PR

うつ病になった義母への接し方は?遠方に住んでいる場合はどうする?

「うつ病」にかかる人は、近年増加の一途をたどっています。

ある調査によれば、日本人の16人にひとりが一生涯のうちにうつ病を経験するともいわれ、もはや誰がかかってもおかしくない病気なのです。

ですから、自分の身近な人が「うつ病」と診断される可能性は「大いにある」のが現代です。

あるいはすでに身近な人が「うつ病」と診断された方もいらっしゃるかもしれません...

身近な人が「うつ病」と診断されると、“どんなふうに接したらいいのか?”と、戸惑うと思います。

ひと昔前のように“甘えだ”とか“心が弱い”などという間違った見かたが減ってきたのはよいことだと思いますが、最近は逆に、“励ましすぎてはいけない”、“気遣いすぎてもいけない”といわれ、まさに「腫れ物に触るように」接するよりほかないのか?と思うような情報ばかりです。

中でも、遠くに住んでいる義母がうつ病にかかってしまった...という方は、接し方を含めて“どうしたらいいのか”途方に暮れておられるかもしれません。

でも、自分や家族だけで抱え込まなくていいのです。むしろ積極的に公的支援サービスを活用することをおすすめします。

その理由と方法をご説明します。ぜひ参考にしてみてください。

義母がうつ病になってしまった場合の接し方は?

まずは「冷静」に

義母が「うつ病」になったと聞いたら、大変驚くでしょうし、動揺すると思います。

ですが、まずは落ち着いて。「冷静になること」が大切です。

  • 何が原因なんだろう?
  • このまま遠く離れていて大丈夫だろうか?
  • 私たちが仕事を辞めてそばに行くべきではないだろうか?

いろいろと頭を駆け巡ってしまうと思いますが、性急な判断は禁物です。

大切なのは「共感」

まずはこれまで通りに接し、「つらい」、「苦しい」などの訴えがあったときには、“そんなことない”、“大丈夫だよ”などと否定するのではなく、“つらいよね”、“苦しいよね”と本人の気持ちを繰り返し、共感していることを伝えるようにしてみましょう。

また、義母のつらい気持ちの告白に対して、“そんなこと言わないで”と言ってしまうと、ご本人は本音を吐き出す場を失ってしまいます。

つらい気持ちや今の苦しさを吐き出せるよう、聞き役に徹しましょう。

また、“運動したらいいんじゃない?”、“趣味の集まりに行ってみれば?”など、積極的な解決策の提案も、逆にご本人を追いつめることになる場合があります。

本人も受け入れるのが辛いはずの「現状」ですから、むしろ「そのままでもいいんだよ?」と周りが肯定してあげることで安心させてあげるほうがよいのです。

もしも、“他人(嫁)のあなたにはわからない”などと言われたら?

複雑な気持ちになると思いますが、「うつ病」は脳のダメージを伴う病気です。正常な判断ができなくなっているせいもあると受け止め、一旦やりとりをお休みしましょう。

そのまま会話を続けることはお互いにとってプラスになりません。

義母の病状がどの程度なのかなど、判断に迷ったら、診断を受けたお医者さんや専門家からアドバイスをもらいましょう。

うつ病になりやすい義母の性格や特徴は?

「うつ病」になりやすい典型的な性格の傾向は「メランコリー親和型」と呼ばれ、以下のような特徴があります。

メランコリー親和型と呼ばれる性格傾向の特徴

  • 真面目で責任感が強い
  • 几帳面で秩序を重んじる
  • 周囲に気を遣いすぎる
  • 仕事が出来るタイプが多い
  • 周りからの評価が高く頼りにされる
  • 柔軟性に欠ける
  • 他人の評価が気になる
  • すべて自分の責任と考えがち
  • 一人でなんでも抱え込もうとする

いかがでしょう?義母だけでなく、もしかしたらあなた自身も心当たりがあるかもしれません。

もちろん、これに該当するからといってすべてが「うつ病」になるという話しではありませんが、「うつ病」になりやすい傾向がある、ということは、知っておいた方がいいと思います。

うつ病になりやすい人は、真面目で几帳面で、周りへの気配りもできる、とてもいい人が多いのです。

でも...ときに「完璧」を目指してしまう。頑張りすぎてしまう人でもあるのです。

そもそもうつ病とは?適応障害との違いは?

「うつ病」とは?

「失敗して落ち込む」、「やる気がぜんぜん起きない」などは、誰でも経験したことがあると思います。しかし2~3日もすれば自然に回復したり、「好きなものを食べる」、「気晴らしをする」などで解消できるのではないでしょうか?

ところが、「うつ病」というのは、そのような気分の落ち込み(抑うつ状態)が2週間以上続き、何をやっても、どんなにいいことがあっても、決して気分が晴れないといいます。

「うつ病」というのは、さまざまなストレスが重なることで脳がダメージを受け、正常な判断ができなくなる病気でもあるのです。

また、ものの見かたが否定的になり、自己肯定感が低くなり、睡眠障害など、体にも変調が現れます。

「適応障害」とは

「うつ病」とよく似た症状の病気に「適応障害」があります。

「適応障害」とは、ある特定の場所や状況が自分にとってストレスになり、気分や行動に症状が現れるものです。

具体的には、ある一定の場所や状況に身をおくと、憂うつな気分になる、不安感が強まる、焦る、やる気がなくなる、イライラする、頭痛、めまい、動悸、だるさなどが現れるが、その場所や状況から離れると、症状はなくなることが多いといいます。

「うつ病」と「適応障害」の違い

1.行動

「適応障害」の場合は、大きな声を出す、怒る、泣くなど、激しい反応が現れることがあるが、「うつ病」ではあまり見られない。典型的な「うつ病」は自分を責めてしまいがち。

2.ストレスから離れた時

「適応障害」の場合は、ストレスを感じる場所や状況から離れると症状が緩和されるが、「うつ病」の場合は、ストレスから離れても抑うつ状態が続く。

 

このように、「うつ病」と「適応障害」は違う病気ですが、「適応障害」から「うつ病」へ移行するケースもあるので注意が必要です。

いわば「適応障害」は、「うつ病予備軍」ともいえるということです。

年齢や性別、生活環境、運動習慣は関係がある?

年齢

日本では、若年層と中高年でうつ病が多いとされていますが、高齢になれば、配偶者との死別や社会的に孤立するなど、うつ病のきっかけになる出来事が起こります。

年をとったから大丈夫、ということはありません。

性別

「女性は男性の2倍うつ病になりやすい」と言われています。ホルモンの関係でそうなると言われていますが、女性の方が積極的に受診するから、という見かたもあるようです。

生活環境

急激な生活環境の変化がきっかけになり、うつ病を発症することはあるようです。

運動習慣

週に1時間程度のウォーキングがうつ病予防になるという研究結果があります。適度な運動はセロトニンの分泌を促すため、こころの安定につながるからではないかと言われています。

ただし、無理に習慣化することやからだに負荷をかけすぎることは、逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました