PR

義実家が貧乏で心配!どこまでサポートが必要?

大好きな旦那さんと結婚したのはいいものの、ふとした出来事で義実家がもしや貧乏?なんて感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このままで老後の資金など大丈夫なの?私たちが面倒をみないといけないの?どんなサポートをしたらいいの?などいろいろと考えてしまいますよね。

私もお金の心配はあまりない義両親ですが、長男の嫁なのでどこまでサポートするべきか気になってしまいます。

ということで今回は、義実家が貧乏で将来が心配というお嫁さんたちにむけて、どんなサポートをしていったらいいのか、借金の申し出があった場合の対応方法、旦那さんと意見が違った場合にどうするかなどを提案していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

[PR]

 

義実家が貧乏と感じる・わかった瞬間

実際に私がネットで見た事例をご紹介します。

お祝い金なし

意外とあるお話ですが、Aさんは結婚式・子供が生まれた時などお祝いをいただくことが多いシチュエーションでなにもなしでした。

「あげられなくてごめんね」などの言葉もなく、お祝いに触れることなくだた普通に接してきたそうです。

もちろんもらえるのが当たり前と考えるのは良くないですが、細かなお祝いならまだしも結婚式や子供の誕生の時にお祝いがないのは「あれ?」と思ってしまいますよね。

 

家がボロボロ

Bさんは結婚前に義実家へ初めて訪問した時に家がボロボロで驚いたそうです。

家の中もごちゃごちゃしていて、落ち着かなかったようで…。

確かにだいたいは家がボロボロになってきたらリフォームなりするでしょう。

それをしていないとなると、お金がないんだと思われてしまうのも仕方ないですね。

 

借金の申し出

Cさんは直接、義母から「お金を貸して」と言われたそう。

これはもうそのままで「お金を貸して」と言われたら、ないんだなと思いますよね。

申し訳なさそうにお願いされて、きちんと返せる算段も立てているならば協力しようと思いますが、それもなくただ頼られているとなると頭を抱えてしまいますね。

 

義実家が貧乏で老後が心配!

無計画な浪費

義父が定年退職して退職金が入ったらそれを老後に取っておくでもなく、海外旅行に行くようになったり毎食ご飯を外食や宅配サービスを使うなど、無駄な浪費が多くなるとこれから先は大丈夫なの?と思いますよね。

もちろん余裕があって楽しんでいるのでしたらなんの問題もありませんが、もしも頼る気満々で浪費していると考えるとゾッとしてしまいます。

 

貯金がない

義父母と話している時に「私たちは貯金がないから…」なんて言われたら、老後の資金は私たちが払うの!?と驚いてしまいますよね。

もちろん少しの援助は覚悟している方もいらっしゃるでしょうが、貯金が全くなく今の生活もやっとの思いでしているとなると、年金で足りない部分は全て負担するということになるので結構な金額になりそうです。

最低限の資金の確保や生命保険には加入してくれていることを祈ります…。

 

直接言われる

これも長男のお嫁さんでしたら経験している方も多いのではないでしょうか。

面と向かって「老後の面倒はよろしくね」「老後はあなた達にお世話になるし…」などと言われたら「嫌です」とも言えませんし、どこまで頼る気なの?と不安になってしまいます。

病院への送迎や少しの資金援助でしたら問題ないですが、生活のすべてをおんぶに抱っことなると話が変ってきますよね。

 

義実家が貧乏の場合はどこまでサポートする?

長男嫁の場合、次男三男の嫁の場合は?

長男次男など関係なく、子供たち全員で平等に負担するのが理想的ですよね。

正直なところをいうと、私は長男だから次男だからとわけるのはもう時代遅れだと考えます。

自宅で介護になる場合は同居している人や1番近くの家族が介護をする、その代わりに普段介護できない距離に住んでいる・または環境的に難しい兄弟達は金銭的な負担をするなどにすると不平等感もなくなるので良いのではないでしょうか。

きちんと兄弟間で話し合いをして、介護やお金の負担をどうするか考えないと、あとあとトラブルになることもあるので気を付けましょう。

 

サポートの範囲は?

まず、あくまでお嫁さんはお手伝いという考えで必ず旦那さんと話し合いましょう

もしも自宅での介護が必要でしたら、旦那さんが仕事でできない時間帯はお嫁さんがサポートするというスタンスで、旦那さんが帰ってきたら旦那さんにお願いするのが良いです。

介護に加えて家事育児など、全て負担するのは大変ですからきちんと平等に負担しましょう。

様々な問題で介護が難しい場合は、近くに住んでいる兄弟姉妹にお願いして、自分たちは金銭的な負担を多くするというのが良いでしょう。

 

金銭的なサポートの常識の範囲は?

サポートするのはあくまで必要最低限の生活費だけで良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました