PR

義実家の仕送りが原因で離婚は可能?夫にやめてもらう方法は?

  • 「夫が義実家への仕送りしているのをやめさせたい」
  • 「子供の教育資金が足りるか不安」
  • 「仕送りをやめてくれないなら離婚できる?」

義実家への仕送りで悩んでいる方必見!今すぐ問題を解決する方法をご紹介します!

私自身、自分たちの生活の余裕もないのに夫が義実家に仕送りを行なっており、家計のやりくりに非常に苦労してきました。実はこの記事で紹介する「みんなの生命保険アドバイザー」を利用すれば、誰でも簡単に義実家への仕送り問題を解決することが可能です。

この記事では、実際にファイナンシャルプランナーを利用して義実家への仕送り問題と向き合ってきた私が解決します。

以下3つのポイントを、実際に実践をした方の体験談を交えて解説します。

  • 仕送りが原因で離婚は可能?
  • 仕送りをやめさせるには?
  • お金以外で義実家にできるサポートは?

5分くらいで読める記事ですが、書いてあることを実践すれば、義実家への仕送りに対する悩みが解決されることでしょう。

それではさっそくいきましょう!

義実家に仕送りはそもそも必要?

そもそも義実家に仕送りは必要なのでしょうか?

仕送りが必要なケースとしては、以下のような場合が考えられます。

  • 親が病気などで体を悪くし、働けなくなってしまった
  • 祖父母の介護があり、働く時間がない
  • 年金だけでは生活が立ち行かない

 

逆に以下のような親の場合、仕送りではなく問題の根本解決が必要です。

  • 老後は子供たちに面倒を見てもらう気満々でいる
  • まだ働ける年齢なのに働こうとしない

仕送りをすることになった理由は人により様々ですが、親が働ける状態であるにもかかわらず仕送りしている場合は要注意です。

自分たちで苦労せず手にいれたお金というのは有り難みが薄れ、必要以上にお金を使っている可能性があります・・。

義実家への仕送り金額はいくらが妥当?

内閣府の調査によると、親への仕送り平均額としては月額64,000円となっているようです。

(出典:内閣府 平成22年度高齢者の現状及び今後の動向分析についての調査報告書

これはあくまでも平均値のため、中には1万円程度というケースもあれば、数十万円を渡しているケースもあります。

またどのくらいの人が親への仕送りをしているのかというと、同調査で約1.4%程度という数値に留まっています。

実はほとんどの人が親への仕送りはしていないという結果です。

親へ仕送りしている場合、皆さんどのように仕送り金額を決めているかというと、

  • 親から必要額を提示されている
  • 自分たちの収入から捻出できる額を送っている
  • 生活する上で、年金で足りない金額を送る

などいろんなケースがありますよね。ただ自分たちの首を絞めてまで仕送りしている場合はすぐにでもやめるべきです。

仕送りが多すぎ!離婚の原因になる?

  • 「夫が義実家に必要以上の仕送りをしており、そのせいで家計が立ち行かない」
  • 「仕送り額が10万以上と多すぎる」
  • 「仕送りをやめてほしいのにやめてくれない」

こういった理由で離婚をすることは可能なのでしょうか?

結論からいうと、離婚は可能です。

ただ借金、浮気、金遣いが荒いといった理由に比べると動機が弱いとされるため、夫が離婚に同意しなかった場合、調停が長引く可能性が大いにあります。

また、仕送りが原因の離婚では、慰謝料をとるのは残念ながら難しいでしょう。財産分与の際も、仕送りが夫婦共有財産を減少させる目的ではない限り、仕送り額が考慮されることはありません。

夫に仕送りをやめさせる方法は?

義実家への仕送りをやめさせたいと思っても、夫への説得はなかなか聞き入れてもらえず苦労することも・・・。

ただ夫婦で足並みをそろえなければ、仕送り問題が解決することはありません。ここはグッとこらえ、頑張りましょう!

自分を育ててくれた親に対しては、人は誰しも冷静な対処ができないもの。「仕送りするのは子供の義務であり親孝行」と考え行っていることを頭ごなしに否定すると、受け入れてもらえません。

説得するときのポイントは、

  • 相手の状況に理解を示す
  • 親孝行な行為だと相手の行動を肯定する

ことです。

そうして相手に心を開いてもらった上で、自分たちの家計状態をしっかり認識してもらうことがゴールです。

夫が怒ってしまった場合は、一旦時間をあけて頭を冷やしてもらうのも手。一方的に責め立てるので逆効果なので厳禁です。

仕送りの負担で自分達の生活が崩れる前に

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。

仕送りの負担で自分たちの生活が立ち行かなくなる前に、FPに相談することで、お金のお悩みや不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

私の前ではついつい感情的になっていた夫も、専門家を前にするとすんなり意見に耳を傾け、それ以降夫婦でも建設的な議論ができるようになりました。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

家計にかかわる金融、税制、不動産、 住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識をもとに、相談者のライフプラン設計や家計見直しをサポートする専門家です。

金融の先進国アメリカをはじめ欧米では一般的に利用されていますが、日本はまだ始まって歴史が浅いので聞きなれないかもしれません。

では、具体的に良いファイナンシャルプランナー・悪いファイナンシャルプランナーはどうやって判断できるのでしょうか。自分にあった良いファイナンシャルプランナーを選ぶにあたっては、ぜひ以下をチェックしてみてください。

独立系ファイナンシャルプランナーかどうか

銀行、証券会社、保険会社などの金融機関や住宅会社に勤務している企業系ファイナンシャルプランナーの場合、自社の商品を押し付けられることが多いですので、独立系ファイナンシャルプランナーを選ぶようにしましょう。

聞きたい分野のプロを探す

ファイナンシャルプランナーは家計の専門家ですが、家計のなかには税金、運用、住宅、保険など多くの分野が存在します。

ファイナンシャルプランナーである以上、全分野の基本的な知識は網羅していますが、当然それぞれの得意分野が存在します。

過去の実績をチェックして、あなたが聞きたい分野に強いファイナンシャルプランナーを選ぶといいでしょう。

長く付き合える体制が整っている

家計のアドバイスに関しては、長期的な視点をもったアドバイスが求められます。

最初相談したときより収入が下がってしまった、想定していなかった支出ができた、といったケースが出てくることも。

料金は割高になるかもしれませんが、複数回相談できる、面談後にメール相談ができるなどアフターフォロー制度が整っているところを選ぶのがいいでしょう。

 

相談すべきは、

  • 「顧客の立場に立って考える事ができ」
  • 「顧客にとって最適な解決策を見出してくれる」

ファイナンシャルプランナーです。

主婦(主夫)の延長でやられているような方は、なんでも自分の場合に置き換えて話されることが多く、顧客視点とは程遠い場合がありますので要注意です。

間違いないファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」一択

ファイナンシャルプランナーと一口に言っても様々な人がいるのが実情です。

有能かつ相性の合うファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」がおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました