PR

毒親の長女は損をしている?苦労と対処法は?

長女であるがゆえに苦労した事や損をしたことってありませんか?

例えば、しっかり者だと勘違いされたり、親からの愚痴を聴かされたり・・・

その上親が毒親であれば余計に損をしているなー、と感じる場面は多いのではないでしょうか。

「毒親から抜け出したいけどどのようにすればいいのかわからない」

「自分だけじゃなく下の子も毒親から守りたい」

というように悩んでいる方向けに、毒親から自分達を守る方法をご紹介していきます。

この記事を読んでいただければ、あなたや下の子が毒親からの苦しみを軽減することが可能です。

毒親の特徴や毒親にならない方法についてもご紹介しますのでぜひご一読くださいね。

[PR]5/31まで50%OFF

 

毒親の長女は大変!損をしている場面とは?

下の子に比べてなぜか自分だけが毒親から被害を受けているなんて事はありませんでしたか?

実は長女であるがゆえに損や役回りをしてしまっていることが多々あります。

では具体的にどのような場面で損をしてしまっているのか見ていきましょう。

 

自分のしたい事ができない

毒親から「これをしなさい」「あそこの大学に行きなさい」と過干渉になられやすいのが長女になります。

なぜなら、親にとって最初の子供であるためどのように教育、育児をすればいいのかわかないためです。

 

ストレスのはけ口になる

毒親の多くは心に問題を持っています。

そのため、恐怖心や劣等感などストレスを抱え込んでいて自分に余裕がない場合がほとんどです。

余裕がない時は、人に強く当たってしまう事ありますよね?

そんな時、一番長く一緒にいて身近である長女がストレスのはけ口になってしまう事が多くあります。

 

自分への愛情が薄くなりやすい

家庭内の問題や姉妹間での問題の責任を押し付けられたり下の子にはいい物を買ったり差別を受けてしまうことがあります。

毒親自身が、差別を受けてきたことが原因で知らずのうちに自分も否定する側になってしまっているということがあります。

 

親の代わりをする必要がある

毒親が掃除や洗濯をしてくれないために、長女が代わってするというケース。

毒親は友達とごはんや、家でゴロゴロしているだけで子供の世話をしてくれない。

そういう場面で、下の子に掃除や洗濯をさせるわけにはいかず、消去法で長女がやっているという方もいらっしゃいます。

 

そもそも毒親とは

そもそも毒親とはどういったものなのかといいますと子供にとって毒となる親の事を毒親といいます。

その毒親にはいろいろなタイプがいます。

これからその毒親の特徴やなぜ毒親になるのかをご紹介していきます。

 

特徴

無関心タイプ

子供に対して興味をもっておらず、必要な教育や育児をしてくれない毒親がこのタイプになります。

毒親自身の趣味や友達、仕事など子供以外に熱中していることがあるため子供に対して無関心になってしまうからです。

こういう親は、育児という大変さから現実逃避をしたいという気持ちや独身時代の未練があるため無関心になってしまうケースが多いです。

 

過干渉タイプ

子供の行動に、自分の意見や趣味を押し付けてしまったり子供のしたい事は無条件でさせてあげる、というような親は過干渉タイプに当てはまります。

親は、子供が成長するにつれてだんだんと自分から離れてしまうような気がしてしまうものです。

ですから、子供が親から離れないようになんでもしてあげることによって過干渉になってしまいます。

子が親離れをしようとしているのに、親が子離れできていない状態になっているということですね。

 

暴力・暴力タイプ

親自身に嫌なことがあったり、ストレスが溜まっている時、子供に暴言や暴力を振るってしまう人はこのタイプです。

このタイプのやっかいなところは暴力や暴言も子供を躾けるためには仕方ないと思っていることです。

暴力を振るって子供に恐怖心を与えるほうが言うことをきかせやすいと思っているのでしょう。

 

支配タイプ

子供の食べるもの、恋愛相手、読み書きするもの、就職先など必要以上に厳しく管理してくるなんてことはありませんでしたか?

親自身の思い通りになれば褒められますが、逆に思い通りにならなければ機嫌を損ねて厳しい口調で怒る

そんな子供のすること一つ一つを支配するかのような親はこのタイプに当てはまります。

 

なぜ毒親になる?

発達障害

発達障害とは生まれつき脳の発達に障害があるということです。

その中でも自閉症スペクトラム障害(ASD)や意欠如・多動障害(ADHD)が原因で毒親になってしまいます。

自閉症スペクトラム障害は、空気が読めないことが原因で自分の考えを子供に押し付けてしまうことがあります。

意欠如・多動障害は、すぐにイライラしてしまったりもの事がやり遂げられないという特徴があります。

ですので、子供に対して暴言を振るってしまったり育児を放棄してしまうということにつながってしまうわけですね。

 

精神疾患

代表的なものに、うつ病パニック障害があります。

うつ病を発症してしまうと不安や焦りという症状が出てきます。

そのため、子供にどう思われているのか不安になってしまうことで過保護になってしまうケースもあります。

 

親自身も毒親に育てられていた

親自身も毒親に育てられた事で「自分は本当に生きていていいのか」「捨てられないか」という不安がこみあげてきてしまい、周りの目を気にしてしまいやすい特徴があります。

相手の感情が気になり、嫌われる事や離れられる事に恐怖や不安を覚えるため過保護になってしまうわけですね。

タイトルとURLをコピーしました