貧乏な親が許せない!子供ができる老後のサポートは?

「大人になった今も、貧乏な親が許せない!」

「貯金がない親、老後は大丈夫なの?」

「どこまで親の面倒をみるべきなのか・・」

貧乏な親の老後について、このようなお悩みをお持ちではないですか?

私自身、実家からようやくの思いで独立した後も、親に収入をあてにされ苦しい思いをしてきました。

実はこの記事で紹介する「みんなの生命保険アドバイザー」を利用すれば、誰でも簡単に親の老後問題を解決することが可能です。

この記事では、実際にファイナンシャルプランナーを利用して親の老後資金問題と向き合ってきた私が解決します。

以下3つのポイントを、実際に実践をした方の体験談を交えて解説します。

  • 親にお金がない背景と、それを許せないと思う心理
  • 貧乏な親に必要な老後資金はいくらか
  • お金に困った親に、子供ができる対策

5分くらいで読める記事ですが、書いてあることを実践すれば、親の老後資金に対する悩みが解決されることでしょう。

それではさっそくいきましょう。

貧乏な親が許せない!

そもそも貧乏の基準とはなんでしょうか?

「貧乏」といっても定義が曖昧ですよね。

厚生労働省は、等価可処分所得(一人あたりの手取り換算所得)の中央値の半分を貧困線と定めています。

2018年の貧困線は 127 万円でした。

2人世帯なら×2、3人世帯なら×3をした数字が基準となります。

この貧困線に満たない相対貧困率は 15.4%、子供の貧困率は13.5%となっています。

子供がいる現役世代(世帯主が18歳以上65歳未満)の家庭で、片親の場合は48.1%とより深刻です。

(出典:厚生労働省 2019年国民生活基礎調査の概況

なぜ親は貧乏になってしまったのでしょう。

以下のように、理由は色々考えられます。

  • 離婚をして片親になった
  • 心身を壊して働けなくなった
  • 職を失い、その後再就職できなかった
  • 十分な教育を受けられず、給料のいい仕事につくチャンスがなかった

貧乏は努力が足りないからだという人もいます。

しかし、育った地域や環境や運によるところも大きいのが事実です。

そんな理不尽な現実に対して、小さな子供ができることはありません。

もっと親が裕福だったら・・親が離婚しなければ・・と親が許せない気持ちになるものです。

私だけじゃない!貧乏な親のエピソード

ここで、貧乏な親に育てられた人のエピソードを紹介します。

https://twitter.com/alka_furugi_web/status/1382664319876304896?s=20

みなさん苦労されていますね・・。

片親だった、親の会社が倒産した、田舎で仕事がなかった、といった声が多く見られます。

それでも貧乏な親の老後が心配!老後資金はいくら必要?

貧乏で許せない気持ちがあっても、これまで育ててくれた親の老後は心配です。

ましてや貯金がない親となると、自分に金銭的負担が降りかかるのでは?と不安になりますよね。

定年以降、親が死ぬまでに一般的にはいくら必要なのでしょうか?

総務省統計局の2018年「家計調査報告」によると、世帯主が60歳以上の夫婦世帯における毎月の支出は、食費、住居費、光熱費など生活を維持するために必要な支出(消費支出)が23万5,615円、税・社会保険料など非消費支出を加えて26万4,707円。

対して収入は、公的年金などの社会保障給付に、その他収入を加えて22万2,834円です。

(出典:総務省統計局の2018年「家計調査報告」※二人以上の世帯のうち高齢無職世帯の消費支出)

結果、毎月5万円程度の赤字となります。

あくまでも平均値ですが、今60代以上の世代にとっては現実味のある金額と言えるでしょう。

仮に60〜90歳までの30年間、毎月赤字の5万円を貯金から埋めようとすると、計1800万円ほど必要です。

つまり、必要最小限の老後資金として、これだけの金額を用意する必要があるのです(自営業等の国民年金加入者はさらなる上乗せが必要です)。

ただ場合によっては介護費や医療費など平均以上になるケースもあるため、予備費を考慮して2500万円程度を老後資金の目安としておくのがいいでしょう。

貧乏な親の面倒はどこまで行う?

2500万円の老後資金どころか、貯金がほとんどないという貧乏親の場合、子供はどこまで面倒を見るべきなのでしょうか。

自分の生活や将来のために必要なお金を削ってまで、金銭的に親を支援するのは難しいでしょう。

公的支援に頼るという方法もありますので、ここでは現実的に子供が行えることをご紹介します。

1.支出を見直し、親の財政を立て直す

親の財政状況を聞き、無駄な支出があれば止めましょう。

  • 携帯で不要なプランに加入させられていないか
  • 毎月の保険料は適切か
  • 使っていないカードの年会費を取られていないか

などをチェックしましょう。

支出を抑えて収入の範囲内でやり繰りすることができるようになれば、必要な貯金額も随分と下がります。

2.年金を繰り下げ受給してもらう

年金は基本的に65歳から受給できますが、それを70歳まで遅らせることができます。

それまでの収入源は別途確保する必要がありますが、遅らせることによって毎月の受給額にかなりゆとりが生まれます。

3.働いてもらう

年金受給までの収入を確保するには、働いてもらうのが1番です。

高齢者となると正社員は難しいですが、シルバー人材センターは年齢が60歳以上で働く意欲がある人であれば誰でも登録ができます。

月8~10日就業した場合で、平均3~5万円程度が得られます。

毎月少しでも収入があれば生活の足しにできます。

4.家賃の低い賃貸物件に引っ越してもらう

親が賃貸物件に住んでいる場合、今より安い賃貸物件に引っ越すことで支出を抑えるのも一つの方法です。

公営住宅だと民間の賃貸住宅よりかなり安く借りることができます。

5.公的制度を利用してもらう

家も収入もない親の場合、金融機関でお金を借りることもできませんので公的制度を利用してもらうのも手です。

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯を対象に、各都道府県の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施している貸付制度です。

お金について困ったらファイナンシャルプランナーに相談がおすすめ

あらゆる対策を自分で調べ上げ、自分たちの財政状況にあった最適な方法を選択するのはとても困難です。

お金について困ったら、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみるのがおすすめです!

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

家計にかかわる金融、税制、不動産、 住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識をもとに、相談者のライフプラン設計や家計見直しをサポートする専門家です。

金融の先進国アメリカをはじめ欧米では一般的に利用されていますが、日本はまだ始まって歴史が浅いので聞きなれないかもしれません。

具体的に、ファイナンシャルプランナーに相談するとどんないいことがあるのでしょうか?

メリットとして挙げられるのは、

  • 一般論ではなく、自分の財政状況によってオリジナルの解決策を提示してくれる
  • 専門家の知識を利用して、最適な選択ができる
  • 自分では知らなかった制度を知ることができる
  • 親子でしっかり将来計画を話し合うきっかけになる
  • 将来を見通すことで安心感を得られる

ということです。

逆にデメリットとしては、

  • 自分に本当に合ったファイナンシャルプランナーを見つけるのが難しい
  • 銀行、証券会社、保険会社などの金融機関や住宅会社に勤務している企業系ファイナンシャルプランナーの場合、自社の商品を押し付けられる

ことでしょうか。

企業系ファイナンシャルプランナーはあくまで自社の商品を売るために存在している一方、独立系ファイナンシャルプランナーと呼ばれる人々は「相談」サービス自体を売りにしています。

様々な金融機関の商品を比較検討した上で、自分たちに合った商品を提案してくれたり、より顧客視点に立った提案となりますので、相談する場合は独立系ファイナンシャルプランナーを選ぶことをおすすめします。

良いファイナンシャルプランナー・悪いファイナンシャルプランナーの違いは?

具体的に良いファイナンシャルプランナー・悪いファイナンシャルプランナーはどうやって判断できるのでしょうか。

独立系ファイナンシャルプランナーと呼ばれる人々であっても、その実力は様々です。

相談すべきは、「顧客の立場に立って考える事ができ」「顧客にとって最適な解決策を見出してくれる」ファイナンシャルプランナーです。

主婦(主夫)の延長でやられているような方は、なんでも自分の場合に置き換えて話されることが多く、顧客視点とは程遠い場合があります。

自分にあった良いファイナンシャルプランナーを選ぶにあたっては、以下もチェックしてみてください。

聞きたい分野のプロを探す

ファイナンシャルプランナーは家計の専門家ですが、家計のなかには税金、運用、住宅、保険など多くの分野が存在します。

ファイナンシャルプランナーである以上、全分野の基本的な知識は網羅していますが、当然それぞれの得意分野が存在します。

過去の実績をチェックして、あなたが聞きたい分野に強いファイナンシャルプランナーを選ぶといいでしょう。

長く付き合える体制が整っている

家計のアドバイスに関しては、長期的な視点をもったアドバイスが求められます。

最初相談したときより収入が下がってしまった、想定していなかった支出ができた、といったケースが出てくることも。

料金は割高になるかもしれませんが、複数回相談できる、面談後にメール相談ができるなどアフターフォロー制度が整っているところを選ぶのがいいでしょう。

間違いないファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」一択

ファイナンシャルプランナーと一口に言っても様々な人がいるのが実情です。

有能かつ相性の合うファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」がおすすめです!

保険の見直し相談ならみんなの生命保険アドバイザー|パワープランニング株式会社
業歴10年、相談実績20万件以上!保険を活用して、家計のお悩みをすっきり解決!無料保険相談のの満足度97%を誇る、経験豊富なファイナンシャルプランナーが、あなたの家計改善をお手伝いします。

「みんなの生命保険アドバイザー」のサービスを利用すれば、特定の企業に所属していない独立系ファイナンシャルプランナーを紹介してもらうことができます。

相談実績12年以上という業界でも1,2を争う老舗の保険相談会社ですが、老後資金・家計について心配がある場合は、何度も無料で相談ができるのが特徴です。

提携しているファイナンシャルプランナーはなんと2000名以上。

10年以上の実績をもつFP有資格者で、3社以上の生命保険会社の商品が取り扱えるというのが提携条件になっているので、経験豊富かつ特定の金融機関の商品を紹介される心配も無用です。

しつこい営業活動は禁止されており、もし紹介されたファイナンシャルプランナーが気に入らなかった場合は何度でも変更ができるストップコールというサービスもあるので安心です。

ここで、実際に使ってみた方の口コミはどうでしょうか?

実際に相談したことで保険の見直しができて支出が減った!という嬉しい声が。

相談特典で黒毛和牛がもらえるキャンペーンを行っていたりもするようです。

最後に

最後に大事なポイントをまとめておきます。

 

貧乏な親に必要な老後資金は最低1800万円、理想は2500万円です。

お金に困った親に、子供ができる対策は以下の通り。

  1. 支出を見直し、親の財政を立て直す
  2. 年金を繰り下げ受給してもらう
  3. 働いてもらう
  4. 家賃の低い賃貸物件に引っ越してもらう
  5. 公的制度を利用してもらう

この記事で紹介した「子供ができる親の老後資金対策」を実践するだけでも、あなたの悩みはかなり解決できるはずです。

それでも自分一人でやるのは大変という場合は、プロに頼るのも1つの選択肢です。

ファイナンシャルプランナーに依頼すれば、状況をすばやく整理でき、選択肢を提示してもらえるので非常に便利です。

プロに頼む時は、自分で一から探すのではなく、「みんなの生命保険アドバイザー」に相談するのがオススメです。

簡単に自分にあったファイナンシャルプランナーを見つけることができ、親の老後問題が一気に解決できますよ!

老後の資金、家計についての心配がある場合は何度も無料相談できます。

間違いないファイナンシャルプランナーと出会うなら「みんなの生命保険アドバイザー」

保険の見直し相談ならみんなの生命保険アドバイザー|パワープランニング株式会社
業歴10年、相談実績20万件以上!保険を活用して、家計のお悩みをすっきり解決!無料保険相談のの満足度97%を誇る、経験豊富なファイナンシャルプランナーが、あなたの家計改善をお手伝いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました