PR

毒親育ちに男性の特徴は?もしかしたら迷惑をかけている?対処法と相談先は?

毒親…私にとっては、ここ数年でよく耳にするようになった言葉です。

同時に母娘問題も多く語られるようになった印象があって、毒親も母娘間の問題のような気がしていました。

毒親育ちは女性特有の問題ではないはず。

そこで、毒親育ちの男性の特徴や、対処法、毒親との絶縁方法について調べました。

人生の一大イベント、結婚の際の毒親との関わり方についても触れています。

毒親育ちであるために周囲との軋轢に悩んでいる男性、また、結婚というタイミングで彼女に毒親の存在を伝えるべきかどうか悩んでいる男性にお役に立てる内容となっています。

[PR]5/31まで50%OFF

 

そもそも「毒親」ってどんな人?定義は?


毒親とは、アメリカのグループ・セラピストであるスーザン・フォワードの著書「毒になる親 一生苦しむ子供」から生まれた言葉で「子どもにとって害悪を及ぼす親」を意味します。

具体的には、下記のような行動パターンが毒親に当てはまります。

  • 自分の価値観を押しつける
  • 子育てを放置して子どもに関心を持たない
  • 過干渉・過保護によって自主性を奪う
  • 暴言などで子どもを否定する
  • 体罰と称した肉体的暴力や性的暴力をふるう

ひとことで言うなら、子どもをひとりの人格として扱わない・理解できない親と言えるでしょう。

女性は、周囲に自分の悩みや愚痴を話す・聞いてもらう、友人の悩みを聞くということが、わりと日常的にあります。

それに引き換え、男性の場合は特に家族の問題について周囲に話す、ということを躊躇する傾向があるため、毒親育ちの男性の存在が見えにくくなっていたようです。

では、毒親育ちの男性に特徴はあるのでしょうか。

 

毒親育ち男性の特徴は?

親育ちの男性によくある傾向として次の6つがあります。

①自分に自信が持てない

親から否定されたり、親の意見に従わされたりしたことが影響しています。

「自分がダメ人間だから否定されるんだ」と感じているため、自分の意見を言うことや、自分の考えに従って行動することに自信が持てない傾向があります。

 

②他人の評価や世間体が気になる

親から否定されて育つと、自己評価が低くなってしまうため、他人からの評価を気にしてしまいがちです。

また、「テストでいい点を取ったら褒められた」「運動会で1位になったら褒められた」と親から条件つきで愛されてきたことも影響しています。

 

③他人への不信感

親に否定され傷つけられてきた影響で、他人を警戒し、疑いやすい特徴があります。

 

④他人との距離感がわからない

3でも述べたように、他人を警戒して自ら壁をつくってしまいがちです。

反対に、過保護な親に育てられた場合は、自分で判断する機会を奪われてきたために、他人に依存する傾向が見られます。

 

⑤甘え方がわからない

条件付きで愛されてきた場合は認められるために必要以上にがんばってしまったり、否定されたり放置される環境だった場合は、そもそも親に甘えさせてもらえないまま成長してしまいます。

男性の場合、「自分に厳しい人」だとポジティブな評価になりがちですが、本人としては甘え方がわからないだけということがあります。

 

⑥自分の非を認めない

これは、親が自分の非を認めなかったことに起因しています。

親を手本にしてしまい、自分の非を認めないということが起こりがちです。

親が自分の非を認めず逆ギレし、虐待を受けていたという人もいます。

ひいては、自分も周囲に逆ギレ・八つ当たりをしてしまうという負の連鎖が生まれる傾向もあります。

 

毒親育ちの自分は他人に迷惑をかけている?

「毒親育ち=周囲に迷惑をかけている」わけではありません。

むしろ、自分自身に自信が持てず思い悩むというような内向性が多く見てとれると私は思います。

ただ、先述した特徴のうち「⑥自分の非を認めない」で述べたような、自分を守る意識が強いあまりに周囲に当たってしまうというケースは、残念ながら迷惑をかけているといえるのではないでしょうか。

職場や友人関係でも起こりえますし、自分が結婚をして家庭を築いた場合、家庭内でのモラハラ・DVにつながる可能性もあります。

でも安心してください!

自分が毒親育ちで人を傷つけてしまう可能性があると気がついたなら、対処法はあります。

 

毒親に育てられた自分が相手を人知れず傷つけない方法は?

対処法として、アンガーマネジメントをご紹介します。

人間の思考では、まず感情が最初に起こり、その後に理性がコントロールをするという仕組みになっています。

この理性が働くまでの6秒間をコントロールして、衝動的な怒りによる突発的な行動を抑えるのがアンガーマネジメントです。

この動画では8つの方法が紹介されていますが、私のおすすめは「6秒カウントバック」です。

衝動的な怒りを感じた瞬間に「6・5・4・3・2・1」と6秒数える、という単純で誰にでもできる方法です。

ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

毒親に育てられた男性は彼女・結婚相手を親に紹介する?

結婚を考えた場合、「相手を親に紹介する」という段取りは通常は避けられないと考えます。

まずは、彼女に自分が毒親育ちであることを打ち明けてみましょう。

彼女があなたの状況や考えを理解し、あなたの親とは関係を持たないと判断してくれるなら、親への紹介も不要でしょう。

ただ、彼女の親への説明は必要になってきますので、彼女も交えた話し合いが必要になると思います。

ここで1つ、私の経験をお話しします。

私の親は毒親ではありません。

ですが、特に父親は、周囲の状況や意見を考えることなく、あくまでも善意として自分の意見を押し付けてくるところがありました。

私には到底受け入れられない部分だったのです。

夫には、私が父親に対してどう思っているか話してはいましたが、理解はしてもらえないと思っていましたし、実際、私が反抗期を長引かせているだけだと思われていました。

結婚前、両家の顔合わせで夫家族が私の実家を訪れたときのこと。

父親の嫌な部分が皆の眼前で出てしまいました。

夫の両親も同席している、私としては一番出してほしくなかった場面でした。

夫家族が帰宅したのち、夫へ電話をして、不快な思いをさせたことを謝罪しました。

夫は「言ってた意味がわかったよ。こちらが理解するのはちょっとむずかしい人なんだね」。

そう言ってくれました。

タイトルとURLをコピーしました