PR

親が不仲で子供の性格に影響はでる?関係修復の方法は?

親が喧嘩ばかりしていて暴言や暴力が絶えない、はたまた親が口をきかないためいつも空気が悪い、など、親が不仲で悩んでいませんか?

いつか自分も温かい家庭を持ちたいけれど、自分の親のように喧嘩ばかりしてしまうのではないかと諦めてはいませんか?

この記事では、不仲な親との関係性にちょっと疲れてしまった方への対処法をお伝えします。

5分程度で読めるので是非最後まで目を通してみてください。

 

親が不仲で子供の性格に影響はでる?

親が日常的に喧嘩をし、暴言や暴力が飛び交っているような家庭で育った子供には、性格や脳に大きな影響が出ることがわかってきています。

ここでは、子供に与える影響を5つご紹介します。

 

いつもビクビクしてしまう、良い子を演じてしまう

子供は自分軸で世界を捉えてしまうので、親が喧嘩している姿を見ると「自分のせいで喧嘩をしている」と思ってしまいます。

その結果、いつも喧嘩が起こらないかを気にしてビクビクしたり、必要以上に明るく振る舞ったり、良い子を演じたりするようになります。

 

多動や多弁など、落ち着きが無くなる

本来ならば一番安心できる場所である「家庭」が、落ち着くことのできない場所となってしまうため、落ち着きのない子に育つ可能性があります。

 

必要以上に人に甘える

親に十分に甘えられずに愛情が足りない子は、それを補うように必要以上に誰かに甘えるようになることがあります。

 

感情の抑制がうまくできない

脳の扁桃体や海馬という部分に異常をきたし、怒りや不安を感じやすくなります。感情のコントロールがうまくできないまま大人になってしまい、社会に出てからもコミュニケーションが取れないこともあります。

 

記憶力や語彙力が低下する

日常的に暴言や暴力を目撃することで、脳の視覚野という部分が萎縮してしまいます。その結果、ものを見て学習する能力が低下するため、記憶力や語彙力が低下し、コミュニケーション能力にも影響が出てきます。

こういった状況が続くと、うつ病や不安神経症などの精神疾患になってしまう可能性があります。

また、頭痛や吐き気、喘息発作の悪化など、身体的な不調をきたすこともあります。

 

親が不仲になった原因は?

そもそも、育ってきた環境も価値観も全く異なる他人同士が一緒に生活していくのですから、結婚生活で喧嘩やすれ違いはあるのは当然です。

そうした積み重ねで不仲になってしまう場合もありますが、ここではそれ以外の原因についてフォーカスを当ててみたいと思います。

 

子育てのストレス

子供が生まれたことで、24時間世話をしなくてはいけない生活に一変します。さらに、出産により女性ホルモンの変化が起こります。

そのため産後うつ育児ノイローゼになりやすくなり、旦那さんにイライラしてあたってしまうことも増えてしまいます。

 

仕事のプレッシャー

一方、旦那さんは結婚・出産により家族が増えたことで、しっかり稼がなくてはという仕事面でのプレッシャーが増えます。その結果、収入のない(少ない)奥さんに威圧的になったりすることもあります。

タイトルとURLをコピーしました