PR

親が生活保護を受けていて恥ずかしい!結婚相手へ説明はどうする?

結婚を考えた時、双方の親への挨拶や両家顔合わせなど、親を含めた「家同士」の関わりの場は避けて通れないもののひとつです。もしも、自分の親が生活保護を受けていたら、相手や相手の親にどう伝えたらいいのでしょうか。

「結婚が破談になってしまったら…」「軽蔑されたらどうしよう」など不安はつきませんよね。

この記事では、そもそも生活保護とはどういうものか、と結婚相手とその両親に生活保護を受けている自分の親のことを打ち明けようとする場合の相手に伝えるときのポイントをご紹介します。

5分くらいで簡単に読める内容になっています。

 

親が生活保護を受けていて恥ずかしい!

生活保護は、「生活保護法」で定められている、日本国民に与えられた権利のひとつです。にも関わらず、生活保護を受給している人に対する差別や批判的な意見は多く、生活保護受給者は肩身の狭い思いをしていることが多いようです。

こういった世間の風潮から、受給者本人はもとより、その家族や親戚も生活保護の受給を「恥」と感じてしまうことがあります。ただし、あなた自身が「恥」に感じる必要はありません。親が生活保護を受けていようが、社会に出て結婚をしたいと思える人と出会えたあなた自身は、恥でもなんでもないのです。

 

親が生活保護を受けるようになった理由は?

そもそも、なぜ生活保護を受給するようになってしまったのでしょうか。

生活保護を受給するに至った理由としては様々ありますが、高齢・母子・障害者世帯で収入が低いことや、病気や怪我による収入の減少と支出の増加、事業不振・倒産などがあげられます。

特に、高齢や母子家庭、身体及び精神的な障害などの理由により働くことができなくなり、貯金が底をついて受給に至るケースが多いです。

 

わかっているようで知らない生活保護の実態は?

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。(厚生労働省)

生活保護を受給するための絶対条件は、世帯収入が最低生活費以下であることです。

最低生活費というのは、厚生労働大臣が定める基準をもとにして算出されるもので、住んでいる地域によって異なります。

また、その他の条件としては次のようなものがあります。

  • 資産(10万円以上の現金、車、不動産、装飾品など)を持っていないこと
  • 公的融資制度や公的扶助を利用できないこと
  • 親族からの支援を受けられないこと
  • 借金がないこと

ただし、これらの条件は例外があり、個々の状況に応じて支給される場合もあります。

生活保護でもらえる金額は、最低生活費から世帯収入を差し引いた額になります。ここでいう収入とは、給与の他に年金、児童扶養手当、親族による援助なども含みます。

タイトルとURLをコピーしました