PR

実家がゴミ屋敷だから帰りたくない!親への説得方法は?

・「実家がゴミ屋敷だから帰りたくない!」
・「親が片付けをしないので困っている」
・「片付け業者に頼んだほうがいいのかな?」

離れて暮らす親がいる夫婦ならこのような悩みをお持ちではありませんか?

私自身、父親の実家のゴミ屋敷について過去に苦しい思いをしていました。

実は、この記事で紹介する『親への説得方法』を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では、実際に片付け業者に依頼してゴミ屋敷の清掃をした経験をもつ私が解決します。

そこで、以下3つのポイントを私の体験談を交えて解説していきます。

  • 実家がゴミ屋敷になる原因
  • 片付けをしない親を説得する方法
  • 家族が片付ける場合の負担(費用、日数など)
[PR]

実家がゴミ屋敷だから帰りたくない!なぜこんなに汚くなった?

あなたの実家はなぜゴミ屋敷になってしまったのでしょうか?

ゴミ屋敷になるまでの経過は次の通りです。

  1. ゴミを片付けられない
  2. さらに片付けが面倒になる
  3. ゴミに囲まれても気にしなくなる
  4. ゴミ屋敷での生活に慣れてしまう

そして、ゴミ屋敷になる原因は以下の3つです。

  • 体力の低下
  • 認知機能の低下
  • 性格の問題

ゴミ屋敷になる原因

①体力の低下

高齢になり体力が低下しているので、ちょっとした片付けでもかなり疲れてしまいます。

以前は片付けが得意だったという方でも、体力が衰えてからは掃除をしなくなったという例は多いです。

 

②認知機能の低下

高齢になり認知症の症状が現れ始めている可能性もあります。

認知機能が低下すると、捨てるものと残すものの区別がつかなくなってしまいます。

また、客観的な判断が難しくなるので、自分の家が汚くなっていることに気づきにくいのです。

 

③性格の問題

戦後間もない時代を経験されている方であれば、ものを捨てられない性格の場合が多いです。

ものを大切にするという価値観があるため、他人から見れば不要なものでも、捨てずに貯め込んでしまうのでしょう。

 

ゴミ屋敷でも家族を呼びたい親の心理は?

家族に会えないことによる孤独感と寂しさを感じている場合が多いです。

これは私の経験ですが、実家から帰る際に祖父はよく感情的になって激しく怒ったり、泣いたりしていました。

ひとり暮らしの場合は特に孤独感が強いのでしょう。

 

ゴミ屋敷に暮らしていると親の健康はどうなる?

タイトルとURLをコピーしました