PR

毒親は結婚に影響をする?彼氏・彼女への紹介はどうする?

「自分の大好きな彼・彼女と結婚する!」

「両家挨拶や結婚式などいろいろなイベントがあって待ち遠しい!」

大好きな人と結婚できるなんてこんなに幸せな事はないですよね。

でも、自分の親が毒親であればそうはいきませんよね。

結婚を台無しにされてしまう可能性だってあるし、毒親からの猛攻撃もあるかもしれない。

本記事では、毒親のせいで結婚について不安がある方向けにどのような悪影響があるのか、またその対処方法をご紹介していきます。

結婚をするにあたり毒親が大きな壁になっていると感じている方もいらっしゃると思いますが、この記事を読んでいただき大好きなパートナーと幸せな結婚生活を送ってくださいね。

毒親であるうちの親・・結婚に影響をする?

あなたがもし、パートナーと結婚を考えているのであれば、毒親から育ったという生い立ちや、自分の親が毒親であるということで結婚に悪影響となってしまうケースがあります。

具体的にどのような場面で影響があるのか3つほどご紹介しますね。

パートナーとの私生活

本来家庭は安心できる場所のはず。

しかし、毒親のせいで家庭はストレスが溜まる場所、不安な場所というイメージがついてしまっているのではないでしょうか。

怯える必要のないはずなのに、一人になった時にふと過去の事を思い出してしまって、幸せな暮らしができなくなる事も多々あります。

両家挨拶や結婚式

結婚となれば必ずといっていいほど話に挙がるのが両家挨拶や結婚式ですよね。

ただ、自分の親が毒親ということであれば「せっかくの晴れやかな舞台に来てほしくない」という方も多いのではないでしょうか。

毒親を目の前にして全力で楽しむこともできなかったり式をめちゃくちゃにされる可能性だって考えられますよね。

本当に結婚していいのかを疑ってしまう

結婚は幸せへの第一歩です。

でも自分が幸せになってしまうことに罪悪感があるなんてことあるのではないでしょうか。

「あなたは無能」「なんで私は幸せになれなかったのにあなたは幸せになるの」というように、幼い時から批判的な事を言われ続けてきたなら自分は幸せになっていいのかを疑ってしまします。

 

以上、悪影響になってしまう場合を3つご紹介しました。

結婚への影響を改めてみてみると、パートナーに親を紹介するかどうか悩んでしまいますよね。

結論、パートナーを毒親に紹介する必要はありません!

ではその理由については次章で解説していきますね。

結婚をしたい彼氏・彼女に毒親を紹介したほうがいい?

パートナーを毒親に紹介する必要はない、という結論でした。

ではなぜ紹介する必要がないのか解説していきますね。

紹介しない方がいい理由

毒親を紹介したことで、自分が気に入った相手でないと結婚を認めてくれないというケースや、自分だけでなくパートナーも攻撃対象になってしまうというケースがあるからです。

例えば、「もう少し背高い人にした方がいい」「給料が安いだろうからはやく別れなさい」と自分の価値観を押し付けくることもあります。

もっと過激になれば、パートナーへの携帯番号や会社に電話で悪口や嫌味を言ってきたという体験をされた方もいらっしゃいます。

ですから、結婚を決心されているのであれば毒親を紹介しないほうがいいでしょう。

ただ、自分の親がどのような人なのか、どのような事があったのかは伝えておくようにしてくださいね。

紹介してもいい場合

毒親を紹介する必要はないですが、紹介してもいい場合もあります。

ですが毒親のタイプをしっかり見極めて紹介してもいいか判断する必要あります。

まず、毒親のタイプについてご紹介しますね。

  1. 無関心タイプ
  2. 干渉タイプ
  3. 暴力タイプ
  4. 支配タイプ

このうち①無関心タイプと②干渉タイプであれば紹介しても問題はないでしょう。

無関心タイプは、自分の子供にさほど関心がないためどのような人と結婚しようが、何も口出しをしてこない可能性が高いからです。

干渉タイプの場合も、紹介しても問題ないですが、一度結婚の話について軽くしてみてどのような流れになるのかを軽く見てから紹介するのかを確認したほうがいいですね。

両家挨拶で毒親を紹介したくない場合は?

結婚をするにあたって両家挨拶をする方が多いですよね。

その際、自分の親が毒親であるがために相手方の両親に紹介をしたくない場合もあると思います。

タイトルとURLをコピーしました