PR

親の運転が怖いと感じた瞬間5選!免許返納の説得方法は?

ここ数年、高齢者ドライバーの事故のニュースをよく目にするようになりました。

親の運転する車に乗って思わず「怖い!」と感じたことはありませんか?

  • 急発進、急ブレーキ
  • 駐車場の枠の中に納まるまでに時間がかかる
  • 車間距離が近い

など、同乗して初めて気づいた運転の変化。

そろそろ免許返納を考える?どうやって切り出す?

親に運転をやめさせる説得のコツと、納得する伝え方を例文とともにお伝えします。

親の運転が怖いと感じた瞬間5選! その1:急発進、急ブレーキ

小さいころから乗っていた、親が運転する車。

久しぶりに乗ってみたら、急発進するわ急ブレーキかけるわ、思わず冷や汗が出たなんて経験はありませんか?

信号が変わって、前の車が動き出して、ハッとしたように突然アクセルを踏んでいた。

前を向いていたのに、どこを見ていたんだか…これが日常的になっていたら、怖いですね。

若いころは、歩行者用信号が点滅を始めたら『そろそろ信号が変わるな』なんて、準備ができていたのに、高齢になると次の予測が下手になります。

前の車が減速しているのに気付いてなくて、急ブレーキを踏むのも同じですよね。

親の運転が怖いと感じた瞬間5選! その2:標識や信号を見落とす

黄色信号、一時停止線や標識を見落として走り抜けることはありませんか?

進入禁止のところに入り込んでしまったとか、一方通行を逆走したり。

もし、歩行者がいたらと思うと、つい叫んだり怒ってしまいそうになりますよね。

高速道路などで逆走のニュースを聞きますが、若い人からすると『信じられない』行動です。

ですが、運転することに必死で、前しか見ていない高齢者が多く、標識は目に入らないんです。

景色を楽しむどころか、標識さえ見落とすほどの視野の狭さが原因しています。

親の運転が怖いと感じた瞬間5選! その3:車間距離が近い

助手席に乗っていると、車間が気になりませんか?

「自分も運転をするけど、もう少し車間は開けるよなあ」と感じたり、「前が急ブレーキ踏んだら、当たっちゃうかも」と思うくらい車間距離が近くなっていることに気づくことがあります。

空間認知能力が衰えて、若いころとは距離感が変わってくるんです。

親の運転が怖いと感じた瞬間5選! その4:バックが下手になった

スーパーに買い物に行ったはいいけど、駐車するのに何度もハンドルを切っている。

自宅の駐車場に入れるのが下手になった。まっすぐに入れられない。

車の側面に傷があるなんてことはありませんか?

バックモニターが付いていても、昔からの習慣でサイドミラー・バックミラーだけで運転する、モニターは見ない人もいますよね。

モニターを見ても感覚がつかめないんです。

車間距離と同じで、空間認知能力が衰えるとバックを含め駐車が下手になります。

親の運転が怖いと感じた瞬間5選! その5:怒りっぽくなった

助手席にいて、隣でお父さんがブツブツ言っている…よく聞くと「なんで割り込むんだ?」「なんでブレーキかけるんだよ」なんて怒っている。

今まで聞いたことがない、なんで怒っているのかわからない。

そんなことはありませんか?

2~3台前の車のブレーキランプが光ったのに気付いてなくて、前の車がブレーキを掛けたら突然のことのように怒り出した…筆者は叔父(60代後半のころ)の車に乗っていて、経験がありあます。叔父だから指摘もできず。

若い人でも、『ハンドルを握ったら人が変わる』人っていますよね。

ですが、高齢者になってから、怒りっぽくなったのであれば、認知症の始まりかもしれません。

親に運転をやめさせたい!説得するコツは?

重大事故を起こす前に運転をやめさせたいと思っていても、話を切り出すには勇気がいりますよね。

話し合いをする前に準備をしましょう。

65歳以上の男女に実施されたアンケートがあります。

自分の運転に対する自信を聞いたところ、71%が「自信あり」と回答し、自分が運転免許を返納してもよいと思う年齢を聞いた質問では、回答の平均年齢は76.3歳だったのです。

長年運転をしていて、無事故無違反だと「自分はまだまだ大丈夫」「運転が上手だから、事故にならないんだ」と思っていることがあります。

ですが、運転年数=運転スキルではないのです。

親の健康状態、車の使用頻度、できれば同乗して運転技術の状況を確認しておきましょう。

そのほかには、駅やバス停までの距離、スーパーなど生活に必要な場所までの距離、

免許を返納した後に受けられる特典も調べておくと、メリットを強調できるので説得しやすいです。

では説得するためのコツを5つ紹介します。

1.頭ごなしに免許返納を勧めない

これは、息子さんより娘さんから伝えるほうが効果的です。

高齢男性にとって車の運転は生活の一部になっている方もたくさんいます。

仕事に家族サービス、ステイタスの一部としてもとても大切なものでした。

読者の方もお父さんの運転する車で出かけた楽しい思い出が、たくさんあるのではないでしょうか?

それを「もう歳なんだから」といわれてはプライドがズタズタになってしまうでしょう。

「お父さんのために」ではなく、「私が心配だから」返納してほしいと伝えましょう。

「大好きなお父さん」がもし事故を起こしたらと考えるとつらいと伝えると、真剣に考えてくれますよ。

2.実際に起こったニュースを話題にする

一時期、高齢者が運転する交通事故(死亡事故)のショッキングなニュースが報道されていましたよね。

70代、80代の親を持つ子供世代はひやひやしたのではないでしょうか?

もし運転していたのが自分の親だったら、もし被害者が自分の子供や孫だったらと考えると、背筋が凍る思いがします。

死亡事故ではなくても、アクセルとブレーキの踏み間違いで、コンビニに突っ込んだなどでは、損害賠償の可能性もあります。

事故のニュースが報道されたときは、返納を話し合うきっかけになります。

もし可能であれば、孫にも参加してもらい「加害者の孫」にも「被害者」にもなりたくないことを話してもらうのも効果的です。

3.費用対効果を説明する

毎日運転しない場合に効果的です。

ガソリン代、オイル交換代、任意保険料、車検代、場合によっては駐車場代、自動車税が年間いくらかかっているか、計算してみましょう。

自動車税で気をつける点は、初回登録から13年経った車は税金が上がります。

今は15%も割り増しされます。

普通車は34,500円が40,000円近くになります。

年間いくらになりましたか?

自治体によっては、返納の特典としてタクシーチケットやバス・電車の割引が受けられるところがあります。

そういう制度を使ってお得になるのであれば、強力な説得材料になるでしょう。

4.家族が同乗する、もしくは教習所で教習をうけ、危険だと思われるところを話し合う

家族が同乗してドライブや買い物に行き、急発進、急ブレーキになっていないか、駐車はスムーズにできるかなど確認しましょう。

その都度指摘すると、焦ってパニックになったり、怒らせるといけないので、帰ってから話し合います。

家族の意見は聞いてくれないという方は、教習所でドライブシュミレーターを備えているところもありますし、申し込めば1時間単位で運転教習をしてくれるところもあります。

そういうところで、プロの目で見て指導していただくのもいいでしょう。

5.車がなくても生活できることを伝える

「車に乗らなくなると、生活ができない」「車に乗らなくなったら、足腰が弱ったり、認知症になるんじゃないか」と考えていませんか?

タイトルとURLをコピーしました