PR

あなたは毒親なのかも!?チェックリストで診断!毒親育ちの将来は?

日本には、親に対することわざがいくつかあります。「親孝行、したいときには親はなし」「親孝行と火の用心は灰にならぬ前」「大考は終身父母を慕う」などです。

親がある日突然なくなっても後悔のないように、元気なうちに親孝行しておきましょうという意味です。

ここ数年は本やコミックなどの影響もあり、毒親という言葉が流行っています。

世の中の現象はわかりやすい言葉にされると、とっつきやすくなるのです。

「アダルトチルドレン」などもそうですが、「毒親」とくくられたことで、実は自分も思い当たる節があると、よくぞ言ってくれたと心が楽になった方もいるのではないでしょうか。

一方で自分がその毒親になってしまっていたら?と考えると不安になってくるのも事実ですよね。

[PR]5/31まで50%OFF

 

毒親とは?

ウィキペディアによると、毒親(英:toxic parents)とは、毒になる親の略で、毒と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす親、子供が厄介と感じるような親を指す俗的概念です。

1989年にスーザン・フォワードが作った言葉です。毒親という言葉が使われ出してからは10年ちょっとですね。

本や雑誌やSNSにとりあげられたのをきっかけにブームになっていったと思われます。

著者はイギリスの方ですが、海外でも毒親と言われる人はいます。

日本よりももっと過酷です。

海外では毒親のことを「機能不全家族」と呼ばれています。

「モラルハラスメント親」「モラハラ親」とも呼んでいます。

昨今、ハラスメント系の言葉が流行っていますが、海外から入ってきた言葉です。

自己主張がはっきりしている国の特長ともいえますね。

海外では教養のない親、貧困であることなどが毒親になる要素だと言われていたりもしますが、そればかりが原因ではありません。

そもそも結婚したり親になるのには試験はありません。

一般論でいえば、いわば誰でも結婚できますし、子供を産むことができるのです。

よかれと思ってしてきた子育てが、間違っていたら不安にもなりますよね。

自分も毒親に育てられたと思っている人にとっては無限ループが続いていくような感じを受けるかもしれません。

そこで、自分は毒親になっていないか、チェックリストを作りましたので、何項目あてはまるか、チェックしてみましょう。

 

あなたは毒親なのかも!チェックリストで診断!

まずは毒親の特徴についてあげていきましょう。思い当たる節はありますか?

過干渉な親

子供の意見を聞かず、自分の主張が正しいと信じています。

進路についても子供の意見を聞かず、どのような人生を歩んでほしいか押しつけます。

子供をほめることがなく、問題点などを指摘します。

 

過保護な親

完璧主義者のため、子供が失敗する前に口を出してしまいます。

気が利きすぎるのか、「忘れ物はない?」「おなかがすいてるんじゃないの?」など、先回りして声をかけてしまいます。

何でも合理的に終わらせたいと思うのか、子供に対してあれこれ指示を出します。

子供が考えるスキを与えません。

 

子供を否定してしまう親

ヒステリックなダメ出しや説教を繰り返します。

子供が何かしようとすると、話を聞こうとせずに、「どうせうまくいかない」「世の中は甘くない」など、否定から入るのが特徴です。

 

子供を放置する親

我が子に感心が持てない親のことです。

親自身が忙しくて子供にかまってられない、自分に都合よくいきるためには他人に迷惑をかけてもかまわない等、偏った考え方の毒親です。

最近では「放置子」(ネット上の俗称で心理学用語ではありません)という言葉もあります。

 

暴力をふるう親

親といえど一人の人間なので、かっとなり暴力をふるってしまう場合もあるでしょう。

毒親はそれが日常茶飯事なのです。

気に入らないことがあるとすぐ手を出す、お酒が入ると人が変わった様になってしまう、自分より弱い者に手をあげる、とにもかくにも手が付けられません。

暴力をふるっている方は何とも思わないのでしょうが、ふるわれる方は抵抗もできず悩んでいる場合が多いのです。

 

子供に愚痴を聞かせる親

この世はストレスだらけです。

でもそのストレスのはけ口を子供にしている毒親になっていないでしょうか。

子供は大人の愚痴を自分で受けとめることが出来ないので、鵜呑みにしてしまうのです。

子供は反論しないで聞いてくれるので、つい余計なことまで話してしまうことにもなりかねません。

ネガティブなことを子供にしょっちゅう言っていないか、考えてみましょう。

 

子供に嫉妬する親

白雪姫を殺そうとした継母(この話は実話で実母だったという説もあります)が、娘の奇麗さに嫉妬したからに他なりません。

白雪姫は素敵な王子様と出会い幸せになりますが、現実はもっと過酷です。

子供が良かれと思ってやっていることに、逐一いちゃもんをつけたりしていないでしょうか。

 

極端な言動をする親

自分が素晴らしい親だと信じて疑わない自己陶酔型です。

自分が信じているものが常に正しいのです。

極端に言うと自分の言動は神から啓示を受けたものなので、現実をみつめることはできないのです。

子供を認めることができないので、結果的に子供は親の餌食になってしまいます。

 

世間体を気にする親

自分に自信がないため、人生経験に基づいた子育てをせずに、マニュアル通りの子育てをしてしまいます。

子供と向き合おうとせず、自分は他人にどう思われているのかが常に気になっています。

 

では、次のチェックリストであなたがいくつ当てはまるかを確認してみましょう。

▢子供を自分の思い通りにしようとする
▢無視したり放置したりすることがある
▢厳しい言葉を言ってしまったり手が出てしまう
▢子供のことを何でも自分がやってしまう
▢子供に対して愛情が持てない
▢家庭内にイジメや暴力がある
▢子供を褒めない
▢子供より自分の方が偉い
▢子供の存在が疎ましい
▢不安が強くいつもびくびくしている

いかがでしたでしょうか?5つ以上チェックがついたら、毒親の可能性が高いかもしれません。

でも、自分が毒親になってしまっているかもしれないと思えるのはあたなの意識が高いからです。

本当の毒親は悩むことさえしないものです。

では、自分が毒親かもしれないと気づいたら、今後どのように子供と接していけばいいのでしょうか。

次の項目で、その対処法について深堀りしていきます。

 

毒親の可能性が高い人の対処法とは?

今までの子育てで自分が毒親であると気づいてしまった場合、いったいどのように対処していけばいいのでしょうか?

幼少の頃は言うことを聞いて素直だったのに、年齢が上がってくるにつれてだんだんと言うことを聞かなくなってきます。

自分がもしかしたら間違った子育てをしているのではないか、子供との接し方に難があるのではないか。

自覚があるのは素晴らしいことです。

本物の毒親は、自分を客観視できない分、反省することもありません。

毒親は連鎖しますので、親も毒親に育てられたのかもしれませんね。

自分の親のようにはなりたくないと思っていてもどこかしら似てくるものです。

そこでご提案です。

子供の事を考える前にまずご自分の事を考えてみましょう。

現状生活に何か不満はないでしょうか。

自分が不安で仕方がないので、心の隙間を埋めるように子供にうるさくいっているかもしれないのです。

母親が幸せで楽しい生活を送っていれば、子供も楽しい生活を送るようになるのではないでしょうか。

育児放棄は論外ですが、料理、洗濯、掃除等、主婦(主夫)としての仕事をこなしていれば問題はありませんよ。

完璧を目指そうとせず、最低限のことをしっかりとこなしていれば大丈夫です。

子供は可愛くて、だけれど心配するのは当然の事です。

ですが、子供は一人の人間で母親の所有物ではないのです。

とは言ってもつい小言を言いたくなるものです。

そこをぐっと押さえ、子供を見守る姿勢を大事にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました