PR

子供にお金を借りる親の心理や背景は?老後の資金をどう確保する?

「お金を貸してほしい」と言われると「そんなに生活が苦しいのか…」と心配になります。

しかし、頻繁に借金の依頼があると心配と同時に

  • 「いったい何にお金をつかっている?」
  • 「無駄遣いをしているのでは…」
  • 「もしかしてギャンブルをやっているのか?」

など、親のお金の使い方に疑問が出てもおかしくありません。

子供にお金を借りるとき親はどのように思っているのでしょうか?

また、なぜお金を借りなければいけないのでしょうか?

この記事では

  • 子供にお金を借りる親の心理や背景
  • 子供に借金を依頼してくる親に全額貸すべきか
  • お金を借りにくる親は病気 なのか
  • 老後資金はいくら必要か
  • お金がない親の面倒はどこまで行えばいいのか
  • お金について困ったらファイナンシャルプランナーに相談するメリット・デメリット
  • 良いファイナンシャルプランナーの判断のしかた

 

についてお伝えします。

[PR]

 

子供にお金を借りる親の心理や背景は?

子供にお金を借りる親の心理は?

「子供からお金を借りる親」はどのような気持ちで借金のお願いして来るのでしょうか?

生活が苦しく子供からお金を借りることに対し、とても申し訳なく思い親としてのプライドが傷ついている人もいます。

その一方、「親子なんだからあたり前」「生活をする上で協力をするのは当然」と考えている人もいます。

このように考えている親は子供たちの中でも「この子なら貸してくれるだろう」と、子供の性格をみて借金の申し込みをお願いしてくる場合が多いです。

 

お金を借りることになった背景は?

年金が少なく働いても収入が低い

定年をむかえ年金生活になると収入が減少します。

主な生活費は

  • 夫婦ふたりの年金
  • 今まで蓄えた老後資金
  • 退職金

定年後も仕事をしている人でも、以前と同じくらいの収入を得る人は多くはないと思います。

 

生活レベルを下げることができない

若い頃から趣味が旅行に外食。

車を頻繁に買い替え、新しく出た家電が欲しくなる。

このような生活をしてきた人は定年になり、収入が減るとわかっていてもこれまでの生活を変えることはなかなかできません。

 

医療費がかかる

年齢をかさねるにつれ、病気は避けられないものです。

体の動きも悪くなりケガの心配も増えてしまいます。

長期の通院治療や入院治療になればかなりの医療費がかかります。

 

子供に借金を依頼してくる親に全額貸すべき?

親から「お金を貸してほしい」と言われたら、すぐにお金を貸したり、断ったりする前に「お金を借りる理由」を聞いてください。

お金を借りるには、それなりの理由があるはずです。

「趣味やギャンブルにお金をつかう」と言われ貸すのがイヤなら断ることができます。

「生活に困っている」と言われたら、「親の暮らしぶり」「日常のお金の使い方」を聞き、それから「全額貸す」もしくは「充分と思われる額を貸す」のか決めても遅くはありません。

親から借金の依頼があったら、「なぜお金がないのか」「どういう生活をしているのか」などよく話し合ってください。

親が安心して暮らしていくために、家計の見直しをする良い機会かもしれません。

 

お金を借りにくる親は病気?

「ギャンブルにお金を使っている」「買い物ばかりしている」 このような理由でお金がない場合、心のケアが必要になるかもしれません。

ギャンブルや買い物が原因で子供にお金を借りにくる。

もしかするとカードローンや、消費者金融に限度額いっぱいの借り入れがあるかもしれません。

これ以上は借りられないので、子供に借金のお願いをした可能性もあります。

ギャンブルや買い物で散財している親にお金を貸しても、使ってしまえばまたお金を借りにきます。

「ギャンブルなんてすぐにやめることができるでしょう?」と思うかもしれません。

しかし、ギャンブルにはまり込んでいる人にとってはギャンブルが生活の一部になっています。

20年ほど前の話ですが、私の同僚にパチンコにはまり込んでいる人がいました。

仕事帰りにパチンコを打つのが日課。

休日は朝から晩までパチンコを打っていました。

「そんなに面白いの?」と同僚に聞くと、「面白いというか普通」「負ければ悔しいけど、打っていれば勝つ」「勝ち負けよりデジタルが回っていると落ち着く」「行かない日は落ち着かない」「前日に自分が打っていたパチンコ台が、次の日に他人が大当たりをしていたらと考えるとイライラする」と言っていました。

その同僚は消費者金融からお金も借りていましたし、消費者金融からお金を借りることに抵抗がないようにみえました。

「そこまでしてパチンコをするのか」「生活<パチンコなのかな?」と驚いた記憶があります。

ギャンブルや買い物にはまり込んでしまった理由は、悩みやストレス、淋しさなどが原因なのかもしれません。

これからの生活のためにも心療内科に受診して、親の心のケアをするのが最も良いと思われます。

 

お金がない親の老後が心配!老後資金はいくら必要?

仮に65歳で定年退職したとします。

日本人の平均寿命約84歳として、死ぬまでの19年間にかかると思われる金額は「老後の必要最低生活費」が5038万8000円。

「ゆとりのある老後生活費」になると8230万8000円ほどかかります。

必要最低生活費が5000万円かかると知り私は驚きました。

ゆとりがある生活費となると3000万円がプラスされます。

どうしてこの金額が出たのか、これから詳しく説明します。

平均寿命については、

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によると男性の平均寿命が81.41歳。女性の平均寿命が87.43歳。男女合わせた平均寿命が84.43歳になります。

出典:厚生労働省 令和元年簡易生命表の概況 主な年齢の平均余命

 

である一方で、生活費は

公益財団法人 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」によると「老後の必要最低生活費」が22万1000円/月

「老後のゆとりのための上乗せ額」が14万円。内容は「旅行やレジャー」「趣味・教養」「日常生活費の充実」などにかかるお金です。

「ゆとりのある老後生活費」となると上述の14万円がプラスされ36万1000円/月になりました。

出典:公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」

老後に必要な金額を知り、これからのお金の使い方や備え方をしっかりと考えなければいけないと思いました。

それと同時に今までのお金の使い方…「甘い将来設計」「車や過度の飲食」その他「散財」してきたことをとても後悔しました…。

私と同じように8230万8000円という金額をみて将来に不安を感じた方は、これからの「お金の使い方」「家計」「老後資金の計画」を見直してはいかかでしょうか。

 

お金がない親の面倒はどこまで行う?

子供に借金のお願いをするほどお金に困っている親の面倒は何をすればいいのか。

具体案を5つご紹介します。

親の生活状態と家計を把握する

親の援助をする前に「どのような生活をしているか」「何にお金を使っているか」把握しましょう。

話しを聞くと「いらない保険に入っていた」「週に2~3回は外食している」「必要のないモノを頻繁に買っている」「趣味やギャンブルにお金をつぎ込んでいる」など、散財している可能性があります。

 

親の体力に合った仕事をしてもらう

親が健康で元気だけど働いていないのでしたら、自分の体力に合った仕事をしてもらいましょう。

できる範囲で生活費を稼いでもらい、それでも生活が苦しいようでしたら仕送りなど必要になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました