PR

子供に嫌われる親の老後はどうなる?介護や資金の面倒はどうする?

「自分の親のことが嫌いだ…」

「できれば関わりたくない…」

「それでも介護はしないといけないの?」

実の親子といえども、円満な関係を築けている方たちばかりではありませんね。

親が嫌いな方ならこのような疑問をお持ちではありませんか?

私自身、実家とは良好な関係であるとは言えず、特にすでに亡くなった父との関係では過去に苦しい思いをしていました。

実は、この記事で紹介する『親が嫌いな人向け親の老後対処法』を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では、以下3つのポイントを私の体験談を交えて解説します。

  • 子供に嫌われる親の特徴
  • 子供に嫌われる親の末路
  • 親が嫌いな人向け親の老後対処法
[PR]

 

子供に嫌われる親の特徴は?

子供に嫌われる親には以下の特徴があります。

  • 自分の価値観を押しつけ、子供を否定する
  • 自分の思い通りにならないと機嫌を損ねる
  • 体罰と称し、暴力をふるう
  • 仕事や家事をしない

このような親がいる家庭で育つと、子供はいつも親の顔色を伺い、自分に自信をもつこともできなくなります。

子供にとって居心地がいいものではありません。

それどころか、子供に悪影響を及ぼす可能性もありますので、いわゆる「毒親」と言うこともできますね。

子供が親を嫌いになるその原因はまさに親にあります。

 

子供に嫌われる親の老後はどうなってしまう?

子供に嫌われる親に待っているのは、究極的には孤独死です。

生活をともにする子供から嫌われ、子供が独立したあともその思いを忘れない。

そのような人が家族以外の他人とうまくやっていけるのでしょうか?

やはり誰の手にも負えない、ということが考えられます。

母親の強い要望である医学部入学のため9年間の浪人生活を送り、母親から異常な干渉を受けていた女性が母親を殺害し、遺体損壊・遺棄したという事件もありました。

これも末路の一つと言えます。

では、親の老後とはどう関わっていけばいいのでしょうか。

 

子供が親の老後の面倒をみる義務はあるの?

一般的に親の面倒は誰がみるものなのでしょう?

子供が親の老後の面倒をみる義務はあるのでしょうか?

結論からいうと、子供には親を扶養する義務があります

法的根拠は、

民法877条1項「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」

になります。

ただし、この自分の親・兄弟姉妹に対する扶養義務は、自分の社会的地位や収入にふさわしい生活をした上で、余力のある範囲で生活に困窮する親族を扶養すればよいとされています。

つまり、自分の生活を犠牲にしてまで、すべての面倒をみなければならないものではないのです。

兄弟姉妹がいる場合、誰が親の面倒をみるのか? という問題もあります。

長男夫妻が介護をするという話もよく耳にしますね。

先述した通り、民法877条1項には扶養すべき者の順序について規定されていません。

つまり、長子が面倒をみなければならないという決まりはないのです。

基本的には、扶養する者の順序、扶養の程度や方法については当事者間の協議によって決めることになります。

この協議でまとまらなければ、家庭裁判所での調停や審判を申し立てることができます。

家庭裁判所では、親との関係性を含め一切の事情が考慮されます。

もし、あなたが事実上親と縁を切った状態であるなら、それも勘案されます。

参考:扶養請求調停

子供には法的に親を扶養する義務があることがお分かりいただけたと思います。

タイトルとURLをコピーしました