PR

高齢の親に優しくできないシーン5選!罪悪感で苦しまないためには?

  • 「自分の親なのについイライラをぶつけてしまう…」
  • 「優しくしたいのに…」
  • 「どうしたら優しく接することができるだろう?」

いい親子関係を築きたい…誰しもが思うことでしょう。ですが、全ての人が実の親といいコミュニケーションが取れているわけではありません。

特に親の介護が始まっている方はこのように感じることが多いのではないでしょうか。私自身、実の親にイライラを感じることがありました。

実は、この記事で紹介する親との接し方を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では以下3つのポイントを私の体験談を交えて解説します。

  • 高齢の親に優しくできないシーン5選!
  • 高齢の親にイライラが募ってしまう理由は?
  • 高齢の親に優しく接するには?

6分程度で読める記事ですが、書いてあることを実践すれば、あなたのお悩みが解消されることでしょう。

 

高齢の親に優しくできないシーン5選!

1.簡単なことができないとき

自分の子ども時代、親は何でもできる人に思えたはずです。そんな親も老いて衰えます。簡単にできていたはずのことができない、時間がかかってしまうことが増えていきます。自分の記憶の親とのギャップにイライラを感じてしまいます。

 

2.耳が聞こえづらくなってきた親と会話するとき

私の母も耳が聞こえづらくなっており、電話でも大きな声でゆっくり話しています。家の中であればいいのですが、外でも同じようにしなければなりません。

電車の中で母と会話をしていたときのこと。その内容があまり大声では話したくないことでした。「今話さなくてもいいのに…」とついイラッと来てしまい、早々に話を切り上げ無言になってしまいました。

 

3.親が自分の都合ばかり押し付けてくるとき

実の子どもだからこそ親も遠慮がなくなり、それに対して子どもも正面からぶつかってしまう…理解できますね。

 

4.親との距離感が近すぎるとき

そもそも親と合わないなと感じている人もいますよね。親との他愛もない会話でも違和感を覚えてしまうなど…。親と同居している、親と会う頻度が高いなど、親との距離感が近いとその分ついイライラも募りがちです。

 

5.子どもの頃の親の対応に不満があるとき

ここ数年で毒親という言葉も広まりましたが、親に優しくされた記憶がなければ親に対して優しい気持ちを持つことは難しくなりますね。

高齢の親に優しくできないシーンを5つご紹介してきました。実の親なのにどうしてイライラが募ってしまうのでしょうか?

 

高齢の親にどうしてイライラが募ってしまう?

その理由としては、以下のことが挙げられます。

  • 親の老いを受け止められないから
  • 親も子も遠慮がないから
  • 親に対して不満があるから

どうしても子どもの頃の親のイメージが強く、親の老いを受け止めることができず現実の親についイライラしてしまいます。前項の1・2のケースですね。

また、3のケースのように実の親子だからこそお互いに遠慮がないために、イライラしてしまうということもあります。

親と合わない、子どものころ親に優しくしてもらえなかったなど親に対して不満がある場合も親に対してイライラを感じやすいです。4・5のケースが当てはまります。

親に優しくできないことにはさまざまな理由がありますが、優しくできないことに対して「自分はなんて駄目な人間なんだ…」と感じる人が非常に多いです。そのような罪悪感を覚えるのはなぜでしょうか?

 

親に優しくできないことに罪悪感・自己嫌悪・・

親に優しくできない自分に罪悪感・自己嫌悪を覚える理由は「いい子でなければいけない」という思いがあるからです。

自分を生み、育ててくれた親です。感謝の気持ちはもちろんありますし、親孝行をしたいという気持ちもあるでしょう。

ですが、それゆえに親に優しくできない自分に罪悪感・自己嫌悪を覚えるというのでは元も子もないのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました