PR

部屋を片付けられない親にストレス!ゴミ屋敷になってしまった場合の対処法

「部屋を片付けられない親にストレスを感じる」

「親にどう注意すればいいかわからない…」

「親と同居したほうがいいのかな?」

離れて暮らす親がいる夫婦ならこのような悩みをお持ちではありませんか?

私自身、父親の実家のゴミ屋敷について過去に苦しい思いをしていました。

実は、この記事で紹介する『親を注意する方法』を実践すれば、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では、実際に片付け業者に依頼してゴミ屋敷の片付けをした経験のある私が解決します。

そこで、以下3つのポイントを私の体験談を交えて解説していきます。

  • 親が部屋を片付けられない原因
  • 片付けられない親を注意する方法
  • 親と同居する場合はどうなるのか?

5分くらいで読み終える記事ですが、書いてあることを実践すれば、片付けられない親へのストレスが解消されることでしょう。

それではさっそくいきましょう。

 部屋を片付けられない親にストレス!

あなたの親はなぜ部屋を片付けられないのでしょうか?

ストレスを感じるのはわかりますが、まずは片付けられない親の心理や考え方を理解しておきましょう。

片付けられない人の心理や考え方

強い孤独感を感じているケースが多いです。

特にひとり暮らしの場合は、自分の周りにものを集めることで安心感を得ようとします。

つまり、親にとっては「ものを片付ける=安心感を奪われる」ことなのです。

また、昔はこんなではなかったと感じている方もいらっしゃるかと思います。

親が変わってしまった原因は次の2つが考えられます。

  • 認知症の症状
  • 身体の衰え

1つずつ解説していきますね。

親が変わってしまった原因

①認知症の症状

加齢により認知症の症状が現れている可能性があります。

症状が進むと、捨てるものと残すものの判断ができなくなってしまいます。

また、客観的な判断が難しくなるため、部屋が汚くなっていることに気がつきにくいのです。

②身体の衰え

高齢になるにつれて体力も落ちてくるので、ちょっとした片付けでもかなり疲れてしまいます。

昔は掃除をこまめにしていた方でも、体力が落ちてからは掃除をしなくなったという例はけっこう多いです。

⇒ ゴミ屋敷の片付けなら「エコノバ」がおすすめ

404 NOT FOUND | おやなび
...

部屋を片付けられない親を注意する方法は?

注意するときのポイントは頭ごなしに否定しないことです。

極論を言うと、注意するのではなく、お願いをするように伝えるのがベストです。

注意したくなる気持ちはわかりますが、怒りに任せて伝えると、どうしても喧嘩になってしまいます。

喧嘩にならない言い方の例を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

喧嘩にならない言い方の例

  • 「玄関周りだけでも片付けてくれるとうれしいな」
  • 「使わなくなったものからちょっとずつ捨ててみよう!」
  • 「転んだら危ないからこれは片付けようね」

注意するときには「言うタイミング」も重要になってきます。

タイミングとしては自分と親の感情が落ち着いているときがベストです。

冷静なときのほうがお互いの意見を聞き入れやすくなります。

親と喧嘩になったら?

私自身、親とはしょっちゅう喧嘩をしています。
私の経験上、喧嘩になったときは自分の意見を聞いてもらえない場合がほとんどです。

タイトルとURLをコピーしました