から由来して、夫が婿入りせず妻の実家に同居することを “マスオさん状態” というようになりました。

 

なぜ離婚率が高まってしまう?

マスオさん状態の人は、実際の離婚率も高いです。妻の両親と同居していない夫婦は、そうでない夫婦に比べて離婚率が4倍だというデータもありますが、マスオさん状態であればなおさら、受けるストレスの多さは言わずもがなです。

たとえ毎月しっかりと生活費を入れていたって、家は妻の両親が所有するもの。どうしても一緒に住まわせてもらっているという意識がこびりついてしまい、精神的なつらさがぬぐえません。

それをベースに、妻や妻の両親との不仲問題などがが積み重なると「我慢の限界」を超えてしまいます。すべてを解決できるのはもう離婚しかない、という状況に追い込まれてしまうのです。

 

マスオさん状態で家に帰りたくない理由

マスオさん状態の人が家に帰りたくなくなる理由を、当事者の立場にある(あった)方の体験談として紹介します。

 

 休日にゆっくり休めない

妻の実家に同居しているので仕方ないのかもしれませんが、休日や祝日には必ずといっていいほど近くに住んでいる義兄一家が遊びに来て、相手をしないといけず。

日頃から妻の親にも気を遣っているのに、休みの日は義兄一家まで相手するので気疲れしてしまいます

せめて頻度を減らしてほしいのですが、マスオさん状態という立場で同居しているので、はっきりと言うことができません。

仕事も同居も頑張っているので、休日くらいゆっくり休みたいです。

(35歳男性 離婚検討中)

 

義母の料理が苦手でつらい

義母の料理が苦手で毎日のご飯がつらいです。

毎回といっていいほど甘辛い味付けの煮物や魚がメインででてきますが、自分はどちらも少し苦手。

せっかく作ってくれたものを残す訳にはいかなず無理やり食べるのですが、正直あまり美味しくありません。おかわりを勧められることも多いのですが、毎回どうやって断ろうか気を遣います。

料理は好きなので自分で作ってもよいのですが、専業主婦の義母に伝えて関係が悪化してしまうのが怖く、言いだせずにいます。

作ってもらっておいて文句をいうなといわれそうですが、毎日の食事が苦手なものばかりなのはつらいです。家に帰りたくありません…。

(28歳男性)

 

自由に外出しづらい

平日の仕事が終わったあとや休日に、自由に外出しづらいのがつらかったです。

嫁や子供だけで生活しているのならば、「ちょっとコンビニに…」と気軽に出かけることができますが、 妻の親と同居していたため、妻や義母から「どこに行くの?」「何時に帰るの?」などと毎回聞かれてうんざりでした。

タイトルとURLをコピーしました